定期券はクレジットカード購入がお得!購入手順とメリットを解説!

定期券はクレジットカードで買うのがおすすめ!

日々、通勤や通学で電車を利用する方にとって、定期券は必需品。
その定期券をクレジットカードで買えるか、気になる方も居るのでは?

結論をいえば、定期券はクレジットカードで購入可能。
むしろ、クレジットカード買う方がメリットがあり、おすすめです!

例えば、クレジットカードで定期券を買うことで、ポイントを獲得できてお得。
メリットは他にもあり、それを知ればクレジットカードでの購入が良い理由も分かることでしょう!

今回は、そんな定期券をクレジットカードで購入するメリットを紹介。
もちろん、クレジットカードで購入する方法も紹介するので、ぜひご覧ください!

定期券の購入方法はとても簡単!

クレジットカードでの定期券購入は、今現在だと「JR・東京メトロ・私鉄各線」など、多くの鉄道会社にて行えます。

ただし、実際に購入するときは、以下の場所でないとクレジットカードで買うことができません。

  • 駅にある「定期券発売機」。
  • 「定期券発売所」や「みどりの窓口」などの有人カウンター。

定期券発売機は対人ではありませんが、購入するのは簡単です。
アナウンスに従って操作するだけなので、誰でも購入できることでしょう!

注意しないといけないのが、複数の路線をまたぐ定期券を購入したい場合。
券売機でも買えますが、購入手順が複雑なので、この場合は有人カウンターをおすすめします。

ちなみに「東葉高速鉄道・埼玉高速鉄道・ゆりかもめ」など一部の鉄道会社では、クレジットカードでの定期券購入に対応していないので注意しましょう!

クレジットカードでの購入によるメリット!

クレジットカードで定期券を購入するメリットは、以下の2つです。

  • ポイントを獲得できる。
  • 現金がなくても購入できる。

それでは、各メリットについて紹介します!

その1:ポイントを獲得できる

定期券をクレジットカードで購入するメリットは、ポイントの獲得です!

多くのクレジットカードは、利用額に対するポイント付与サービスを展開。
そのため、定期券を購入することで、ポイント還元サービスを受けられるのです!

例えば、毎月1万円の定期券を購入する方の場合。
還元率が1.0%のクレジットカードで購入すれば、年間で1,200円相当も還元されます。

  • 12万円×1.0%=1,200円相当のポイント!

より高額の定期券を購入されている方なら、上記以上のポイントも稼げます。
獲得したポイントはギフト券などに交換できるので、ちょっとした買い物に使ってみては?

その2:現金がなくても購入できる

定期券とは、利用区間によっては1万円以上することもある代物。
会社から返済されるとはいえ、定期券を毎月立て替えるのは大変です。

しかし、クレジットカードがあれば、現金がなくても定期券の購入が可能。
また支払いも先延ばせるので、余裕を持って定期券を購入することができます!

ちなみに、クレジットカードなら「リボ払い」や「分割払い」も利用可能。
定期券の購入後に決済方法を変更すれば、毎月の支払額を抑えることもできます。

定期券と一体型のタイプがおすすめ!

クレジットカードの中には、定期券と一体型のものも存在。
1枚にまとまるうえ、クレジットカードと一体型ならではの便利機能もあります!

例えば、一体型のクレジットカードは「オートチャージ機能」を利用できます。
付帯する交通系ICカードに自動でチャージしてくれるシステムで、手動で行う手間から解放されます。

他にも、通常は2枚のところ1枚にまとまるので、財布がすっきりするメリットも。
「クレジットカード・定期券・交通系ICカード」が集約され、利便性が高くなります。

このように、定期券一体型のクレジットカードには多数のメリットが存在。
もしもクレジットカードを作るなら、定期券を付けられるものを検討してみてください!

おすすめの一体型クレジットカードを紹介!

上述した通り、定期券と一体型のクレジットカードはおすすめです。
でも、どんなクレジットカードが一体型なのかまでは、分かりませんよね?

そこで、ここではおすすめのクレジットカードを2枚紹介しますので、ご覧ください!

その1:JRE CARD

  • 年会費:477円 (初年度無料)
  • 申請条件:電話連絡ができる18歳以上の方 (高校生不可)
  • ブランド:VISA

JRE CARDは、定期券代1,000円毎に15JREポイントが貯まるクレジットカードです。
毎月10,000円ほど定期券代として使っている方は、それだけで年間1,800JREポイントも貯められます。

しかもJRE CARDは、定期券購入以外でも多くのポイントを貯めることが可能!
駅ビルやJRE MALLで買い物をする時は、最大35JREポイント (還元率3.5%) も獲得できます。

なので、定期券の購入時を始め、ポイントを効率的に貯めたいという方に最適なクレジットカードとなっています。

上記の方法で貯めたポイントは、1ポイント=1円として利用可能です。
JRE CARDに備えられる「Suica」の残高にチャージできたり、アトレなど駅ビルでの買い物額に充当できたりするので、使い道に困ることはないでしょう。

定期券購入時に、大量のポイント獲得を狙えるJRE CARD。
年会費は477円と安く、さらに初年度は無料で利用できるので、気になる方はぜひこのクレジットカードを検討してみてください!

JRE CARDの詳細はこちら

その2:To Me CARD Prime

  • 年会費:2,000円
  • ブランド:VISA / Mastercard / JCB
  • 申請条件①:18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方
  • 申請条件②:18歳以上で学生の方 (高校生を除く)

もう1枚のおすすめクレジットカードは、「To Me CARD Prime」です。
このクレジットカードは、「クレジットカード・定期券・PASMO」といった3種類もの機能を集約した1枚となっています。

To Me CARD Primeが持つ最大の魅力は、東京メトロの電車を利用するたびに10~20ポイントを貰えるところ!
獲得したポイントはPASMOの残高にチャージできる他、ANAマイルやnanacoポイントにも移行できるなど、様々な使い道が用意されています。

さらに、定期券の購入時にも、効率的にポイントを貯められます。
定期券代1,000円毎に、6ポイントを貯めることが可能。
もし、定期券代に毎月10,000円程度支払っている方であれば、年間で720ポイントを獲得できます!

先ほどのクレジットカードと比較して、定期券購入時に獲得できるポイント量は多くありません。
しかし、このクレジットカードには、様々なポイントアップサービスが付帯しているため、ポイント集めに苦労することはないでしょう!

旅行傷害保険が付帯していたり、審査に通りやすいと言われていたりと数多くの魅力を備えるTo Me CARD Prime。
東京メトロ・PASMOを利用している方は、このクレジットカードを検討してみてはいかがでしょうか?

To Me CARD Primeの詳細はこちら

3つの機能が集約されているか確認しよう!

クレジットカード・定期券・交通系ICカード。
これらが一体化したクレジットカードは、確かに便利です。

しかし、その数は少ないので、作るときは本当に一体型か調べましょう。
また、交通系ICカードと一体型のクレジットカードでも定期券を備えられないケースもあるので注意。

ちなみに、おすすめのクレジットカードは以下でも紹介しています。
参考になると思いますので、こちらのランキングもぜひご覧ください!

Suica一体型クレカランキング

タイトルとURLをコピーしました