法人用クレジットカードの比較方法!最適な1枚の選び方を徹底解説

法人用クレジットカードの比較方法を解説!
01


導入することで「経費の明瞭化・コスト削減・業務効率化」など期待できる法人用クレジットカード。
そんな法人用クレジットカードを検討するも、何を比較すれば良いか分からない方も居るのでは?

法人用クレジットカードは種類が多いうえ、比較すべき特徴もたくさんあるため、最適な1枚を見つけるのは難しいとされています。

そこで今回は、法人用クレジットカードを選ぶとき比較したい特徴を解説します。
また、おすすめの法人用クレジットカードも紹介するので、最後までご覧ください!

個人用クレジットカードとの違いとは?
02


法人用クレジットカードは、個人用と何が違うのか。
まずは、その違いを比較するところから始めましょう!

高い利用限度額が用意されている


個人用クレジットカードと比較すると、法人用クレジットカードは「利用限度額」が高い傾向にあります。
例えば、三井住友が発行する「個人用・法人用」のゴールドクレジットカードを比較してみましょう!

個人用法人用
利用限度額原則50万円~200万円原則20万円~300万円
年会費10,000円10,000円

比較表の通り、年会費は同じでも利用限度額に100万円の差があります。
なぜ差があるかというと、法人用クレジットカードは個人用と比較して高額の利用額が想定されるためです。

例えば、ビジネスでは経費で数百万円の支出が出ることは珍しくありません。
それなのに、利用限度額が低いクレジットカードだと経費を支払えなくなります。

そうならないため、法人用クレジットカードは個人用と比較して利用限度額が高い傾向にあるのです。

返済用口座に会社のものを選べる


クレジットカードの利用には、返済用に預金口座を紐付ける必要があります。

このとき、個人用クレジットカードでは名義人の預金口座を用意しなくてはいけません。
それに対し、法人用クレジットカードは会社の預金口座を紐付けることができます。

これによるメリットは、私用と公用でクレジットカードを使い分けられること!
法人用クレジットカードの使い道を明瞭化できるため、経費管理が楽になります。

法人用クレジットカードの比較すべき特徴とは?
03


法人用クレジットカードには、多くの種類があります。
その中で、自社に最適な1枚を見つけるには何を比較すると良いのでしょうか?

ここでは、法人用クレジットカードを作るときは何を比較すべきかを紹介します。

その①:年会費


法人用クレジットカードを作るときは、年会費を比較しましょう!

年会費は無料と有料のものがあり、一見すると無料の方がお得です。
しかし、法人用に限っては年会費無料で優れた性能のクレジットカードは比較的少ないので、有料のものがおすすめ!

無料と有料の比較
ライフカード
ビジネスライト
JCB
一般法人カード
券面
年会費0円1,250円
還元率0%0.5%
海外保険最高3,000万円
国内保険最高3,000万円
ETC0円/1枚迄0円/1枚迄
特典
  • 初年会費無料 (ネット申し込み限定)
  • 最大50%UPのポイント還元サービス
  • じゃらん宿泊サービス (会員限定)
  • 経費精算ソフトの優待価格利用
  • タクシーチケットの発行に対応
  • 福利厚生倶楽部
  • その他

比較表の通り、法人用クレジットカードは年会費が有料のものがおすすめです。

では、有料からは幾らの法人用クレジットカードがおすすめなのか。
結論を言ってしまえば、会社の用途に合った法人用クレジットカードを選ぶのが正解です。

年会費が高い法人用クレジットカードには、それなりのサービスが付帯しています。
そのため、年会費以上のおもてなしを受けられることも少なくありません。

ただ、企業によっては性能やサービスを活かしきれないこともあるでしょう。
その場合は、年会費の安いコストパフォーマンスに優れた法人用クレジットカードを比較すればOK!

ちなみに、法人用クレジットカードは発行した分だけ年会費が掛かります。
大勢の社員に法人用クレジットカードを配布しようと考えていた会社は、この点も考慮して年会費を比較しましょう!

その②:ポイント還元率


法人用クレジットカードは、一個人の利用と違い経費で多額の出費をします。
それを考えると、法人用クレジットカードのポイント還元率は高いに越したことはありません!

例えば、経費で年間1,000万円を払う会社があるとしましょう。
その会社が法人用クレジットカードを導入すると、還元は以下の比較表通りに受けられます。

還元率と相当額の比較表
還元率相当額
「0%」の法人用クレジットカード0円
「0.25%」の法人用クレジットカード25,000円相当
「0.5%」の法人用クレジットカード50,000円相当
「0.75%」の法人用クレジットカード75,000円相当
「1%」の法人用クレジットカード100,000円相当

比較表の通り、還元率は0.1%の差でも大きな違いを生みます。

貯めたポイントは、カタログ商品との交換やマイルへの移行が可能。
経費節約に繋げられるため、ポイント還元率の比較は必ず行っておきましょう!

その③:利用限度額


法人用クレジットカードを作るときは、利用限度額も比較しておきましょう。
というのも、利用限度額を比較しないと、法人用クレジットカードが使えなくなることがあるためです。

例えば、経費で年間1,000万円を使う会社は毎月84万円を支払う計算です。
その会社が利用限度額100万円の法人用クレジットカードを導入しても、2ヶ月目に使用はストップしてしまいます。

その恐れがあるため、自社の経費額を払える利用限度額の法人用クレジットカードを比較して選ぶのが重要なのです。

ちなみに、利用限度額は以下の比較表通り「高ランクの法人用クレジットカード」ほど高い傾向にあります。

利用限度額の比較表 (相場)
一般ゴールドプラチナ
100万円以下100万円~300万円300万円以上

利用限度額の理想は「毎月の想定経費×2.5~3倍」です。
これを基準に、法人用クレジットカードの比較をおすすめします!

法人用クレジットカードによっては、利用限度額を明記していないことがあります。
その場合は上記の比較表を参考に検討してみると良いでしょう。

法人用クレジットカードの比較表
04

法人用クレジットカード比較一覧表
カード名JCB一般
法人カード
JCBゴールド
法人カード
JCBプラチナ
法人カード
三井住友
forOwners
クラシック
三井住友
forOwners
ゴールド
三井住友
forOwners
プラチナ
アメックス
ビジネスグリーン
アメックス
ビジネスゴールド
セゾンパール
アメックス
セゾンプラチナ
ビジネスカード
オリコ
EXGold forBiz
ライフカード
ビジネスライト
楽天
ビジネスカード
券面JCB一般法人カードJCBゴールド法人カード” style=JCBプラチナ法人カード三井住友forOwnersクラシック三井住友forOwnersゴールド三井住友forOwnersプラチナアメックス・ビジネス・グリーン・カードアメックス・ビジネス・ゴールド・カードセゾンパール・アメックス・カードセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カードオリコEXGold forBizライフカードビジネスライト楽天ビジネスカード
発行会社JCBJCBJCB三井住友三井住友三井住友アメックスアメックスクレディセゾンクレディセゾンオリコライフカード楽天
国際
ブランド
JCBJCBJCBVISA / MastercardVISA / MastercardVISA / MastercardAMEXAMEXAMEXAMEXVISA / MastercardVISA / Mastercard
JCB
VISA
ポイント
還元率
最大0.75%最大0.8%最大0.85%0.5%0.5%0.5%0.3%0.3%0.5%0.5%最大1.1%1.0%
ANAマイル
還元率
0.3%0.3%0.3%最大1.0%最大1.0%0.3%0.3%最大0.66%0.5%
JALマイル
還元率
0.25%最大1.125%最大0.55%
年会費1,250円10,000円30,000円1,250円 (実質無料)10,000円50,000円12,000円31,000円1,000円 (実質無料)20,000円2,000円0円 (永久無料)2,000円
追加カード1,250円3,000円6,000円400円2,000円3,000円6,000円12,000円無料3,000円無料無料
利用限度額公式サイト参照公式サイト参照公式サイト参照最高150万円最高300万円最高500万円一律制限なし一律制限なし最高150万円最高500万円最高300万円最高200万円最高300万円
海外旅行
傷害保険
最高3,000万円最高1億円最高1億円最高2,000万円最高1億円最高1億円最高5,000万円最高1億円最高1億円最高2,000万円
国内旅行
傷害保険
最高3,000万円最高5,000万円最高1億円最高5,000万円最高1億円最高5,000万円最高1億円最高1億円最高1,000万円
ショッピング
保険
年間最高100万円
(海外)
年間最高500万円年間最高500万円年間最高100万円年間最高300万円年間最高500万円年間最高500万円年間最高500万円年間最高300万円年間最高100万円
ETCカード無料無料無料無料無料無料525円525円無料無料無料無料540円

参照サイト:法人カードおすすめ比較サイト

個人事業主・フリーランサー・ノマドワーカーの方も作れる!
05


法人用クレジットカードは、以下の方々も作れます!

  • 個人事業主
  • フリーランサー
  • ノマドワーカー

法人用ではありますが、個人で仕事をされている方も作成可能。
気になる性能やサービスは、基本的に法人の方が作れるものと変わりませんので、安心していただいて構いません。

ただ、法人用クレジットカードによっては「法人・個人事業主等」をきっちり分けて審査を行っていることもあるので、その点は比較しましょう!

参考サイト:「Orico EX Gold for Biz」のSとMの違い

おすすめは「Orico EX Gold for Biz」
06


法人用クレジットカードを比較した結果、おすすめは「Orico EX Gold for Biz」です。

こちらは、ポイント還元率が最高1.1%もある法人用クレジットカード。
トップクラスの還元率を誇るので、支出の多い会社が導入すると驚くほど還元を受けられます!

そんな「Orico EX Gold for Biz」は、利用限度額を最高300万円まで希望可能。
また、利用者には嬉しい以下の法人向けサービスまで備えています。

  • 空港ラウンジ
  • キャッシング機能
  • 国内外の旅行保険
  • 福利厚生サービス
  • ETCカード無料発行
  • クラウド会計ソフトfreee
  • 招待日和 (Mastercardのみ)

これだけのサービス+ゴールドランクながらも、年会費はたったの2,000円
しかも初年度は無料なので、最初の1年間は年会費を支払わずとも使えます!

今なら入会特典で最大7,000円相当のポイントを貰えるので、実質4年間分の年会費がタダ。
とてもお得なので、この法人用クレジットカードから初めてみるのをおすすめします!

個人用との使い分けが大事!
07


法人用クレジットカードは、経費の支払いに使うのが一般的。
そのため、私的な利用には個人用クレジットカードを使いましょう。

最近は個人用クレジットカードの性能も上がり、良いものがたくさんあります。
そういったクレジットカードをこちらで比較しているので、ぜひご覧ください!

おすすめのクレジットカードを見る