セディナカードクラシックの全てが分かる!旅行保険付帯の低年会費クレカ

『セディナカードクラシック』の特徴をわかりやすく解説!

  • 年会費:1,000円
  • 申請条件:18歳以上で電話連絡が取れる方(高校生不可)
  • ブランド:VISA / Mastercard / JCB
  • セブンイレブンやイオンでの獲得ポイントが毎日3倍!
  • 毎週日曜日はマルエツの商品がほとんど5%OFF
  • 国内外で利用できる旅行保険が付帯!

SMBCグループのセディナが発行するクレジットカード「セディナカードクラシック」を紹介します!

セディナカードクラシックは、イオンでの買い物がお得なクレジットカード。
イオンだけでなくセブンイレブンでの買い物では、ポイントがいつでも3倍もらえるので高還元率を実現しています!

また、マルエツを始めとした特定の店舗では、毎週日曜日にほとんどの商品が5%割引で買える優待デーも実施中。
ポイントと合わせ、利用するとかなりの還元が見込めるお得なサービスを数多く備えています!

他にも、海外旅行保険を備えていたり、海外キャッシングも利用できたりといった「海外」での利便性を魅せるセディナカードクラシック。

これだけの機能性を備えながらも年会費は安く、たったの1,000円しか掛かりません。
月額換算だと100円にも満たない年会費で、保険を始め利便性に優れたサービスが豊富に備わっているのはとてもお得です!

審査資格は「18歳以上で電話連絡が取れる方(高校生不可)」なので、大抵の方は申し込みが可能。
学生から主婦の方も作れるので、セディナカードクラシックをぜひ検討してみてください!

\最大5,000円相当ポイントがもらえる入会特典実施中/
クイック申し込み

『セディナカードクラシック』の基本性能

セディナカードクラシックのデザインは、「スタンダード」と「ハローキティ」の2種類から選択可能。
それに加え、国際ブランドは3種類から選べるので、全部で6種類から決めることになります

ハローキティデザインのクレジットカードは、実はセディナのクレジットカードだけ。
非常に珍しいデザインなので、ハローキティやサンリオが好きな方には、ハローキティデザインをおすすめします!

そんなセディナカードクラシックの性能は、以下の通りです!

カード名セディナカードクラシック
券面
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
発行対象18歳以上で電話連絡が取れる方(高校生不可)
年会費1,000円
ポイントプログラム名わくわくポイント
ポイント還元率0.5%
海外旅行傷害保険最高1,000万円
国内旅行傷害保険最高1,000万円
ショッピング保険年間50万円まで
エクスプレス予約年会費1,000円
ETCカード発行手数料1,000円
家族カード年会費300円
電子マネーApple Pay / iD / QUICPay

\最大5,000円相当ポイントがもらえる入会特典実施中/
クイック申し込み

優待サービスの多い「ポイント還元」

セディナカードクラシックには、ポイント還元サービスがあります。
「わくわくポイント」という名前の還元サービスで、月間利用額200円毎に1ポイントをプレゼント!

セディナカードクラシックの還元率は約0.5%なので、クレジットカードの中では平均クラスです。
しかし、セディナカードクラシックには還元率が上昇するサービスも多いので、気付かぬうちにたくさん貯まっていることも!

  • 藤田観光グループの対象施設を利用するときは5倍。
  • 宇佐美ガソリンスタンド(直営)での支払いは3倍。
  • セディナモール経由での買い物は2倍~21倍。

他にも、獲得ポイントアップに関するお得な情報が2点あるので、そちらをご紹介します!

「セブンイレブン・イオン・ダイエー」ではポイント3倍!

セディナカードは、全国にある以下店舗にて買い物をすると、ポイントがいつでも3倍もらえます!

  • セブンイレブン
  • イオングループ
  • ダイエー

特に条件なく3倍になるので、毎日の買い物が楽しくなりますね!

イオングループといえば、自社で「イオンカード」というクレジットカードを作成しています。
このイオンカードとセディナカードクラシックを比較してみると、200円毎の還元率だけならセディナカードクラシックの方が還元率が実は上!

セディナカードクラシックイオンカードセレクト
券面
付与(200円)3ポイント2ポイント
還元率1.5%1.0%

「セブンイレブン」や「イオン」といった利用頻度の高いお店が対象なので、日頃からよく利用されている方は検討されてみてはいかがですか?

「トクトク!ステージ」で獲得ポイントが最大1.3倍!

トクトク!ステージとは、前年の年間利用額がポイント還元率に影響を与えるサービス!

前年度利用額倍率還元率
200万円以上1.30倍0.650%
100万円以上1.15倍0.575%
50万円以上1.10倍0.550%

参照サイト:トクトク!ステージ|クレジットカードならセディナ

例えば、前年度の年間利用額が150万円だった場合、本年度のポイント還元率は1.15倍(0.575%)にアップするという訳です!

200万円以上は厳しいかも知れませんが、50万円以上であれば毎月約42,000円の出費でOK。
これなら学生でも達成できると思うので、ご利用の際はトクトク!ステージも気にしてみてください!

\最大5,000円相当ポイントがもらえる入会特典実施中/
お申し込みはこちら

最大1,000万円補償!海外旅行保険と国内旅行保険が付いている

「趣味は旅行!」という方も多いですよね。
もしくは、出張で頻繁に地方もしくは世界の各地へ飛ぶ方もいることでしょう。
そんな方々に嬉しいのが、海外旅行保険国内旅行保険のサービスです!

セディナカードクラシックは、年会費1,000円ながら「最高補償1,000万円」の国内外旅行保険を備えています。

海外旅行傷害保険
死亡/後遺障害最高1,000万円
傷害/疾病最高100万円
賠償責任最高1,000万円
携行品損害最高10万円 (自己負担:3,000円)
救援者費用最高100万円
国内旅行傷害保険
死亡/後遺障害最高1,000万円
入院費用(日額)3,000円
通院費用(日額)2,000円

参照サイト:保険サービスのご案内

一般的に、低年会費のクレジットカードだと「死亡/後遺障害」の保険のみ備わっていることが多いです。
しかし、セディナカードクラシックは「怪我/疾病」や「賠償責任」といった補償も付帯されており、さまざまなケースの補償をしてくれます。

旅行をするときは、意外と保険費用がかさんで大変ですよね?
セディナカードクラシックは、低年会費で多くの補償を備えているので、1枚持っていると便利ですよ!

補償期間は180日!ショッピング保険も備わっている

セディナカードクラシックには、身体的な保険とは別に「ショッピング保険」が備わっています。

ショッピング保険とは、セディナカードクラシックで購入した商品が破損したり盗難に遭ったりしたとき、全額もしくは一部負担をしてくれる補償サービスです!

一般的に補償など無い商品でも、セディナカードクラシックにて購入するだけで補償対象になるため、実はすごいサービスなのです。

セディナカードクラシックのショッピング保険は、購入日から180日以内の商品を年間50万円まで補償対象としています。

金額は少ないですが、期間が6ヶ月と非常に長いのが魅力的。
購入した商品に何かあったとき、頼ってみてはいかがですか?

\最大5,000円相当ポイントがもらえる入会特典実施中/
お申し込みはこちら

現地返済可能!海外キャッシングにも強いクレジットカード

セディナカードクラシックは、海外キャッシングをするのに最適と言われています。
その理由は、ネットで返済を試みることができるため、利息を少額に抑えることができるからです!

借入額×実質年率÷365日×利用日数

キャッシングの利息を計算するときは、上記の式で行えます。
見て分かる通り、利息は利用日数(返済までの期間)が関わってくるため、早期返済することが大切。

セディナカードクラシックでは、返済を4つの方法から選択できるのですが、その中の「Pay-easy」を利用すれば、ネット上で返済を行うこと可能。
そのため、帰国せずとも返済できるため利用日数が掛からず、手数料を抑えることができるのです!

参照サイト:キャッシング利用分を早めに返済する方法を教えてください|よくあるご質問

海外では、所持金が足りないと思うことが多々あります。
そのとき、キャッシングができるカードを1枚持っていると大変便利なので、ぜひセディナカードクラシックをご利用ください!

\最大5,000円相当ポイントがもらえる入会特典実施中/
お申し込みはこちら

「セディナカード」との違いとは?

発行元であるセディナからは「セディナカード」というクレジットカードも作られていることをご存知ですか?
よく見間違える方も多いので、この2枚に関する違いを紹介したいと思います!

細かい違いは色々とありますが、なかでも違いを感じるのは以下の点です。

カード名セディナカード
クラシック
セディナカード
券面
年会費1,000円無料
海外旅行保険最高1,000万円
国内旅行保険最高1,000万円
キティ券面×
ポイント3倍セブンイレブン
イオン / ダイエー
セブンイレブン
5%OFFマルエツ / リンコス
マルエツ プチ / その他

セディナカードクラシックは、年会費が1,000円掛かる分、利点となるサービスが少々大目。

年会費1,000円は月額換算だと100円にも満たない金額なので、少しの出費でハイスペックのサービスが受けられるセディナカードクラシックの方がおすすめと言えるでしょう!

ただ、セディナカードには以下のような特典があります。

  • 入会から3ヶ月間は獲得ポイントが3倍!
  • ETC利用/海外ショッピングでの獲得ポイントが1.5倍!

性能やサービスを見比べて、自分に合うのはどちらか決めてから申し込んでみてください!

\最大5,000円相当ポイントがもらえる入会特典実施中/
お申し込みはこちら

『セディナカードクラシック』の審査資格

セディナカードクラシックを申し込もうにも、審査資格を知らなければ申し込めませんよね。
審査資格は、以下のようになっています!

18歳以上で電話連絡ができる方(高校生不可)

セディナカードクラシックは、申請者本人に安定した継続収入がなくても申し込めます。
そのため、学生や主婦の方でも作れるチャンスのあるクレジットカードと言えるでしょう!

\最大5,000円相当ポイントがもらえる入会特典実施中/
お申し込みはこちら

『セディナカードクラシック』のまとめ

セディナカードクラシックのデメリットを挙げるならば、ポイント還元率が低いことでしょう。

今は年会費無料でも還元率が1.0%を超えるクレジットカードはゴロゴロあるので、それらと比較すると物足りなさを感じます。

ただ、セディナカードクラシックには還元率アップの施策が多数ある他、旅行保険も加味するとバランスの取れたクレジットカードと言えます。

海外旅行保険だけでなく国内の補償も付いて低年会費のクレジットカードは数少ないので、旅行をされる方にはおすすめの1枚です!

セブンイレブンやイオンの利用機会が多い方、旅行をする機会が多い方は、ぜひセディナカードクラシックを検討してみてください!

\最大5,000円相当ポイントがもらえる入会特典実施中/
お申し込みはこちら