ApplePayに対応した法人カードを紹介!意外と知らない注意点も

ApplePayに対応した法人カードってあるの?

ApplePayに対応した法人カードってあるの?

法人カードでApplePayが利用できれば、ネットショッピングなどをよりスムーズに行えます。
なので、ApplePay機能が付帯した法人カードはないものかと探している方も居るのではないでしょうか?

結論として法人カードの中には、ApplePayを決済方法に設定できるものもあります。
また、法人カードに付帯するApplePayでも、「財布いらずの決済ができる」・「少額決済に使える」・「セキュリティが万全」などの恩恵を受けられます。

「うっかり法人カードを持ってきていなかった…」といった状況で使えるもしもの時の決済手段としてもおすすめのApplePay。
今回は、この便利な端末決済サービス付帯の法人カードを導入するメリットをお話しするとともに、おすすめの1枚も紹介します。

どういったメリットが生まれるの?

早速、法人カードとApplePayに登録した場合のメリットについて紹介していきます。

色んな場所で使えて便利!さらに手間いらず!

色んな場所で使えて便利!さらに手間いらず

法人カードを利用する場合、経費とはいえ少額の支払いのためにサイン暗証番号の入力をするのは、少し面倒だと思ってしまいがち。
後の精算や領収書の管理が手間に感じることも相まって、「少額だしいいか」と自腹を切って現金で支払う方もいると聞きます。

しかし、ApplePayに対応した法人カードがあれば、ストレスフリーにらくらく決済ができてしまいます!

ApplePayはアプリ内やWeb上だけでなく、コンビニや自動販売機など様々な場所で利用可能。
普段から使うことの多い場所でも、携帯端末を専用の機械にかざすだけで精算ができるので、法人カードと違いサイン暗証番号の入力をせずに済みます!

また、WEB上でお買い物をする場合、Apple製品の規定ブラウザである「safari」を使って購入すると、ApplePayで素早く精算することができます。
ApplePayで精算する場合には、既に登録している情報を送信するため、追加で個人情報を入力する手間がかかりません。

そして、ApplePayの大きな魅力とも言えるのが、Suicaへのチャージが行えること。
参照:Apple Pay ここまで便利な払い方を、ここまで多くの場所で。

自動券売機に並ぶことなく、携帯端末から法人カードの精算としてチャージできるため、乗車前の時間ロスを軽減できます。

ちなみに、ApplePayでの精算で使った場合でもポイントを貯めることが可能。
さらに、ApplePayで決済するという選択肢ができるため、対応店舗も増えて今まで以上に法人カードのポイントを貯めることも期待できることでしょう!

携帯端末1つでOK!セキュリティも万全

携帯端末1つでOK!セキュリティも万全

法人カードを無くしてしまったり、盗まれてしまったりすると、気付かぬ間に大きな被害が出る可能性もあります。
なぜなら、法人カードは署名さえ間違っていなければ、支払いをされる側は疑いなく精算をしてしまうからです。

また、ネット上の買い物であれば法人カードに記載されている情報を打ち込むだけで決済ができてしまいます。
誰かの手に渡るだけでいとも簡単に不正利用をされてしまうので、紛失した場合はすぐに利用停止処理を行う必要があります。

しかし、ApplePayに法人カードの情報を入れておけばそんな心配もありません

ApplePayでは法人カードの情報を登録することが可能なので、法人カードを常に持ち歩く必要がなくなり、紛失や盗難のリスクが減ります

そこで、法人カードの情報が入った携帯端末を無くしてしまったら同じことではないのか?と思った方もいるのではないでしょうか?

実は、ApplePayで精算をするには指紋認証や顔認証が必要となっています
そのため、携帯端末を拾った人が不正利用を試みても、その方の指紋や顔は登録されていないので精算できません
そもそも現代は、携帯端末自体にロックをかけることが当たり前なので、ロック自体を外すことも不可能に近いでしょう。

さらに、あらかじめ携帯端末にGPS機能を付けておくことで、無くした場合でもどこにあるのかまでわかります。

このように、ApplePay対応の法人カードを導入すれば、素晴らしいメリットがあるのです!

VISAではApplePayのネット決済ができない!

VISAではApplePayのネット決済ができない

ApplePayには素晴らしいメリットがたくさんあるのですが、注意しなければならないことがあります。
それは、国際ブランドがVISAの場合、ApplePayでのネット決済ができないということです。

これによる最大のデメリットは、さきほど紹介したSuicaへのチャージができなくなること。
そのため、国際ブランドがVISAである法人カードでは、ApplePayの魅力を最大限引き出せなくなってしまいます。

ですから、ApplePayを利用したい方は、法人カードの国際ブランド選択には注意するようにしましょう。

とはいえ、コンビニや自動販売機であれば、VISAカードを登録しているApplePayが利用できるので、それでも構わないという方であれば問題ないかと思います。

おすすめの法人カードはオリコExGold

おすすめの法人カードはオリコExGold

それでは最後に、ApplePay対応のおすすめ法人カードを紹介します。
その法人カードとは、「オリコExGold」です!

この法人カードは、ApplePayに対応していることはもちろん、多彩なサービスが用意されています。

特に、ユーザーを魅了させるのは、ポイントの貯めやすさ!
ポイント還元率が常時0.6%以上に加え、年間で200万円以上の利用で1.1%までアップします。
ポイント還元率が1.0%を超える法人カードは高還元率と言われることを考えると、オリコExGoldの凄さが伝わりやすいかと思います。

また、この法人カードの国際ブランドをMastercardにすると利用できる「招待日和」というサービスも魅力的。
これは、日本各地のレストランを予約でき、2人以上の予約では1人分の料理が無料になるというとてもお得なサービスです。

ApplePayを使う方であればVISA以外を選ばれると思うので、この法人カードはとても相性がぴったりです!

これだけのサービスがありながら、年会費が2,000円と格安価格。
良い意味で年会費とサービスが比例していない素晴らしい法人カードです!

このオリコExGoldには、当ページでは明かしきれないサービスがまだ秘められています
もし、この法人カードのさらに詳しい情報を知りたくなったなら、ぜひ詳細ページも見てみてください!

オリコExGoldの詳細はこちら

用途別に法人カードを探す

タイトルとURLをコピーしました