クレジットカードの分割払いに掛かる「手数料」を徹底比較!

クレジットカードの分割払いに掛かる手数料を比較!

クレジットカードで決済するとき、分割払いをしたいことってありますよね。
ただ、分割払いは手数料が発生するので、いくら掛かるか知りたい方も多いことでしょう。

そこで今回は、各クレジットカード会社が掲げる分割払いの手数料を徹底比較したので、それを紹介します!

比較表を見れば、各クレジットカード会社で手数料がいくら掛かるかは一目瞭然。
クレジットカードの分割払いで掛かる手数料がいくらか知りたい方は、ぜひご覧ください!

「分割払い」とは?

分割払いとは、利用額を数回に分けて返済する支払い方法のことです。

一般的な支払い方法である「一括払い」は、最短で翌月に全額返済するというもの。
それと比較して「分割払い」とは返済を指定した回数に分けられるので、数か月かけての返済となります。

例えば、12万円の商品を分割払いにしたときの返済プランは、以下の比較表通り。

分割回数日数ひと月の返済額
2回2ヶ月60,000円+手数料
3回3ヶ月40,000円+手数料
5回5か月24,000円+手数料
6回6ヶ月20,000円+手数料
10回10ヶ月12,000円+手数料
12回12ヶ月10,000円+手数料

分割払いで注意すべきは、返済回数に応じた「手数料」が掛かること。
返済期間が延びるほど手数料は比較的高くなる傾向にあるので、気を付けなければいけません。

また、分割回数は各クレジットカード毎に指定の回数があることも注意。
返済回数はクレジットカード会社が指定する中から自由に選択できる仕様なので、事前に確認しておきましょう。

抑えておきたい!分割払いの3つの特徴

クレジットカードの分割払いには、3つの特徴があります。
ここでは、その3点を紹介するので、クレジットカードを利用される方はご覧ください!

2回払いは手数料が掛からない

上述した通り、クレジットカードでの分割払いは手数料が掛かります。
しかし、分割払いの回数が「2回」に限り、一括払い同様に手数料は掛かりません!

もしも分割払いの手数料を払いたくない方は、2回払いを選択することをおすすめします。

返済回数はクレジットカード会社で異なる

分割払いの回数は、クレジットカード会社毎に決まっています。

例えば、エポスでは分割回数を「2回~36回」の35段階、最高分割回数を36回と指定。
また、三井住友では「2・3・5・6・10・12・15・18・20・24」の10段階、最高分割回数を24回としています。

比較すると、分割段階と最高分割回数に違いがあるのが分かります!
このように、クレジットカード会社毎に異なるので、事前に比較されると良いでしょう。

各クレジットカード会社の分割払いにおける回数は、後述する比較表にてご確認ください。

一括払いから分割払いに後から変更できる

通常、支払い方法の選択は決済時に行います。

しかし分割払いは、一度「一括払い」で支払いを済ませた後でも変更可能!
そのため、一括払いでの返済が難しいときは、分割払いに変えてみるのもおすすめです。

ただ分割払いへの変更は、全クレジットカードで行える訳ではありません。
例えば「Orico」や「イオン」のクレジットカードは、後から分割払いにはできない決まりです。

このように、変更できないクレジットカードもあるので、比較されることをおすすめします。

徹底比較!クレジットカード会社ごとの手数料

各クレジットカード会社の分割払いを比較するときは、以下の2点を比較しましょう。

  • 比較ポイント①:分割払いの回数
  • 比較ポイント②:利用額100円あたりの手数料

この2点を比較すると、各クレジットカード会社毎に違いが分かります。
その違いを以下の比較表にまとめたので、比較表をご覧ください!

「分割回数」と「利用額100円あたりの手数料」
支払回数235610
三井住友2~24回2.013.354.026.70
ライフカード2~24回2.043.404.086.80
MUFG2~24回2.043.404.086.80
エポス2~36回2.513.784.427.00
楽天2~36回2.043.404.086.80
セディナ2~36回2.043.404.086.80
イオン2~60回1.682.803.365.60
支払回数1215182024
三井住友2~24回8.0410.0512.0613.4016.08
ライフカード2~24回8.1610.2012.2413.6016.32
MUFG2~24回8.1610.2012.2413.6016.32
エポス2~36回8.3110.2912.2913.6416.37
楽天2~36回8.1610.2012.2413.6016.32
セディナ2~36回8.1610.2012.2413.6016.32
イオン2~60回6.728.4010.0811.2013.44
支払回数3036424860
三井住友2~24回
ライフカード2~24回
MUFG2~24回
エポス2~36回20.5424.80
楽天2~36回20.4024.28
セディナ2~36回20.4024.48
イオン2~60回16.8020.1623.5226.8833.60

※2020年1月1日調べ

比較表を見る限り、「回数」ならびに「100円毎の手数料」から分割払いに最もおすすめのクレジットカードは「イオン」だと分かりました!

以上のことから、分割払いを比較してクレジットカードを選びたい方は、イオンのクレジットカードを選択肢に入れることをおすすめします。

とても簡単!手数料の計算方法

比較表を見ても、手数料はいくら掛かるか分からない方も居るかと思います。
そこで、ここでは比較表を参考に「手数料の計算方法」を紹介します!

分割払いの手数料を計算するのはとても簡単で、以下の計算式に当てはめるだけでOK。

  • 利用代金×(100円当たりの分割手数料額÷100円)=手数料

例えば「10万円を10回払い」したときの手数料は、下記の通り。

各社手数料の計算式手数料
三井住友100,000×(6.70÷100)6,700円
ライフカード100,000×(6.80÷100)6,800円
MUFG100,000×(6.80÷100)6,800円
エポス100,000×(7.00÷100)7,000円
楽天100,000×(6.80÷100)6,800円
セディナ100,000×(6.80÷100)6,800円
イオン100,000×(5.60÷100)5,600円

※比較表参照

上記の式で分かるのは、あくまでも分割払いの回数が10回の時に掛かる手数料の総額。
1回毎の総支払い額を知りたいときは「(利用額+総手数料)÷分割回数」で計算しましょう。

各社手数料の計算式手数料込の返済額
三井住友(100,000+6,700)÷1010,670円
ライフカード(100,000+6,800)÷1010,680円
MUFG(100,000+6,800)÷1010,680円
エポス(100,000+7,000)÷1010,700円
楽天(100,000+6,800)÷1010,680円
セディナ(100,000+6,800)÷1010,680円
イオン(100,000+5,600)÷1010,560円

※比較表参照

クレジットカードの分割払いにおける手数料の計算は、とても簡単です。
もしもクレジットカードで分割払いをするときは、手数料を事前に調べることをおすすめします!

ここに注意!分割払いで気を付けたいこと

クレジットカードの分割払いは、便利な支払い方法です。
その一方で注意点もあるので、それを知らずにクレジットカードで分割払いをするのは好ましくありません。

ここでは、クレジットカードの分割払いにおける注意点を解説するので、クレジットカードを選ぶ際に比較してみてください!

そもそも分割払いができないクレジットカードがある

大抵のクレジットカードは分割払いができますが、一部のクレジットカードはできないこともあります。

例えば、ダイナースクラブのクレジットカードは「一括払い・ボーナス一括払い・リボルビング払い」はできても「分割払い」は行えません。
またアメックスのクレジットカードは、分割払いに「事前登録」が必要です。

あなたが検討中のクレジットカード、もしくは利用しているクレジットカードは分割払いに対応していますか?
未対応の場合もあるので、ぜひ比較してみてください!

「ショッピング枠」ではなく「割賦払い枠」を見る

クレジットカードで一括払いをするときは、ショッピング枠を利用します。
しかし、分割払いは「割賦払い枠(分割払い枠)」が用意されており、その枠内で買い物ができます。

例えば、ショッピング枠が20万円でも割賦払い枠が10万円なら、分割払いでの買い物は10万円までできるということ。

この金額はクレジットカードによって異なるので、比較されると良いでしょう。
また割賦払い枠(分割払い枠)の上限額は、同クレジットカードでも利用者の審査結果によって変わるので、確認されることをおすすめします。

人によっては「割賦払い枠」が0円の場合もあるので、事前の確認はおすすめします。

「ショッピング枠」の空きを圧迫してしまう

上述した通り、分割払いには専用の枠(割賦払い枠)が用意されます。
ただ、この割賦払い枠はショッピング枠の中にあるので、枠は違えど分割払いをするとショッピング枠の空きを減らすことに繋がるのは覚えておきましょう!

また、ショッピング枠の空きは利用額を返済することで復活しますが、分割払いは一括払いと比較して1回の返済額が減るため、ショッピング枠の復活も遅くなります。

もしもショッピング枠がいっぱいで買い物ができないときは繰上返済を行い、ショッピング枠に空きを作ると良いでしょう。

分割払いの手数料は、利用可能枠や割賦払い枠に含まれません。

何が違う?リボ払いとの比較

「分割払い」と「リボ払い」は、手数料が掛かる点が同じです。
そのため、クレジットカードでの買い物はどちらがおすすめか比較したい方も居るのでは?

ここでは、どちらがお得か比較すると共に、2つの違いも解説します!

比較①:仕組みが違う

「分割払い」と「リボ払い」を比較すると、仕組みに違いがあります。
例えば、手数料の仕組みを比較すると、以下の違いがあるのが分かります。

  • 分割払い
    • 手数料の対象は「1つ1つの支払い」
    • 利用者が決めるのは「支払い回数」
  • リボ払い
    • 手数料の対象は「総利用額」
    • 利用者が決めるのは「毎月の返済金額」

10万円の商品を購入したとき、返済を何回に分けて払うか決められるのが「分割払い」。
それと比較して、毎月の返済額を決められるのが「リボ払い」です。

似ていますが、しっかり比較すると微妙な違いのあるこの2つ。
どちらを利用するかは、返済方法を始め手数料など比較して決めると良いでしょう!

比較②:手数料の計算方法が違う

2つを比較すると、手数料の計算方法にも違いがあるのが分かります。

  • 分割払い
    • 手数料=利用代金×(100円当たりの分割手数料額÷100円)
  • リボ払い
    • 手数料=利用額×実質年率÷365日×利用日数

実質年率は、クレジットカード会社毎に異なります。

例えば、クレジットカード業界では一般的な実質年率を18.0%としています。
しかし、三井住友のクレジットカードは実質年率が15.0%なので、手数料が安く済みます。

「100円当たりの分割手数料額」や「実質年率」の違いで手数料が変わるので、クレジットカードを選ぶ際に比較されることをおすすめします!

分割払いで最適なクレジットカードを徹底比較!

分割払いを比較してクレジットカードを選びたい方も居ることでしょう。
そのような方に向け、ここでは数あるクレジットカードを比較して選んだ、おすすめのクレジットカードを紹介します!

おすすめ①:イオンカードセレクト

1枚のおすすめクレジットカードは「イオンカードセレクト」。

比較表から分かる通り、イオンのクレジットカードは分割払いの手数料が格安。
また分割回数の上限が最高60回までと長く、他のクレジットカードにはない魅力があります!

そんなイオンカードセレクトには、分割払いだけでなく還元サービスも魅力的です。

例えば、イオングループの対象店舗で買い物をすると、常に2倍のポイントを獲得可能。
また、毎月20日と30日は対象店舗で買い物額が5%OFFになるなど、嬉しいサービスを備えています!

実に素晴らしいクレジットカードながら、年会費は永年無料で持つことが可能。
審査条件は「18歳以上(高校生)で電話連絡可能の方」なので、学生や主婦の方も申し込めるクレジットカードです。

分割払いだけでなく性能面も秀でたクレジットカードなので、ぜひ比較・検討してみてください!

お得な詳細を確認する

おすすめ②:エポスカード

もう1枚のおすすめクレジットカードは「エポスカード」です。

エポスカードは、分割回数を2~36回から決められるクレジットカード。
他のクレジットカードより返済回数の選択肢がとても多いので、あなたに合うプランを決められます!

分割払いの回数と手数料
分割回数実質年率100円当たりの手数料
115.0%0円
215.0%0円
315.0%2.51円
415.0%3.14円
515.0%3.78円
615.0%4.42円
715.0%5.06円
815.0%5.71円
915.0%6.35円
1015.0%7.00円
1115.0%7.66円
1215.0%8.31円
1315.0%8.97円
1415.0%9.63円
1515.0%10.29円
1615.0%10.95円
1715.0%11.62円
1815.0%12.29円
1915.0%12.97円
2015.0%13.64円
2115.0%14.32円
2215.0%15.00円
2315.0%15.68円
2415.0%16.37円
2515.0%17.06円
2615.0%17.75円
2715.0%18.44円
2815.0%19.14円
2915.0%19.83円
3015.0%20.54円
3115.0%21.24円
3215.0%21.95円
3315.0%22.65円
3415.0%23.37円
3515.0%24.08円
3615.0%24.80円

そんなエポスカードは、分割払いだと獲得ポイントが2倍になるサービスを付帯。
他のクレジットカードと比較して手数料が高い傾向がありましたが、これにより損失を軽減できます!

その他、海外旅行保険に強みを持っていたり即日発行ができたりと、多数のメリットもあるエポスカード。
年会費は永年無料なので、こちらのクレジットカードを利用してみるのもおすすめです!

お得な詳細を確認する

付帯サービスでクレジットカードを比較してみては?

分割払いを理由に、クレジットカードを選ぶのも良いでしょう。
しかし、分割払いは大抵のクレジットカードで行えるので、基本的なサービスを比較して決めるのもおすすめです!

当サイトでは、数多くのクレジットカードを比較し、その中でもおすすめのものだけを厳選したランキングがあります。

こちらのランキングからクレジットカードを選ぶのもおすすめなので、ぜひ比較の参考にしてみてください!

当サイトいちおしのクレジットカード