クレジットカードのキャッシングで借りたお金を返済する方法について

クレジットカードのキャッシングで得たお金を返済する方法!

画像: クレジットカードのキャッシングで借りたお金の返済について

急に現金が必要になった時活躍するのが、クレジットカードのキャッシングです。
ただ、クレジットカードでお金を借りたはいいものの、どういった方法で返済すればよいのか、分からない方も居るのではないでしょうか?

クレジットカードのキャッシングで借入したお金は、いくつかの方法で返済することができます。
もし、クレジットカードで借りたお金の返済方法を1つしか知らなかった場合、損をしてしまうかもしれません。

これは、クレジットカードで借りたお金を返す方法には、手数料を抑えられるおすすめの返し方があるからです。

そこで今回は、クレジットカードのキャッシングで借り入れたお金を返済する方法について解説。
おすすめの返済方法から、クレジットカードのキャッシングを利用した際に掛かる手数料についても紹介します。

これからクレジットカードのキャッシングを利用する、もしくはすでに利用した方で返済方法が分からないという方は、ぜひ参考にしてみてください!

支払い方法について紹介!引き落とし or コンビニ払いが主流

画像: 支払い方法について

キャッシングで借りたお金は、クレジットカードの利用額を支払うのと同じタイミングで返済します。

ほとんどのクレジットカードは、今月利用した分が来月の返済日に口座から引き落とされるようになっています。
キャッシングでお金を借りた場合は、この引き落とし日(返済日)に合わせて返せばOK
クレジットカードの利用分+キャッシング利用分(手数料込)」を、引き落とし口座に入金しておけば大丈夫です。

ちなみに、キャッシング利用分は引き落としの他に、クレジットカード会社の店頭窓口などで支払うことも可能。
もちろん、クレジットカードによって引き落とし以外の方法で返せるかは異なるので、1度チェックしておくことをおすすめします。

それでは、クレジットカードのキャッシング利用分を返済する方法について、詳しく紹介します。

一括払い

画像: 一括払い

まず、クレジットカードのキャッシング利用分を返済する方法として紹介するのが、「一括払い」です。

この返済方法は、クレジットカードのキャッシングで借りた全額を1回で返すというもの。
最も一般的な方法であり、キャッシングの手数料を比較的抑えられることから、おすすめの返し方です。

基本的には、少額のキャッシングを利用した場合、この一括払いによって返すことが多くなります。
そのため、クレジットカードでキャッシングを利用したら、一括払いが基本になるということを覚えておきましょう。

リボ払い

画像: リボ払いについて

クレジットカードでキャッシングを利用する方の中には、返済金額を抑えたい方も居ることでしょう。
そんな方は、「リボ払い」による返済を検討してみてはいかがでしょうか?

リボ払いとは、あらかじめ返済する金額を設定して、その金額を毎月返す返済方法のこと。
例えば、クレジットカードで10万円を借りて、毎月1万円ずつ返すリボ払いを利用したとします。
この場合、10万円を10回に分割することになるので、約10ヵ月かけてキャッシング利用分を返すことになります。

ただ、キャッシング利用分をリボ払いで返す場合は、手数料が多く掛かる点に注意しなければいけません。
これは、キャッシング利用分を全額返済するまでの期間(利用期間)が長くなるため。
キャッシングの利用期間が長くなるということは、それだけ手数料を払わなければいけないということです。

ちなみに、リボ払いを利用した方の中には、手数料が膨れ上がってしまい自己破産した方も居ます。
自己破産せずとも、手数料が高いために、いくら返済してもキャッシング利用分(元金)がなかなか減らないといったこともあるでしょう。
リボ払いは、返済計画をしっかりと立てて利用しなければ、非常に危険な支払い方法です。

なので、クレジットカードでキャッシングを利用する場合は、できる限り一括払いで返済することをおすすめします。

クレジットカードによっては、キャッシング利用分をリボ払いで返済できないものも存在します。
そのため、入会を検討している or 所持しているクレジットカードがリボ払いによる返済に対応しているか、確認しておくことをおすすめします。

手数料はいくら掛かるの?

画像: 手数料について

クレジットカードでキャッシングを利用する場合、手数料を支払わなければいけません。

キャッシング手数料は、借りる金額や実質年率(※)、または返済までの期間(利用期間)によって変動。
※ 実質年率とは、借入額に掛けられる年間の利息のこと。
以下の計算式からも分かる通り、手数料を減らすなら、「借入額を少なく・返済までの期間を短く」することが大切です。

  • 借入額×実質年率÷365日×利用日数

実質年率は法律で定められているということもあり、クレジットカードによってそこまで大きく変わるわけではありません。
基本的には、18%程度の実質年率を設定しているものが多いです。

それでは実際に、クレジットカードでキャッシングを利用した場合の手数料を計算してみましょう。
今回は以下の条件のもと、返済までの期間によってどれほど手数料が変わるのかも紹介します。

  • 条件1
    • キャッシングで借りた金額: 10万円
    • 実質年率: 18%
    • 返済するまでの期間3日
  • 条件2
    • キャッシングで借りた金額: 10万円
    • 実質年率: 18%
    • 返済するまでの期間30日

そして、上記条件のもと、公式に当てはめて計算した結果が以下の通りです。

  • 条件1
    • 10万円×18%÷365日×3日 = 148円
  • 条件2
    • 10万円×18%÷365日×30日 = 1479円
  • 結果
    • 1,479円-148円 = 1,331円の違い!

上記の通り、返済までの期間でこれほどまでに手数料は変わります。
もし、借入額が10万円以上だった場合、上記の差というのはより大きくなってしまいます。

なので、クレジットカードでキャッシングを利用する際は、できる限り早めの返済を心がけましょう!

「繰り上げ返済」で手数料を抑えることが可能!

画像: 繰上げ返済について

上述した通り、クレジットカードでキャッシングを利用するなら、手数料を抑えるために早めの返済が大切です。

ただ、キャッシング利用分の返済を試みたとしても、引き落とし日は固定されています。
そのため、場合によっては、キャッシング利用日から最高30日も返すまでに期間を要してしまうかもしれません。

しかし、クレジットカードには、「繰り上げ返済」という返済方法が存在。
この繰上げ返済を活用することにより、クレジットカードのキャッシング手数料を抑えることができます!

繰上げ返済とは、クレジットカードの利用額が引き落とされる日を待たずに、前もって利用額を支払う返済方法のこと。
もちろん、クレジットカードの利用額だけでなく、キャッシング利用分も繰り上げ返済によって支払うことができます。

繰上げ返済を活用すれば、今日キャッシングした利用分を、明日返すことも可能。
キャッシングに掛かる手数料を最小限に抑えられるため、返済方法として最もおすすめになります!

ちなみに、繰り上げ返済はコンビニATMから行える他、各クレジットカード会社のカウンターからも行えます。
手軽に活用できる返済方法になるので、手数料を抑えたい方は、ぜひ繰り上げ返済を試してみてください!

クレジットカードによっては、繰り上げ返済ができないものも存在します。
なので、繰り上げ返済が行えるか、1度クレジットカード会社に確認しておくようにしましょう。

キャッシングができるおすすめクレジットカード!

画像: キャッシングができるおすすめのクレジットカードについて

キャッシングの返済方法は、以上です!
手数料の計算方法から、返済期間は短い方が良いことが分かっていただけたかと思います。

また返済期間だけでなく、実質年率の低いクレジットカード選びも大切です。

実質年率は約18%のクレジットカードが多いですが、条件次第で約15%になるものも存在。
キャッシングの返済額を抑えたければ、クレジットカードの実質年率も比較してみましょう!

もしキャッシングを利用できるクレジットカードをお探しの方が居ましたら、下記をご覧ください。

下記では、キャッシング機能の優秀なクレジットカードを比較し、おすすめを厳選。
比較結果からおすすめクレジットカードのランキングを用意しているので、ぜひ参考にしてみてください!

キャッシング比較ランキング

タイトルとURLをコピーしました