クレジットカードによるキャッシングの利用方法や手数料について解説!

クレジットカードによるキャッシングの利用方法を紹介!

画像:クレジットカードを使ったお金の借り方

クレジットカードにはキャッシング機能があり、現金を借りられます。
しかも、利用方法さえ知っていれば5分ほどで借りられるので大変便利!

ただ、その利用方法が分からず困っている方も居るのでは?
そこで今回は、クレジットカードを使ったキャッシングの仕方を解説します!

利用方法や手数料など詳しく紹介しますので、ぜひご覧ください。

「コンビニATM」で24時間365日できる!

画像:キャッシングが行える場所について

さっそく、クレジットカードのキャッシングを利用する方法を解説します。

まず「どこで借りるか」ですが、これは主に「コンビニのATM」になります。
基本的に24時間365日利用できるため、時間を気にしなくて良いのがコンビニATMの魅力。

他にも「銀行のATM」や「クレジットカード会社の窓口」でもキャッシング可能。
また、指定口座に振り込まれる「ネットキャッシング」という便利な方法も存在します!

キャッシングの利用方法は6ステップ!

画像:利用方法について

では、実際にクレジットカードを使ったキャッシングの利用方法を紹介します。
上述した通り、キャッシングは色々な場所でできますが、今回は「コンビニATM」での利用方法を解説。

クレジットカードでキャッシングを利用する方法は、以下の通りです。

  1. 「引き出し」のボタンを押す
  2. クレジットカードを挿入
  3. クレジットカードの暗証番号を入力
  4. キャッシングを選択
  5. 借入額を入力
  6. 「クレジットカード・利用明細・現金」を受け取る

まずは、ATMで「引き出し」を選択します。
選択後、指定の場所にキャッシング機能付帯のクレジットカードを挿入してください。

クレジットカードを挿入すると、次に暗証番号の入力を求められます。
この暗証番号は、クレジットカードを発行した際に決めた4桁の番号のこと。
当然ですが、間違えるとキャッシングを利用できないので注意しましょう。

暗証番号を入力し終えたら、続いて「取引内容」の選択です。
クレジットカードのキャッシングを利用するため、「キャッシング」を選択してください。

ここまで来たら、あとは実際にキャッシングしたい金額を入力するだけ。
クレジットカードによるものの、借りられるお金の単位は1,000円、もしくは1万円と異なるので、慎重に入力するようにしましょう。

最後に、「クレジットカード・利用明細・現金」を受け取ったら完了です。
このように、キャッシングの利用方法と言っても非常に簡単なので、誰でも約5分ほどで終わらせられることでしょう!

借りるときは「金利手数料」に注意!

画像:金利手数料について

クレジットカードのキャッシングを利用するなら、手数料も知っておきましょう。
というのも、手数料を知らないと、返済時に大きなトラブルが起こるかも知れないからです!

この手数料とは、キャッシングの借入額 (*1) に上乗せして返済するお金のこと。
「借入額・実質年率 (*2)・利用日数」により金額は変わり、以下の式で求めることができます。

  • 借入額×実質年率÷365日×利用日数

(*1)キャッシングで借りた分の金額。
(*2)借入額に掛かる利息で、大体のクレジットカードは18%。

上記の通り、キャッシングの手数料は「借入額・利用日数」により大きく変動します。

借入額が大きく、また利用日数が長いと、キャッシング手数料は増加。
そのため、クレジットカードでキャッシングを利用する際は、早めの返済を心がけましょう。

キャッシング手数料を抑える方法に、繰り上げ返済 (*3) があります。
繰り上げ返済とは、返済日を待たずしてキャッシング利用額を返済する方法。
これにより、キャッシング手数料を安くすることができるので、ぜひ活用してみてください!

(*3)繰り上げ返済できないクレジットカードもあります

返済方法も要チェック!借入に最適なクレジットカードも紹介!

画像:返済方法について

利用方法も大事ですが、もっと大事なのは返済方法です。

上述した通り、キャッシングの利用には手数料が掛かります。
滞ることがあれば手数料が膨れ上がるため、返済方法を知ることは非常に重要になります!

お金の返し方は「キャッシング額の返済方法」にて解説。
返済方法から注意点まで詳しく解説しているので、ぜひご覧ください!

またキャッシングをするなら、それに適したクレジットカードを選ぶべき。
融資額や実質年率、返済期間や国際ブランドなど比較し、おすすめを以下で紹介しているので、参考にしてみてください!

キャッシング比較ランキング

タイトルとURLをコピーしました