クレジットカードキャッシングの手数料はいくら?負担額の計算方法

クレジットカードのキャッシング手数料について紹介!
01

画像: クレジットカードのキャッシング手数料について

急な現金調達も可能なクレジットカードのキャッシングサービス。
便利なクレジットカードのサービスである反面、返済時に利息がいくらになるのか心配な方も多いのでは?

クレジットカードのキャッシング手数料は、いくつかの要素をもとに算出されています。
その要素について知ることにより、クレジットカードでお金を借りる際の手数料を計算することが可能
クレジットカードでお金を借りる前に、いくら利息が掛かるか調べておけば、多少なりとも不安感は取り除けることでしょう!

そこで今回は、クレジットカードのキャッシング手数料について紹介。
計算方法を始め、海外にてクレジットカードでお金を借りる場合の注意点についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

クレジットカードのキャッシングに関する用語を紹介!
02

画像: クレジットカードのキャッシングに関する用語について

クレジットカードのキャッシング手数料を計算する方法について紹介する前に、まずは重要な用語について紹介します。

これから紹介する2つの用語を覚えておけば、よりキャッシング手数料への理解が深まることでしょう。

借入額

画像: 借入額

まず、キャッシング手数料を計算する上で大切な用語として紹介するのが、「借入額」です。

借入額とは、ローンやキャッシングで借り入れた金額のこと。
他には、「キャッシング利用額」や「借入金額」とも呼ばれています。

少し難しい用語のように感じますが、クレジットカードのキャッシングで借りたお金と認識しておけば大丈夫です。
借入額はこれから紹介する手数料の計算方法に出てくるので、覚えておくようにしましょう。

実質年率

画像: 実質年率

もう1つの重要な用語として紹介するのは、「実質年率」です。

実質年率とは、先ほど紹介した借入額に掛けられる年間の利息のこと。
この実質年率は、以下のように借入額によって上限が定められています。

借入額上限金利
10万円未満20%
10万円以上・100万円未満18%
100万円以上15%

参考サイト:貸金業法のキホン:金融庁

上記の通り、実質年率の上限は20%までと法律で決められています。

しかし、ほとんどのクレジットカードでは、実質年率を上限いっぱいの20%ではなく、18%に設定していることが多いです。
もちろん借入額によっては実質年率が変動する可能性もあるので、クレジットカードのキャッシングを利用する際は確認しておいてください。

クレジットカードによっては、条件次第で実質年率が18%以下になるものが存在。
そういったクレジットカードを持てば、キャッシング手数料を抑えられるのでおすすめです!

手数料の計算方法は実はカンタン!
03

画像: 手数料の計算方法について

クレジットカードでキャッシング手数料を計算する方法は、実は非常に簡単です!
以下の公式に当てはめて計算すれば、クレジットカードのキャッシング手数料を求めることができます。

借入額×実質年率÷365日×利用日数=手数料

それでは実際に、クレジットカードのキャッシングを利用した際の、手数料を計算してみましょう。

例えば、クレジットカードのキャッシングで10万円を借りたとします。
もし、利用日数が30日で実質年率が18%だった場合、キャッシング手数料は以下の通りです。

10万円×18%÷365日×30日 = 1,479.45円

上記の通り、実質年率は「年率」なので、日割りにするため365日で割らなければいけません。
その上で利用日数を掛けることにより、キャッシング手数料を求めることができます!

このように、クレジットカードのキャッシング手数料を計算する方法は、1つ1つの要素の意味と理由を知れば非常に簡単。
クレジットカードでキャッシングを利用しようと考えている方は、上記の計算方法をぜひ参考にしてみてください!

ちなみに、クレジットカードのキャッシング手数料は、上記計算式からも分かる通り、「借入額」・「利用日数」によって大きく変わります。
借入額が多く利用日数が長ければ、その分キャッシング手数料は高くなるので注意してください。

ATM手数料について
04

画像: ATM手数料について

クレジットカードでキャッシングを利用する場合、上記で紹介したものの他にもう1つ手数料が掛かります。
それが、キャッシング利用時の「ATM手数料」です。

クレジットカードのキャッシングは、基本的にコンビニATMなどで行います。
ATMを利用するということは、当然ながらATM手数料が必要。
クレジットカードのキャッシング利用時に掛かる手数料になるので、覚えておきましょう。

ただ、手数料が掛かると言っても、ATM利用時に必要なお金は100円~200円程度です。
上記の手数料と比較して大きな金額にはならないため、そこまで注意する必要はありません。

ちなみに、クレジットカードの中には、キャッシング利用時にATM手数料が掛からないものも存在。
そういったクレジットカードでキャッシングを利用すれば、ATM手数料を気にしなくて良いのでおすすめです!

海外でのキャッシング利用時はレート換算が必要
05

海外でのキャッシング利用について

クレジットカードのキャッシングは、海外でも行えます!
その際のキャッシング手数料は基本的に同じですが、借入額をレート換算しなければいけない点には注意してください。

というのも、海外でキャッシングをすると、引き下ろすのは現地通貨になるため。
もちろん、キャッシング利用分は日本円での返済になるので、現地通貨を日本円のレートに換える必要があります。

このレートは、クレジットカードでキャッシングを利用した日が基準になるわけではありません。
正確には、クレジットカードの国際ブランドに、キャッシング利用に関するデータが届いた時点のレートです。

そのレートを把握するのは非常に難しいので、海外にてクレジットカードでキャッシングをしたら、必ず利用明細を確認するようにしましょう!

実質年率が低いクレジットカードはこちら!
06

画像: 実質年率が低いクレジットカードについて

今回は、クレジットカードでキャッシングを利用した際の手数料について紹介しました。
また、海外でのキャッシング利用時に注意すべきことも分かったと思います。

きっと、手数料の計算方法を知ることにより、実質年率が低いクレジットカードはないものかと思った方もいるのではないでしょうか?

そんな方にお伝えしたいのが、クレジットカードの中には、状況によって実質年率が18%以下になるものも存在するということ。
実質年率が低いクレジットカードを手にすれば、その分キャッシングの手数料を抑えることができます!

もし、キャッシング機能に魅力があるクレジットカードを探している方が居れば、当サイトの「キャッシングランキング」を参考にしてみてください。

このランキングでは、実質年率を始め、その他キャッシング機能に魅力があるクレジットカードを徹底比較。
比較結果をもとに作成したランキングになるので、キャッシング手数料を抑えられるクレジットカードに出会えるはずです!

キャッシングランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました