転職後クレジットカード会社に連絡は必須?再審査・在籍確認はある?

転職後、今あるクレジットカードはどうするの?

クレジットカード情報

働いていた会社を転職する際、手元にあるクレジットカードはどうなるのか気になる方もいることでしょう。

年収や勤務地など登録した情報は転職以前のものなので、登録情報を変更するのか、それともクレジットカードを新しく発行しないといけないのか…と色々気になります。

今回は、そんな悩む方も多かった「転職後に行うクレジットカードに関する手続き」について解説します!
また、在籍確認や再審査といった転職におけるクレジットカード利用者の心配事についても解説するのでご覧ください。

発行会社に転職したことを伝えよう!

転職をしても手元にあるクレジットカードは今まで通り使えますが、年収や勤務地など登録していた情報は変えなければいけません。
変更は各発行会社の公式サイトで行え、ものの数分で手続きは終わることができます。

ネットではなく書面にて変更手続きを行えるところもありますが、その場合は書類を取り寄せるために1度発行会社に電話での連絡を入れる必要があります。

クレジットカードは、転職により勤務地や年収が変わったことを連絡しなくても、使い続けることは可能です。
ただし、変更があった場合にそれを連絡することは規約に記載されているので、信用に背く前にできる限り早く申告しましょう。

また、仮に転職したことを告げていないと、審査の際に影響が出てくることも。
例えば、利用限度額の上限を高くしてもらうよう発行会社へ申請した場合、転職したことを申告していないと前の会社の情報を基に審査されることになります。

そうなると、発行会社としては虚偽の情報を基に審査させられたということになります。
あなたの信頼も良くないことになってしまうので、そうならないためにも、転職による変更手続きは遅くても転職から1ヶ月以内には済ませましょう。

在籍確認は、基本的に行われないそうです!

転職した際に在籍確認が行われるのか気になる方もいることでしょう。
この在籍確認ですが、クレジットカードを申込む際の審査では行われることがあるものの、転職時には基本的にされない傾向にあるようです。

筆者自身、転職は2回したことがありますが、転職時に在籍確認が行われたことはありません。

すでにクレジットカードを利用していた場合、発行会社はその人の返済能力や信用度については理解しています。
そのため、クレジットカードヒストリーがしっかりしていれば、転職したことを申告するだけで手続きが終わることもあるそうです。

ただし、転職を機会にクレジットカードを新しく作る場合は、在籍確認が行われることもあるので覚えておきましょう。

仮に転職先での在籍確認が行われるにしても、名前・生年月日・住所・企業名といった基本的な情報が訊かれるだけなので、変更届に嘘偽りが無ければ身構える必要は特にありません。

また、在籍確認は利用者であるアナタが行うのが一般的ですが、アナタが不在の場合は「アナタが会社に在籍していることを証言してくれる人」が代わりに答えても大丈夫です!

参照サイト:クレジットカードの審査で在籍確認や本人確認はある?|クレジットカードの三井住友VISAカード

再審査は行われる?

発行会社は、クレジットカード利用者に「返済能力」を求めているため、転職したことでその能力が失われていないかを心配します。
そのため、転職時には途上与信の審査が行われることがあるそうです!
※途上与信…利用者の利用状況や返済状況を確認

クレジットカードの発行の可否を決める審査ほど厳重ではないですが、転職以前までの使い方があまりにルーズだと利用停止になることも。
また転職先での年収によっては、利用限度額の引き上げ・引き下げが行われる可能性もあります。

転職以前にキチンとした使い方をして良質なクレジットカードヒストリーが作れていれば、途上与信の審査は大丈夫でしょう。

転職を機会にクレジットカードを見直そう!

転職を機会に、クレジットカードを新しくする方もいますよね。
年収が変わることで、今まで持てなかった高ステータスのクレジットカードが持てたり、高機能な最新クレジットカードを作れたりと、今持っているクレジットカードを見直すには良い機会です!

もしクレジットカードを新調される方は、当サイトのおすすめクレジットカードをご覧ください。
厳選したクレジットカードを紹介しているので、アナタに相応しい新しい1枚がきっと見つかります!

厳選されたクレジットカードを確認する