発行会社とカードブランドの違い|クレジットカードの仕組み解説

クレジットカードに紐づく発行会社とブランドの違いとは

クレジットカードの券面を見てみると、「発行元:○○株式会社」や「VISA」あるいは「MasterCard」と書かれているマーク等が確認できると思います。
2つの表記はクレジットカードによって異なっており、この違いについて気になったことがある人も多いのでは?

これらはクレジットカードの「発行会社」と「国際ブランド」の2種類に分けることができます。
クレジットカードは一つの会社だけが作ることで出来るものではなく、クレジットカードの発行会社が支払いの仕組みを提供している国際ブランドを提携して成り立ちます。

ここでは、クレジットカードの利用価値を大きく左右する発行会社とブランドの違いについて解説します。

ずばり何が違うの?

画像:クレジットカードのブランドと発行会社の違い①

発行会社と国際ブランドは、そもそも管理している会社が別々となっておりそれぞれ役割分担をして、クレジットカードを利用者が使えるようにしています。

ざっくり簡単に言うと、発行会社は「顧客サービスを提供する会社」、国際ブランドは「決済サービスを提供する会社」です。
それぞれの役割や具体的な発行会社について見て行きましょう。

カード発行会社とは

カード発行会社とは、名前の通りクレジットカードの発行を行う会社です。
役割としては、クレジットカード発行に際しての審査や発行・発送作業、カード特典の提供、請求書送付などを主に行います。

発行会社には三井住友VISAカード、オリコカード、クレディセゾンなどが存在し、聞き馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

カード発行会社から発行されるクレジットカードには、発行会社自身が発行するプロパーカードと他社と提携して発行する提携カードがあります。

国際ブランドとは

クレジットカードの申し込み時に、一つのクレジットカードで「VISA/MasterCard/JCBから選べます」などといった項目を見たことはありませんか?
ここで選べるものが、国際ブランドです。

国際ブランドは、クレジットカードが世界中で利用可能になるよう、決済サービスを提供する会社です。
世界的なシェアを「VISA/MasterCard/JCB/AmericanExpress」という4つの国際ブランドが占めており、これらは総称して世界4大ブランドと呼ばれています。

店舗はクレジットカード決済の導入時に加盟するブランドが選べるため、店舗ごとに利用可能な国際ブランドが違うことがあります。
たとえば、クレジットカードを利用したい店舗がJCBに加盟していなかった場合、国際ブランドがJCBのクレジットカードは使えないことになります。

今では4大ブランドであれば大抵の店舗では決済ができるようになってきましたが、時折使えないこともあるため利用用途に合わせてブランドを選ぶことがおすすめです。

たとえば日本の国際ブランド兼発行会社であるJCBは、日本国内ではほぼどこでも利用可能ではあるものの、海外に行くと他のブランドに比べて利用できる店舗が少ないという特徴があります。
海外よりも国内での利用が多い方には、ブランドとしてJCBが最適です。

これも知っておきたい!加盟店管理会社について

画像:クレジットカードのブランドと発行会社の違い②

またクレジットカードを利用可能にしている会社としてもうひとつ、加盟店管理会社というものがあります。
この会社は業界ではアクワイアラーと呼ばれており、国際ブランドの加盟店の管理と統括を行っている契約管理会社となります。

カード発行会社と加盟店管理会社は、海外では別会社であることがほとんどなのですが、日本では両者を同じ会社で担っていることが多いです。
たとえば上部でご紹介した三井住友VISAカードや、三菱UFJニコスカードという会社などが挙げられます。

日本でクレジットカードを使う場合は、発行会社と国際ブランドの違いさえわかっていれば問題ありません。

日本のJCBはすべてを兼ね備えた会社

画像:クレジットカードのブランドと発行会社の違い③

特殊なパターンとしてあげられるのが、日本のJCB株式会社です。
JCBは発行会社と国際ブランド、加盟店管理会社のすべてを担っている日本発の会社。

JCBカードのマークのほとんどがJCBになっているのは、発行会社も国際ブランドも担っているからなのです

クレジットカードは発行元で選ぼう

画像:クレジットカードのブランドと発行会社の違い③

クレジットカードは、カードの発行会社を基準にして選ぶのがおすすめです。
なぜならカードの付帯サービスや、ポイント制度、支払い制度など利用に関する特典事項は発行会社によって変わるからです。

なるべくクレジットカードをお得に利用したいという人は、サービス面で比較できる発行会社ごとに見ていきましょう。
また海外利用が多い、日本での利用が多いなど利用場所に合わせて選ぶ場合は、加盟店の差が出るため国際ブランドを基準にして選ぶといいです。

当サイトではあらゆるニーズに合わせてクレジットカードをご紹介していますので、参考にぜひご覧ください。

クレジットカード比較情報