ETCカードを作れるクレジットカードを比較!おすすめの3枚も紹介

ETCカードが発行可能なクレジットカードを徹底比較!

画像: ETCカード付帯のクレジットカードを比較

クレジットカードの発行を考えている方の中には、ETCカードが付帯するものを探している方もいることでしょう。
しかし、どういったクレジットカードが自分に最も合った1枚なのか分からない方も多いと思います。

基本的にほとんどのクレジットカードには、ETCカードが発行できるサービスが付帯。
なので、ETCカードが発行できるかだけで比較してしまうと、あなたにとって使い勝手が悪いクレジットカードを選んでしまうかもしれません。

そうならないために今回は、ETCカードが発行できるクレジットカードを徹底比較。
徹底比較したうえで選び抜いた、おすすめのクレジットカードを3枚紹介します。

加えて、ETCカードが発行できるクレジットカードはどのように比較すればいいのか紹介しているので、ぜひ見てみてください!

ETCカードが発行できるクレジットカードの比較方法

画像: ETCカードが発行できるクレジットカードの比較方法

ETCカードはどれも同じに思えますが、発行するクレジットカードによって性能が異なります。
また、当然ながらクレジットカードも性能が違うので、細かく比較する方が自分に最適な1枚が見つかります!

それでは、ETCカードでクレジットカードを比較する場合、どういった点を確認するのが良いのでしょうか?
色々と確認すべき要素はありますが、以下の項目は最低限比較することをおすすめします。

  • 年会費
  • 発行手数料
  • 還元サービス
  • ETCカードとクレジットカードが一体化されているかどうか

年会費は有料か無料か

画像: 年会費について

ETCカードが発行できるクレジットカードを比較する際は、年会費を確認するようにしましょう。
というのも、クレジットカードによっては、「クレジットカード年会費」・「ETCカード年会費」どちらも無料のものが存在するためです。

例えば、ライフカードというクレジットカードは、カード自体の年会費が無料なだけでなく、ETCカードの年会費も無料となっています。
こういったクレジットカードを選べば、ETCカードを所持するにあたって、全くコストが掛からないためおすすめです。

しかし、1つ注意しなければいけないのが、クレジットカードの年会費が無料のものは、有料のものと比較して性能が劣る傾向にあるということ。
還元サービスであったり、旅行傷害保険であったり、その他付帯サービスであったりがあまり充実していないことが多いです。
そのため、ETCカードが発行できるのはもちろんの事、性能も求めるという方は、クレジットカード自体の年会費が有料のものを比較すると良いでしょう。

ちなみに、クレジットカードの年会費が有料でも、ETCカードの年会費は無料といったものも存在します。
もし、クレジットカードに利便性を求めるなら、有料の中からETCカードが無料で発行できるものを比較してみることをおすすめします。

発行手数料

画像: 発行手数料について

クレジットカードの中には、ETCカード発行時に手数料がかかるものもあります。
掛かる費用は500円程ではありますが、コストであることには変わりありません。

なので、出来る限りコストを抑えたいという方は、ETCカードの発行に手数料がかからないか比較してみてください。

還元サービス

画像: 還元サービスについて

ETCカードが発行できるクレジットカードを比較する際は、還元サービスや割引サービスも比較するようにしましょう。
というのも、ETCカードの利用時も、クレジットカードのポイントを獲得できるからです。

例えば、ETCが発行可能なクレジットカードの中には、ポイント還元率が1.0%を超えるものも存在。
0.5%程度が平均還元率と言われているため、2倍もポイントが貯まりやすいクレジットカードとなります。

こういったクレジットカードを入手すれば、ETCカードの利用時(有料道路利用時)に比較的多くのポイントを獲得できます。
クレジットカードによるものの、獲得したポイントは電子マネーやギフト券に交換可能
有料道路をよく使う方であれば大きな節約に繋がるので、クレジットカードのポイント還元率はしっかりと比較することをおすすめします。

一体化されているかどうか

画像: 種類について

クレジットカードで発行できるETCカードには、2つのタイプがあります。

  • 分離型: クレジットカードとETCカードが別々に分かれているタイプ
  • 一体型: クレジットカードとETCカードが一体化されているタイプ

ETCカードが発行可能なクレジットカードを比較する際は、検討しているものがどちらのタイプになるのか確認するようにしましょう。

まず、クレジットカードとETCカードが別々に分かれているタイプは、セキュリティ面に優れている特徴があります。
これは、ETCカード自体に、クレジット機能が付帯しないためです。

ETCカードがクレジットカードとは別に発行できる場合、車載機に差しっぱなしにしていてもあまり問題はありません。
もし車上荒らしなどの被害に遭ってしまいETCカードが盗まれたとしても、クレジット機能は使えないため不正利用の被害を最小限に抑えられます。

しかし、クレジットカードとETCカードが別々に発行されるということは、管理がその分面倒になるということ。
利便性という意味では、一体型のクレジットカードと比較して劣っています。

一方で一体型のクレジットカードの場合、ETC機能クレジット機能が1枚に集約したカードが発行できます。
こういったクレジットカードを所持するメリットは、なんといっても管理が楽になり、財布がスマートになることでしょう。

なので、カード類を複数枚持ち歩きたくない方におすすめです。

ただ、一体型のクレジットカードは分離型のものと比較して、セキュリティ面が劣ってしまうというデメリットも存在。
もしETCカードを車載機に差しっぱなしにしておきたいなら、分離型のクレジットカードを発行するほうが良いでしょう。

現在では、不正利用による被害が多かったため、一体型のクレジットカードは発行を取りやめる方針になっています。

参照:ETCシステムにおける一体型ETCクレジットカードの取扱い見直しについて

そのため、現在はETCカードとクレジットカードが別々に発行されるもの(分離型)しかないということは覚えておきましょう。

ETCカードが発行できるクレジットカードの比較表!

ここでは、上記で紹介した比較項目をもとに、おすすめのクレジットカード5枚を比較表にて紹介します。

JCB CARD WOrico Card THE POINT出光カードまいどプラスイオンカードセレクトセゾンカードインターナショナル
券面
年会費
(クレジットカード)
永年無料永年無料永年無料永年無料永年無料
年会費
(ETC)
無料無料無料無料無料
発行手数料無料無料無料無料無料
ポイント還元率1.0%1.0%0.5%0.5%0.5%
発行タイプ分離型分離型分離型分離型分離型
詳細詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

比較表の通り、今回紹介するクレジットカードは全て年会費が永年無料
また、ETCカードの発行手数料や年会費も無料なため、ETCカードを所持するのに全くコストが掛かりません。

そして、「JCB CARD W」と「Orico Card THE POINT」の2枚に関しては、ポイント還元率が1.0%もあります。
他3枚のクレジットカードと比べて2倍のポイント還元率を誇っているため、比較的ポイントを貯めるのが簡単。
ETCカードを頻繁に利用する方であれば、どちらかのクレジットカードを所持して、効率的にポイントを貯めることをおすすめします。

ETCが発行可能なおすすめの3枚を紹介!

画像: おすすめの3枚

それでは、上の比較表の中でも特におすすめのクレジットカードを3枚紹介します。
ETCカードが発行できるクレジットカードを探している方は、ぜひこれから紹介する3枚の中から選んでみてください!

  • JCBカードW
  • Orico Card THE POINT
  • 出光カードまいどプラス

JCB CARD W

画像: JCB CARD W

  • 年会費:無料
  • 還元率:1.0%
  • ETCカード:年会費無料

まずはじめに紹介するのは、「JCB CARD W」です。

このクレジットカードは、カード自体とETCカードの年会費が永年無料
発行手数料といったお金も必要ないため、ETCカードの所持コストを抑えたい方におすすめです。

そして、JCB CARD Wの最も魅力的な特徴が、ポイント還元率に優れているところ。
上でもお話しした通り、1.0%ものポイント還元率を有するため、比較的ポイントが貯めやすいクレジットカードです。

ETCカードが発行可能なクレジットカードを探している方の中には、頻繁に有料道路を利用する方も多いことでしょう。
そんな方にとって、有料道路利用時にどれだけのポイントが獲得できるのかというのは、重要な比較項目になるはず。
このクレジットカードを所持すれば、他のものと比較して2倍も節約が図りやすくなります!

ポイントが貯めやすいだけでなく、旅行傷害保険が付帯していたり、審査に通りやすいと言われていたりと魅力が豊富なJCB CARD W。
比較した結果、どれにすればいいのか悩んでいるという方も、このクレジットカードをぜひ検討してみてください!

JCB CARD Wの詳細

Orico Card THE POINT

画像: Orico Card THE POINT

  • 年会費:無料
  • 還元率:1%
  • ETCカード:年会費無料

続いて紹介するのは、「Orico Card THE POINT」です。

このクレジットカードも先ほどと同様に、「クレジットカード」・「ETCカード」の年会費が無料の1枚
発行手数料もかからないので、コストの心配をする必要がない嬉しいクレジットカードです。

そして、Orico Card THE POINTの魅力と言えば、ポイント還元サービスに優れているところになります。
ポイント還元率は1.0%と優秀なだけでなく、入会から6か月間はなんと還元率が2倍になるキャンペーンを実施しています

2倍になったポイント還元率は、驚異の2.0%です!
ETCカードを発行してからすぐにたくさんの利用を想定している方にとって、最もポイントが貯まりやすいクレジットカードと言っても過言ではありません。

Orico Card THE POINTを利用することにより、他のものと比較してより多くのポイントを獲得可能。
そのポイントを電子マネーなどに交換すれば、普段のコンビニでの出費を節約できるかもしれませんよ!

Orico Card THE POINTの詳細

出光カードまいどプラス

画像: 出光カードまいどプラス

  • 年会費:無料
  • 還元率:0.5%
  • ETCカード:年会費無料

最後に紹介するのが、ガソリンスタンドでの利用におすすめのクレジットカード「出光カードまいどプラス」。
ETCカードやクレジットカード自体にコストが掛からないのはもちろんのこと、車をよく使う方に嬉しいサービスが数多く備わっているクレジットカードです!

その付帯サービスが以下の通り。

  • 出光の給油がいつでも割引 (ガソリン&軽油が2円/L引き、灯油が1円/L引き
    • ガソリン:2円/L引き
    • 軽油:2円/L引き
    • 灯油:1円/L引き
  • ウェブ明細への切り替えで、毎年5月のガソリン代を追加値引き
  • ロードサービスを年会費750円で利用可能

ETCカード付帯のクレジットカードを比較したいと思っている方は、人一倍運転する機会が多い方だと思います。
そんな方にとって、給油代の削減というのは何よりもの節約に繋がることでしょう。
このクレジットカードを所持すれば、大きな出費となっているであろうガソリン代を節約できます!

このように、車を良く運転する方にとって嬉しいサービスが比較的多く付帯するのが、出光カードまいどプラスの魅力。
ETCカードが発行可能なクレジットカードを探している方は、ぜひ下記の詳細ページも見てみてください!

出光カードまいどプラスの詳細

他のクレジットカードも比較してみては?

画像: 他のクレジットカードも要比較

今回は、ETCカードが発行できるクレジットカードを比較する方法について紹介しました。
また、比較した結果おすすめのクレジットカード3枚も紹介したので、きっとアナタが求める1枚に出会えたことでしょう。

とはいえ、冒頭でもお話しした通り、多くのクレジットカードにはETCカードの発行サービスが付帯しています。
そのため、今回紹介したもの以外のクレジットカードも比較してみることをおすすめします。

もし、他のクレジットカードも比較したいという方が居たら、ぜひ下記のページも参考にしてみてください。
きっと、アナタが手に入れたくなるようなクレジットカードを見つけられるはずです。

他のクレジットカードも比較する

タイトルとURLをコピーしました