ANA VISA Suicaカードの特徴を紹介!マイル還元や貯まる仕組みを解説

ANA VISA Suicaカード|マイル還元率1%超えも実現するクレカ
01


  • 年会費:2,000円 / 初年度無料 / 条件次第で割引
  • 申請条件:満18歳以上の方 (高校生は除く)
  • ブランド:VISA
  • 高還元のマイル!条件次第で1%超えの還元率実現も…!!?
  • 獲得ポイント数UPの優待サービスが豊富!
  • 貯めたポイントはマイルかSuica残額に移行可能!

マイルを消費して旅行に行きたい方は多いですよね!
そんな方には、格安年会費でマイルを貯められる「ANA VISA Suicaカード」のクレジットカードがおすすめです。

こちらは、年会費2,000円ながらも1.0%以上のマイル還元率を実現できるクレジットカード。
搭乗による獲得だけでなく、普段の買い物からマイルをたくさん得られるので、学生さんでも1年使えば海外旅行に行けるだけのマイルを貯められます!

またマイルだけでなく、ANA VISA Suicaカードには「Suica」の機能も備わっています。
オートチャージ機能を使えばチャージの手間がなくなり、さらにはポイントも貯められ一石二鳥です!

そんなANA VISA Suicaカードは、高校生を除く満18歳以上の方なら誰もが申し込めます。
年齢以外に審査資格がないので、大学生や専門学生の方など、初めての1枚におすすめのクレジットカードです。

3つの機能が1つに集約された、低年会費のクレジットカード「ANA VISA Suicaカード」。
普段からSuicaを利用していたり、日常の決済からマイルを貯めたかったりする方は、ぜひお試しください!

『ANA VISA Suicaカード』の基本性能
02


ANA VISA Suicaカードは、以下3つの機能が1つに集約されたクレジットカードです。

  • クレジットカード機能
  • ANAマイル
  • Suica

上記から分かる通り、このクレジットカードには定期券を備えられません。
通勤や通学で定期券を利用する場合、別途ご用意しなくてはいけないのでご注意ください。

定期券は備えられませんが、「ANA VISA Suicaカード」にはオートチャージ機能が搭載!
Suicaの残額が減ると自動でチャージされるので、改札で止められたり、チャージ中に電車が行ってしまう心配からも解放されます。

またオートチャージをすると、そのときの決済でポイントを貯めることもできます

例えば、1万円分のチャージだと獲得できるのは50ポイント(=50円相当)。
つまりオートチャージを利用すれば、入金額以上のチャージを行えるのです!

そんな便利な「ANA VISA Suicaカード」の基本性能は、以下の通りです。

カード名ANA VISA Suicaカード
券面
発行会社三井住友カード株式会社
(提携1) 全日本空輸
(提携2) 東日本旅客鉄道
発行対象満18歳以上の方 (高校生は除く)
年会費2,000円 (条件次第の割引有)
利用限度額(総枠)10万円~80万円
リボ枠 / 分割枠0円~80万円
キャッシング枠0円~50万円
締結日 / 返済日15日 / 翌月10日
ポイントプログラム名Vポイント
ポイント還元率0.5%
海外旅行保険最高1,000万円
国内旅行傷害保険
ショッピング保険年間100万円まで
(海外利用および国内でのリボ払い・分割払い”3回以上”が対象)
盗難補償
ETCカード作成可能
銀聯カード作成可能

ポイントが貯まりやすくなる優待特典がたくさん!
03


ANA VISA Suicaカードでは、利用金額に応じたポイントを貰うことができます。

そのポイントを貯めることで、ANAマイルに移行できたり、Suicaの残額にチャージしたりできるので、たくさん貯めるととにかくお得!

ただ、肝心のポイント還元率は0.5%とそこまで高くありません。
そこでANA VISA Suicaカードの場合、3つあるポイント優待サービスを利用して、還元率をアップさせることが大事になります!

ボーナスポイント


前年度と当年度の年間利用額によって付与数が変わるポイント還元サービスです!

仕組みは簡単で、まず前年度の利用額によって3つのステージに分けられます。
そして次に、当年度の利用額を基にそのステージに合ったポイントが貰えると言うものになります。

各ステージと貰えるポイントは下記の通り!

前年度利用額ステージ当年度
50万円達成時以降10万円毎
50万円以上
100万円未満
V150ポイント10ポイント
100万円以上
300万円未満
V275ポイント15ポイント
300万円以上V3150ポイント30ポイント

例えば「前年度利用額:200万円 / 当年度利用額:250万円」の人を例に計算してみましょう!

まず、前年度利用額によってステージが決まるので、ステージは「V2」になります。
なので、条件はステージV2の欄を見なくてはいけません。

ステージV2では、まず50万円達成時に75ポイント、そして以降は10万円毎に10ポイントの付与。
なので、計算式は「50ポイント+(250万円-50万円)÷10万円×15ポイント」となり、獲得ポイントは350ポイントということになります!

このサービスは、毎年50万円以上の利用がある方なら誰もが受けられるサービス。
50万円と聞くと高いと思うかも知れませんが、実際は毎月42,000円ほどなので、学生さんでも達成できます!

参照サイト:ボーナスポイント|クレジットカードの三井住友カード

こちらのサービスは、2020年1月までの年間利用額をもってサービス終了。
翌年からは、別のボーナスサービスが始まる予定です。

ポイントUPモール


この優待サービスを利用すれば、獲得ポイントが2倍~20倍の上昇をします!

方法は簡単で、ポイントUPモールのサイトにアクセスし、掲載店舗で商品を購入するだけ。
普段からネットショッピングをする方であれば、購入手順に「ポイントUPモールを経由する」を加えるだけで、ポイントをたくさん手に入れられます!

当該サイトには「Amazon (アマゾン)」を始め「楽天市場・Yahoo!ショッピング・じゃらん」などが掲載。
すでに利用されている方も多いと思うので、ポイントUPモールを利用できることでしょう。

こちらで掲載店舗を見れるので、もしも利用されている店舗があるなら「ANA VISA Suicaカード」はおすすめです!

参照サイト:ポイントUPモール:クレジットカードなら三井住友カード

ココイコ!


「ココイコ!」は、クーポンなど特に要らず、ANA VISA Suicaカードで買い物するだけで嬉しい特典が受けられるサービスです!

特典を貰う方法は簡単で、「ココイコ!」の公式サイトにアクセスし、掲載店舗のエントリーを事前に済ませるだけ。
あとは、エントリーを済ませた店舗へ実際に訪れ、ANA VISA Suicaカードで決済するだけで、お得な特典を受けられます!

店舗や期間によって得られる特典は異なりますが、ポイント還元、もしくはキャッシュバックを事前にエントリーを済ますだけで得られるのでとてもお得!

たくさんの還元が簡単に受けられるので、買い物へ行く前に「ココイコ!」を覗いてみると良いですね。

参照サイト:ココイコ!|公式サイト

「マイペイす・リボ」の利用でさらにお得!
04


上記以外に「マイペイす・リボ」を利用することでも獲得ポイントが2倍になります!

マイペイす・リボとは、一括払いに対して累計額が設定金額を超えると自動的にリボ払いになる決済方法。
例えば、設定金額を5万円にして7万円の利用だった場合、差額の2万円がリボ払いの対象となります。

リボ払いが発生すると手数料が上乗せされるのですが、マイペイす・リボにおいて手数料を請求された月については、ワールドプレゼントポイントの獲得量が2倍になります!

このサービスで驚くべきは、ポイントの2倍の対象がリボ払い分だけではないということ。
その月に獲得する予定のワールドプレゼントポイントが2倍になるというものなので、設定額から1円でも超えればOKなのです!

リボ払いは手数料が怖いとされていますが、仕組みを理解し注意して使えば怖くありません。
設定金額+数円となるように利用を心がければ、安い手数料で2倍のポイントが得られるので、ぜひ試してみてください!

マイペイす・リボを利用すると、年会費がさらにお安くなります。
元々2,000円ですが751円まで落ちるので、2つのおいしい思いができてお得です!

参照サイト:マイ・ペイすリボ|クレジットカードの三井住友カード

毎年1,000マイルをプレゼント!ポイント移行からも貯められる!
05


「ANA VISA Suicaカード」を作ると、入会時に1,000マイルを貰えます!

この1,000マイルは、入会時だけでなく「年会費を払うタイミング」にもプレゼント。
要は「ANA VISA Suicaカード」を所持する限り、毎年必ず1,000マイルを貰えるのです!

他にも、ANAグループ便を利用するときに割り増しボーナスマイルを貰うことが可能。
また、貯めたVポイントを移行することでもANAマイルを貯められます!

そんな「Vプレゼント⇒ANAマイル」への移行方法は、以下になります。

ポイントの移行方法は2種類のコースから選べる!


「Vポイント⇒ANAマイル」の移行には、以下2つのコースがあります。

通常コース2倍コース
レート1pt = 1マイル1pt = 2マイル
移行手数料無料年会費6,000円
移行上限なしなし
移行方法応募自動 / 応募

移行コースは、上記の通り。
2倍コースの方がお得ですが、移行手数料が6,000円も掛かるのがデメリットになります。

旅先や時期にもよりますが、1マイルの価値は3円以上になることも少なくありません。
そのため、2,000ポイント以上の交換をするときは、2倍コースを選択する方はお得です!

2倍コースを選んでも、そのあとで解約することが可能。
そのため、マイル移行時だけ加入すれば、余計な出費をしなくて良くなります!

ボーナスポイントの移行は一律3マイル


上述した交換レートは、利用額200円毎に獲得したVポイントが対象。
それ以外で獲得したVポイントは、一律「5ポイント=3マイル」のレートになります。

また、こちらの移行は応募のみで自動では行われないので注意しましょう。

優待サービスによる獲得ポイント
レート5pt=3マイル
移行手数料無料
移行上限なし
移行方法応募

参照サイト:FAQ詳細 – ボーナスポイント・プレミアムポイントについて教えてください。

ANA VISA Suicaカードでマイルはどれくらい貯まる?


「ANA VISA Suicaカード」を利用することで、どれくらいのANAマイルが貯まるのか。
毎月10万円の利用がある方を例に、計算してみましょう!

「ANA VISA Suicaカード」では、利用額200円毎に1ポイントを付与。
利用額10万円からは500ポイントを貰え、マイルの移行は2倍コースを選択することで1,000マイルになります。

毎月1,000マイルの獲得ができる訳ですが、これに加え「優待サービス」や「マイペイす・リボ」を活用したり、継続利用ボーナスマイルを貰えたりすることも含めれば、もっと貯められます!

ちなみに、旅先が中国や韓国であれば20,000マイルほどで交換可能。
もう少し貯めると、他のアジア国々やハワイも選べるので、当該クレジットカードを利用してみてはいかがですか?

『ANA VISA Suicaカード』の申請条件&審査期間とは?
06


「ANA VISA Suicaカード」の申請条件は、以下の通り。

満18歳以上の方 (高校生は除く)

年齢以外の条件が特にありませんので、高校を卒業している方なら誰もが申し込めます。
一応、求められはしますが、「安定した収入」の記載がないので、大学生や専門学生といった学生さんでも容易に通るかも知れません!

申し込みから手元に届くまでは、約3~4週間掛かります。
発行まで多少の時間が掛かるので、申し込むときは前もって気を付けておきましょう!

『ANA VISA Suicaカード』のまとめ
07


通常、マイルは飛行機に搭乗することで貯められる還元サービス。
しかし、このクレジットカードがあれば、普段の何気ない買い物からでもマイルをたくさん貯められるので、年1回の旅行を楽しみたいという方におすすめです。

肝心のマイル還元率は「2倍コース」を選ぶことで1.0%を実現可能。
この還元率を上げる方法もあるので、学生さんでも海外旅行をできるだけのマイルを貯められることでしょう!

また、ANAマイルに換える以外にも「Suicaにチャージ」する選択もOK。
日常的に使う電車やバスの支払いを行えることから、こちらに使うのもおすすめです。

2,000円の年会費が掛かりますが、初年度は無料の他、次年度から条件次第で。
そして、申請条件は「満18歳以上の方 (高校生は除く)」なので、学生や主婦の方にも最適な1枚です。

入会時には、最大10,000マイルをプレゼント!
「ANA VISA Suicaカード」に興味のある方は、この機会にぜひ検討してみてください。

TOP