クレジットカードに記載されているカード番号の意味について解説!

クレジットカードの各種カード番号は何を表している?

画像: クレジットカードのカード番号について

クレジットカードをこれから手に入れる、もしくはすでに所持している方の中には、様々な疑問を持っている方がいると思います。
特に、クレジットカードに記載されているカード番号は、一体どんな意味を持っているのか気になる方もいるのではないでしょうか?

クレジットカードに印字されている各カード番号には、もちろん意味があります。

例えば、クレジットカード利用者を識別する役割を持っていたり、カード自体の有効期限を表していたりと様々。
クレジットカードに書かれている各種カード番号の意味を知っておけば、もしかすると不正利用などのトラブルを未然に防げるかもしれません!

そこで今回は、クレジットカードに記載されている各カード番号の意味について解説。
クレジットカードに関係する計4種類の番号について紹介します。

また、クレジットカードのカード番号が流出することにより、起こりうるトラブルについても紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

4種類のカード番号とそれぞれの意味について解説!

クレジットカードには、表面・裏面に計3種類のカード番号が印字されています。

計3種類のカード番号に加え、クレジットカードを利用するにあたり、もう1つ大切な番号が存在。
ここでは、クレジットカード自体に記載されているカード番号3種類と、もう1つある大切な番号について紹介します。

14~16桁のカード番号

画像: 14~16桁のカード番号について

クレジットカードで最も目立つ位置に印字されているのが、16桁のカード番号になります。
きっと、この16桁のカード番号について気になっている方が多いのではないでしょうか?

この16桁のカード番号が持つ意味は、以下の通り。

カード番号概要
1桁目主要産業識別に必要な番号。発行会社の業態が分かるようになっている。
先頭6桁クレジットカードの種類を表している。
7桁目以降クレジットカード会員ごとに割り振られた識別番号。会員の口座番号などを表している。

上記の通り、1桁目は「発行会社の業態」、先頭6桁は「カードの種類」、7桁目以降は「会員の識別番号」を表しています。
このように、ただ適当にカード番号が決められているのではなく、桁によって意味が異なります。

そんなカード番号は、国際ブランドによって桁数が様々。
以下のように、国際ブランドによって、カード番号の桁数が違ってくるので注意してください。

  • 16桁…VISA / Mastercard / JCB
  • 15桁…American Express(Amex)
  • 14桁…Diners Club

主要な国際ブランドである「VISA・Mastercard・JCB」は16桁のカード番号を採用していますが、「Amex・Diners club」は桁数が異なります。
Amexは15桁、Diners Clubは14桁のカード番号となっているので、覚えておきましょう。

ちなみに、通販サイトなどでクレジットカードを利用する際、16桁のカード番号を求められることがあります。
この場合、AmexやDiners clubのクレジットカードを所持している方は、どうすれば良いのか気になると思います。

基本的には、これらのクレジットカードに記載されているカード番号を、そのまま入力すればOKです。
16桁のカード番号を求められたとしても、AmexやDiners Clubのクレジットカードが利用できない訳ではないので安心してください。

有効期限

画像: 有効期限

上記の他に、クレジットカードの表面には、「○○/△△」といった「2桁×2桁」の数字間に斜線が入ったカード番号があります。
このカード番号が指すのは、クレジットカードの有効期限です。

有効期限のカード番号は「月/年」で、年は西暦で表されています。
例えば、「05/23」と記されていたとすると、有効期限は2023年5月ということです。

有効期限のカード番号は、非常に大切。
このカード番号の見方を知らないと、有効期限が切れていることに気付かず、利用できないと慌ててしまう原因にもなりかねません。

そのため、クレジットカードに印字された有効期限の見方に関しては、しっかりと覚えておくようにしましょう。

セキュリティコード

画像: セキュリティーコードについて

クレジットカードは、表面だけではなく裏面にも重要なカード番号が記されています。
そのカード番号は、裏面にある署名欄近くに存在。
それが、クレジットカードのセキュリティーコードです。

セキュリティーコードとは、ネットショッピングを利用する際に、不正利用などを防ぐ目的で導入されている安全対策のこと。
通販サイトで買い物をする際に、必ず求められるのがこのセキュリティーコードになります。

ちなみに、クレジットカードによっては、署名欄近くに2桁だったり7桁だったりの番号が記載されていることがあります。
もし、7桁の数字が印字されていた場合は、下3桁がセキュリティコードになるので注意してください。

暗証番号

画像: 暗証番号について

クレジットカードに直接印字はされていないものの、「暗証番号」も重要なカード番号の1つです。

クレジットカードにおける暗証番号とは、カード利用時に署名の代わりとして使える本人認証の番号のこと。
要は、「クレジットカード所持者本人であるか」・「会計内容に問題はないか」といったことに同意する際に使うカード番号のことです。

クレジットカード利用時の様々な証明として使うことになるので、暗証番号を覚えておくことは非常に大切になります。

クレジットカードの暗証番号は、入会時に決めることになります。
忘れる方が意外と多いので、クレジットカード入会時に設定した暗証番号は、必ずメモしておくようにしましょう。

クレジットカードの不正利用に要注意!

画像: クレジットカードの不正利用について

クレジットカードに記されたカード番号は非常に大切。
それぞれの意味を知ったことで、カード番号を他人に漏らすのがいかに危険か分かったことでしょう。

それでは、万が一カード番号が流出した場合、どういったトラブルが起きるのでしょうか?
結論から言うと、最も起きる危険性が高いのは、「クレジットカードの不正利用」になります。
というのも、カード番号さえ分かれば、ネットショッピングなどで不正に買い物ができてしまうからです。

ネットショッピングでは、会計時にクレジットカードのカード番号を入力するだけで支払うことが可能。
16桁のカード番号や有効期限、セキュリティコードを打ち込めば買い物ができてしまいます。

もし、クレジットカードを紛失したり、カード番号を他人に教えたりすると、ネットショッピングなどで不正利用されるかもしれません。
特に、カード番号を他人に教えたことで不正利用された場合は、被害に対する補償が受けられない可能性もあるので注意が必要です。

そのため、不正利用を防ぎつつ、しっかりと補償を受けるためにも、絶対にカード番号は他人に教えないようにしましょう。

最近では、SNSに写真をアップしたことにより、カード番号が流出してしまうといったトラブルが頻発しているようです。
こういった場合も、もちろん不正利用に対する補償は受けられないので、SNSにクレジットカードの写真を上げるのは絶対にやめましょう!

カード情報を安易に教えないことが大切!

画像:

今回は、クレジットカードに記載されているカード番号の意味や見方について解説しました。
また、クレジットカードのカード番号が漏れた場合、どんなトラブルが起きるのかもわかったことでしょう。

とはいえ、クレジットカードというのは、トラブルが起きないよう慎重&大切に使えば非常に便利なツールです。
もちろん、様々な危険性に対処する必要はありますが、基本的にクレジットカードの利用にはメリットしかありません。

もし、まだクレジットカードを所持していない方が居れば、下記のページを参考にしてみてください。

このページでは、当サイトが厳選したおすすめのクレジットカードばかりを紹介。
素晴らしい性能を持つクレジットカードをおすすめ順に紹介しているので、きっとあなたにぴったりな1枚が見つかると思います!

おすすめのクレジットカードはこちら

タイトルとURLをコピーしました