法人カードの暗証番号を確認する方法【ロックされたときの対処も解説】

法人カードの暗証番号を忘れたときの対処を解説!

レジで法人カードを使うとき、暗証番号を求められることがあります。
この暗証番号、もしも忘れるようなことがあれば照会できるのでしょうか?

結論をいえば、法人カードの暗証番号は問い合わせれば確認が可能。
仮に曖昧の状態で法人カードを使うとロックされるかも知れないので、使用は控え照会するべきです!

今回は、法人カードの暗証番号を確認する方法、またロックが掛かったときの対応など解説します。

照会方法は「ネット」か「電話」から!

暗証番号を確認する方法は、とても簡単です!
確認方法は法人カードにもよりますが、基本的には以下の手段で照会できます。

  • ネットから手続きを行う方法
  • 発行会社に電話で尋ねる方法

ネットの場合、公式サイトに会員専用ページがあると思うので、そちらで必要事項を打ち込み、手続きを済ませるだけでOK。

電話の場合、法人カードの券面裏にある電話番号に連絡をして、後は音声の指示に進めれば暗証番号を照会できます。

照会方法は上記の通りなので、非常に簡単です。
ただ、暗証番号が郵送されるまで1~2週間は掛かるので、その点は注意しましょう。

後述しますが、暗証番号の入力ミスによりロックされた法人カードは、以降の使用ができません。
そのため、レジ前で暗証番号を忘れたときは、別の方法で決済を進めるか、その買い物自体を注意しましょう。

ロックされると再発行するしかありません

ロックの掛かった法人カードは、二度と使えません!

暗証番号を何度か間違えると、法人カードにロックが掛かります。
このロックですが、1度掛かると基本的には解除できない仕様です。

仮に暗証番号の入力ミスでロックされた場合、法人カードを再発行しないといけません。
再発行するとなると、手元に届くまで数週間を要する他、カード情報が変わることから色々な変更もしなくてはならないので注意しましょう。

ちなみに、暗証番号を間違えた回数が何回に達するとロックが掛かるかは、法人カード次第。
ただ、そもそもが悪用を防ぐためのセキュリティシステムなので、3回以上の入力ミスはアウトと思って利用するのが良いでしょう。

再発行が必要なケースは「暗証番号の入力ミス」によるロックのときです。
他の理由によりロックの掛かった法人カードは、発行会社に連絡すれば解除されることでしょう。

不正利用の補償がされないので注意!

1枚の法人カードを使い回すような行為は、非常に危険。
というのも、暗証番号を入力されたうえでの悪用は補償を受けられないからです!

法人カードを使い回すようなことをしていると、不特定多数の人が法人カードを悪用できる状態ですし、仮に悪用されたとき誰がしたのか分かりません。

そもそも、法人カードの使い回しは利用規約で禁止されているので、法人カードを使い回すのは止めましょう。

暗証番号は変更することができる!

法人カードの暗証番号を忘れるなら、変更するのもおすすめ!
会員専用ページなどから変更できるので、公式サイトを覗いてみると良いでしょう。

もしも暗証番号を変更するときは、以下の点に注意してください。

  • 誕生日など関連性のある羅列にしない。
  • 「0000」や「0123」など規則性のある羅列にしない。
  • その他、第三者が思いつく羅列にしない。

「第三者が思いつく数字の羅列」とは、例えば電話番号の下4桁などです。
こうした羅列を暗証番号に採用した場合、悪用される可能性がグッと高まります。

上述したように、暗証番号を入力されたうえでの不正利用では、補償を受けられません。
そのため、法人カードの暗証番号を変えるときは、上記の3点には必ず気をつけましょう!

予備の法人カードがあると安心です!

法人カードの暗証番号について抑えておくべきは、以下の4つです!

  • 暗証番号は「ネット」か「電話」で確認できるが1週間ほど掛かる。
  • ロックされた法人カードは解除できず再発行するしかない。
  • 暗証番号を入力のうえで悪用されると補償が利かない。
  • 法人カードの暗証番号は変えることができる。

暗証番号の取り扱いは、本当に注意しないといけません。
法人カードを発行したときに貰うであろう「暗証番号通知書」は、紛失しないようにしましょう。

また、こうしたトラブルに遭ったとき、予備の法人カードがあると安心です。
2枚目に発行すべき法人カード」もしくは以下の記事から法人カードを選んでみてはいかがですか?

おすすめの法人カードを見る

タイトルとURLをコピーしました