PiTaPa一体型クレジットカードはお得なの?カードの比較方法を解説

PiTaPaとクレジットカードは一体型の方が使いやすい?

ポストペイ(後払い)方式という特徴的な制度を取り入れ、関西で盛んに使われている交通系ICカード「PiTaPa」。
そのPiTaPaですが、実はクレジットカードと一体化できます!

ただ、PiTaPaとクレジットカードをわざわざ一体化するメリットはあるのでしょうか?
「別々に使えるのであればそれで十分なのでは?」と思う方も居るかと思います。

実は、PiTaPaとクレジットカードを1つに集約するメリットは、ちゃんとあります!

今回は、PiTaPa一体型クレジットカードについて、そのメリットを説明します。
また、PiTaPa一体型クレジットカードを選ぶとき比較すべき点や、おすすめのクレジットカードも紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

PiTaPa一体型クレジットカードを利用するメリットとは?

PiTaPa一体型クレジットカードには、下記のメリットがあります!

  • 利用の度にポイントが貯まる
  • カードの枚数が減るので、管理がしやすくなる
  • クレジットカードからオートチャージができる
  • クレジットカードの独自サービスを受けられる

ポイントが貯まる

PiTaPa一体型クレジットカードは、決済額に応じたクレジットカードのポイントを獲得できます!

このポイントは、貯めると色々なことに使えるので、PiTaPaを毎日使うような環境の方だと重宝することでしょう。

また、PiTaPaカードに元々ある割引サービスも併用可能なので、電車の運賃をさらに節約できます!

所持するカードの枚数が減る

PiTaPaとクレジットカードをそれぞれ分けて持つと、2枚分を持ち歩くことになりますよね。
しかし一体化であれば、2枚の機能が1枚に集約されている訳なので、持ち歩くのが1枚だけで良くなります!

財布がカードでいっぱいという方には、カードのかさばり抑えることが可能。
また、改札でもお店でも同じカードを使うので、失くしたときに気付きやすいというメリットもあります!

オートチャージを行える

通常、交通系ICカードは券売機等を利用して、チャージを行いますよね。
これが意外と面倒で、急いでるとき空になっていると電車を乗り過ごすなどの問題が起こることも。

そんな手動チャージからおさらばできるのが、PiTaPa一体型クレジットカード!
というのも、一体化されているものであれば、チャージ額が少なくなったときにクレジットカードから自動でチャージしてくれるからです。

面倒な手間が解消されるので、毎日のようにPiTaPaを使う方は、一体型をおすすめします!

独自のサービスを受けられる

クレジットカードには、各社各クレジットカードの独自サービスが備わっています。
そういったサービスを、PiTaPa一体型クレジットカードを作ると受けることができます!

PiTaPa一体型クレジットカードなら、電車に関連するサービスが多いので、電車を毎日利用される方はチェックしておくと良いでしょう。

PiTaPa一体型クレジットカードを選ぶときのポイント

PiTaPa一体型クレジットカードを選ぶときは、次の点を比較することをおすすめします。

  • 還元率
  • 年会費
  • クレジットカードの独自サービス

還元率を比較する

PiTaPa一体型クレジットカードを作ったら、PiTaPaへのチャージはもちろん、日々のお買い物でもクレジットカードを利用することでしょう。
その場合、少しでも還元率が高いクレジットカードを選んでおくと、全体的な節約額が上がります!

一回ごとの節約額は少なくても、長い目でみると大きな金額になることでしょう。
そのため、クレジットカードを比較するときは、還元率の違いを見ておきましょう!

年会費を比較する

PiTaPa一体型クレジットカードをときは、年会費を比較しましょう。

年会費が掛かるクレジットカードは、サービスの質が良いものが多いです。
しかし、それらのサービスが自分にとって価値があるかを考えてみてください。

もし必要のないサービスであれば、年会費無料でも質の高いクレジットカードはたくさんあるので、そちらを選ぶことをおすすめします。

ただし、年会費無料のものには「1年間全く使わないと年会費が掛かる」というクレジットカードもあるので、その点は注意しましょう。

独自サービスが自分に合っているか比較する

PiTaPa一体型クレジットカードには、提携している交通機関やお店で、料金の割引などの独自のサービスを備えているものがあります。

そのため、クレジットカードを選ぶときは、自分がよく利用する交通機関やお店でのサービスを受けられるクレジットカードを選ぶことをおすすめします!

PiTaPaも利用できるおすすめクレジットカード!

ここでは、おすすめのPiTaPa一体型クレジットカードを2枚ご紹介します。
今回、紹介するクレジットカードは以下の2枚!

  • ペルソナ STACIA PiTaPa カード
  • KIPS PiTaPa

ペルソナSTACIA PiTaPaカード

  • 年会費:2,000円
  • 還元率:0.5%
  • ブランド:VISA

阪急阪神グループが発行するPiTaPa付きクレジットカード「ペルソナ STACIA PiTaPaカード」。
ペルソナ STACIA PiTaPaカードには、次のような嬉しい特長があります!

  • 「阪急百貨店 / 阪急メンズ大阪 / 阪神百貨店」での利用は還元率が積算額に応じて最大10%にアップ
  • その他の阪急沿線や阪神沿線の対象店舗で還元率が最大4%にアップ

PiTaPaの運賃割引などのサービスも併用できるため、阪急や阪神沿線、その付近のお店をよく使う方にとって大きなメリットがあるクレジットカードでしょう。

KIPS PiTaPa

  • 年会費:1,250円 (実質無料)
  • 還元率:0.5%
  • ブランド:VISA / Mastercard / JCB

近鉄グループが発行するPiTaPaとセットで作るクレジットカード「KIPS PiTaPa」。
こちらは、KIPSカード(画像:緑のカード)を作らないことには発行できないので、ご注意ください。

KIPS PiTaPAaは、1枚で多くの決済に対応できる優秀なIC決済サービス。
電車やバスの乗車・飲食やショッピングの支払いなど、様々な場面で使える便利な後払い式サービスです。

KIPSカードは年会費が1,250円掛かりますが、年間で1回でもショッピングに利用することで無料になります。
1回も利用できていない場合は年会費が掛かる他、別途KIPS PiTaPaの維持費に1,000円が掛かるので注意しましょう。

日々の買い物には他のクレジットカードを使ってみては?

PiTaPaを備えたクレジットカードは、電車を利用するに非常に便利です。
ただ、日常の買い物に使うクレジットカードは、他のもので行う方がお得かも知れません!

こちらでおすすめのクレジットカードを紹介しているので、ぜひこちらもご覧ください!

クレジットカードを比較する