クレジットカードの番号を変更するにはどうすれば良いの?

クレジットカードの番号を変更する方法とは?

「クレジットカードが不正利用されているかも知れない…」
クレジットカード利用者の中には、このような状況を体験した方も居るかと思います。

もしもクレジットカードを紛失したり、第三者に使われていたりすることが分かったら、クレジットカードの番号をすぐに変更することをおすすめします。

この記事では、クレジットカード番号を変更する方法を紹介します。
カード番号をスムーズに変更できるように解説するので、ぜひご覧ください!

「番号変更=再発行」のことである!

クレジットカードの番号を変更するのは簡単にできます!
ただし、クレジットカードで番号変更をするというのは、クレジットカードの再発行をするというのと同意なので、その点には注意しましょう。

  • クレジットカードを無くした
  • クレジットカードを不正利用された

といった状況はもちろんのこと、個人的な理由での番号変更もできます。

番号変更(再発行)をする際は、クレジットカード裏面に記載された発行会社の電話番号に掛ければOK。
すると、オペレーターが出ますので、番号変更(再発行)したい旨を伝えましょう。

番号変更の手続きが受理されると、以降はそのクレジットカードで買い物ができなくなります。
再発行のクレジットカードが届くまでには数日掛かるので、その点も加味して番号変更に臨むようにしましょう。

不正利用されたと思ったらすぐ番号変更しよう!

「クレジットカードの番号を変更したい!」
そう思った方の多くは、クレジットカードを不正利用されたのが原因だと思います。

身に覚えのない決済だと気づいときは、焦りますよね。
ですが、まずはその気持ちを抑え、ご自身が本当に決済していないかどうか冷静に確かめるのが大切です。

それでも決済した記憶がない場合や、明らかに不正利用だと分かる内容のときは、すぐ発行会社に連絡して、番号変更(再発行)の手続きを行いましょう。

不正利用による番号変更を行う場合は、再発行に掛かる手数料が無料になるケースが多いです。
ただ、絶対ではないので、詳細は発行会社への連絡の際に確認してみましょう!

また、不正利用による被害額ですが、こちらは発行会社が補償してくれます。
あなたが行った決済以外の代金は支払う必要がありませんので、ご安心ください。

不正利用の補償は受けられないケースもある

不正利用における補償を受けられない場合もあります。
それは、例えば以下のようなケースのとき。

  • クレジットカード利用者に過失がある場合
  • クレジットカードの裏面に署名をしていない場合
  • 発行会社の定める補償期間を超えている場合

補償対象外になると、当然ですが被害額はあなたが支払わなくてはいけません。
そうしたことにならないためにも、以下を守り、クレジットカードをきちんと管理しましょう。

  • クレジットカードを第三者に渡さない
  • クレジットカードの裏面には署名をしておく
  • 利用明細から不正利用が無いか確認する

有効期限の更新では番号の更新はされない

クレジットカードには、有効期限があります。
この有効期限を過ぎるときには、発行会社が自動で新しいクレジットカードを送ってくれます。

そのときのクレジットカードですが、基本的には古いものとカード番号が一緒。
要は、有効期限の更新ではクレジットカードの番号変更されませんので、今まで通りの使い方ができます!

古くなったクレジットカードですが、これはあなたが破棄して大丈夫です。
ただ、上述したとおり、新古でクレジットカードの番号は一緒なので、適当に捨ててしまうと不正利用に繋がる恐れがあります。

クレジットカードを捨てるときは、こちらで正しい手順を紹介しているので、ぜひご覧ください!

クレジットカードの捨て方