クレジットカードの番号は再発行すれば変更可能!手続き方法も解説!

クレジットカードの番号を変更する方法を解説!

「クレジットカードが不正利用されているかも知れない…」
クレジットカード利用者の中には、このような状況を体験した方も居るかと思います。

もしもクレジットカードを紛失したり、第三者に使われていたりすることが分かったら、クレジットカードの番号をすぐに変更することをおすすめします。

この記事では、クレジットカード番号を変更する方法を紹介します。
カード番号をスムーズに変更できるように解説するので、ぜひご覧ください!

再発行することで変更できる!

クレジットカードの番号は、クレジットカードを再発行することで変更できます!

番号の変更方法は簡単で、カードの裏面に記載の電話番号にかけるだけ。
オペレーターに繋がるので、再発行したい旨を伝えれば変更手続きを進められます。

番号変更ないし再発行の理由を訊かれたら、以下のように答えると良いでしょう。

  • クレジットカードを無くしてしまった。
  • 番号を他人に知られてしまった。

再発行の手続きが完了したら、あとは数日後に届くクレジットカードを受け取るだけ。
少々の時間と手間は掛かりますが、これがクレジットカードの番号を変更する方法になります!

大抵のクレジットカードは、再発行に1,000円ほどの手数料が必要。
詳しい金額は公式サイトに記載されているので、確認しておきましょう。

不正利用されたら発行会社に連絡を!

番号を変更したい理由が不正利用の場合、すぐ発行会社に連絡しましょう。
というのも、当然ながら番号を知る第三者にクレジットカードを悪用されてしまうからです。

一応、どのクレジットカードにも不正利用による補償は備わっています。
しかし、大抵は補償期間が60日のため、早急に対応しないと補償を受けられなくなることも。

そのため、不正利用かも知れないと思ったら、まずは冷静に確認を。
そして本当に悪用されていたら、すぐに発行会社に電話をしましょう。

不正利用の補償を受けられないケースがある!

どのクレジットカードにも不正利用の補償は備わっています。
だからといって、以下のケースでは補償を受けられないので注意。

  • クレジットカード利用者に過失がある場合。
  • クレジットカードの裏面に署名がない場合。
  • 発行会社の定める補償期間を過ぎていた場合。

当然ですが、補償対象外となれば被害額を支払うのはクレジットカードの持ち主。
そうならないよう、クレジットカード利用では以下を守り、きちんと管理しましょう。

  • クレジットカードを第三者に渡さない。
  • クレジットカードの裏面に署名をする。
  • 利用明細から不正利用の有無を確認する。

番号変更後は登録設定

クレジットカードの番号を変更した後、登録内容の変更を忘れてはいけません。

例えば、クレジットカード情報を通販サイトに登録している場合。
登録されているのは旧番号のクレジットカードなので、新番号に変更が必要です。

通販サイトならまだしも、公共料金など月極決済は変更しないと滞納扱いになるので、早急に変更されることをおすすめします。

有効期限の更新されたクレジットカードは番号が変わらない

どのクレジットカードにも、有効期限があります。
それを過ぎると、発行会社から新しいクレジットカードが届きます。

新しいクレジットカードの番号ですが、これは古いクレジットカードと一緒。
再発行といっても番号は変更されないので、番号を変更したい方は紹介した方法を行ってください。

また番号を変更するぐらいなら、新しいクレジットカードを作るのも手段の1つ。
年会費無料なら手数料分も浮きますし、複数枚持ちも推奨しているのでおすすめです!

こちらでおすすめのクレジットカードを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

クレジットカードを探す

タイトルとURLをコピーしました