クレジットカードの審査を通るために必要な「年収額」はいくら?

年収に自信がなくてもクレジットカードは作れるの?

画像: クレジットカードの年収について

年収に自信のない方や収入が0円の方も、クレジットカードは作れるのか解説します。

低収入や無職といった収入に不安のある方は、自分がクレジットカードを作れるのか疑問ですよね。

クレジットカードを作るときに必ず行われる審査では、基本的に年収の確認が行われます。
ここで0円や低い数字を答えなければならないとなると、クレジットカードの審査に不安を覚えることでしょう。

しかし、安心してください。
実は、クレジットカードの審査では、「年収」が及ぼす影響はそこまで高くありません

そんな審査で確認される年収について、今回は解説します。
また、クレジットカードのランク毎に必要な年収も紹介するので、気になる方はぜひご覧ください!

発行会社は申請者の年収を正確には調べられない

画像: 年収を正確に調べることは不可能

クレジットカードを申し込む際、申請者は年収を発行会社に申告します。
そしてこの年収ですが、実際に申告された数字が本当なのかを、発行会社は正確に調べることができません。

仮に年収300万円の方が、800万円と嘘の申告をしたとします。
この場合、クレジットカードの発行会社は申請者の収入を正確に調べられないので、年収800万円として審査されます

では、年収を偽って申請するのは有りなのかというと、もちろんそんなことを行ってはいけません。
正確に調べられないと言っても、申請者の年収をある程度推測することは可能です。

もし虚偽の申告をしてしまうと、審査に通過できないどころか、信用できない顧客として名前が広がる恐れがあるので注意してください。

自信がなくても本当の収入額を申告しよう

画像: 本当の金額を申告しよう

クレジットカードの発行会社は、以下のことから申請者の年収をだいたいは推測できます。

  • 勤めている企業名
  • 勤めている職種
  • 勤続年数
  • 年齢

例えば、勤務年数1年という20代のサラリーマンであれば、基本的に年収は300万円程度。
それなのに、年収1,000万と申告しても嘘がバレるのは時間の問題です。

上記の他にも、すでにクレジットカードを利用している方であれば、利用履歴などを見ることで年収を推測できます。
発行会社には利用者のデータが保存されているので、そこからの統計データにより年収の嘘がバレてしまう可能性が高いです。

また、クレジットカードの審査では、「在籍確認」が行われることもあります。
申告した内容に違和感があると、こうした確認が行われるので、年収を始め嘘の申告は止めましょう。

在籍確認とは、申告した勤務先などに「本当に勤めているか」といった確認をすることです。
在籍確認で年収について聞かれることはあまりありませんが、確認される可能性は十分にあります。
なので、決して年収に関する虚偽の申告をしないようにしてください。

嘘の申告は後々が怖い

画像: 嘘の申告は後々が怖い

嘘の申告がバレた場合、ほぼ確実にクレジットカードの審査に落ちます。

そもそも、クレジットカードとは発行会社が利用額を立て替えてくれる決済ツール。
なので、利用者と発行会社の間に「信用」がなくては、クレジットカード決済というのは成り立ちません。

それなのに、発行会社に嘘の年収を教えたとなれば、当然信用できないと判断され審査は落ちることでしょう。
虚偽の年収申告で審査落ち程度に止まれば良いですが、悪質極まりないと判断されれば、詐欺として訴えられる可能性があることは覚えておきましょう。

収入0円でもクレジットカードの審査は通るの?

画像: 年収0円の方のクレジットカード審査について

クレジットカードの発行では、必ず審査が行われます。

この審査では、自身の正確な年収を申告することになります。
ただ、申告された年収の額だけで審査の可否が判断されることは基本的にないので、安心してください。

もちろん、年収が審査に絶対影響しない訳ではありません。
それこそ、高ランクのクレジットカードに申請すれば、年収が審査に大きな影響を及ぼすことはあるでしょう。

しかし上述した通り、申請時に伝えた年収というのは、合っているのか正確に調べることが不可能。
なので、クレジットカードの発行会社は、申請者の年収だけで審査の可否を判断することはないという訳です。

それに、年収が0円の方でもクレジットカードは作れます。

例えば、専業主婦で年収が0円の方でも、配偶者が安定した収入を得ているのであれば持てるクレジットカードもあります。
また、同じく年収0円の学生でも、そういった学生向けに作られているクレジットカードがあるので、そちらを申し込めばOKです。

このように、年収が0円でも作れるクレジットカードはあるので、自分の年収が気になる方はぜひ探してみてください!

各ランクに適した年収とは?

画像: ランクごとに適した年収について

クレジットカードには、大きく分けて4種類のランクがあります。

  • 一般
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ブラック

そして、各ランクを申し込むのに必要だと言われている年収が、以下の通りです。

一般年収0~100万円程度
ゴールド年収300~600万円程度
プラチナ年収600~1,000万円程度
ブラック年収1,000万円程度~

上記の通り、クレジットカードのランクによって、一般的に言われている必要な年収というのは様々。
年収100万円が必要な一般ランクのクレジットカードから、1,000万円以上ないと審査に通れない可能性があるブラックランクまで、その差は非常に広くなっています。

ただ、あくまで上記の表は、「一般的に言われている必要な年収」です。
もちろん、100万円以上の年収がないと、審査に通過できないかもしれない一般ランクのクレジットカードも存在します。

なので、申請するクレジットカードのランクを決める際に、1つの指標として参考にするようにしてください。

収入に自信がない方におすすめの1枚はこれ!

画像: おすすめの1枚について

  • 年会費:永年無料
  • 発行対象:満18歳以上のかた(高校生を除く)
  • 国際ブランド:VISA
  • 安定的な継続収入は必要ないと言われている!
  • 年会費は永年無料!
  • キャッシング機能が魅力的な1枚!

今回、年収に自信がない方におすすめの1枚として紹介するのが、「エポスカード」です。

このクレジットカードは、安定的な継続収入がない方でも申し込めるクレジットカード。
これは、発行対象を確認することにより、なぜ安定的な継続収入がなくても申し込めるのか分かります!

エポスカードの発行対象は、「満18歳以上のかた(高校生を除く)」という非常にシンプルなものになっています。
クレジットカードの中には、この発行対象に「安定的な継続収入が必要」といった旨を記載しているものも存在。

しかし、このクレジットカードの発行対象にはそういった記載がないことから、年収にあまり自信がない方でも所持できる可能性が高いです!

また、年収が低くても所持できる可能性があるだけでなく、年会費が永年無料なところも魅力の1つになります。

年収に自信がない方の中には、出来る限りクレジットカードに掛けるコストを抑えたい方も居ることでしょう。
そんな方にも最適なのが、エポスカードです。
年会費はずっと0円なので、安心して所持し続けることが出来ます!

その他にも、キャッシング機能が魅力的だったり、海外旅行傷害保険が付帯していたりと年会費無料とは思えない性能を誇るエポスカード。
年収にあまり自信がない方は、このクレジットカードへの入会をぜひ検討してみてください!

詳細はこちら

年会費無料のクレジットカードがおすすめ!

画像: 年会費無料のクレジットカードがおすすめ

年収をあまり気にせず作れるのは、年会費無料のクレジットカードです。

基本的に、各クレジットカードには申し込み条件があります。
この申し込み条件が、年会費無料のクレジットカードは「年齢」しかないものが多いので、年収を気にする方でも作りやすいです。

こちらで、おすすめの年会費無料クレジットカードを紹介しているので、年収に不安がある方はぜひ1度見てみてください!

年会費無料ランキング

タイトルとURLをコピーしました