ANA VISA Suicaカードの特徴を紹介!マイル還元や貯まる仕組みを解説

ANA VISA Suicaカード|マイル還元率1%超えを実現する1枚

画像: ANA VISA Suica カードの紹介

  • 年会費:2,000円 / 初年度無料 / 条件次第で割引
  • 申請条件:満18歳以上の方 (高校生は除く)
  • ブランド:VISA
  • 高還元のマイル!条件次第で1%超えの還元率を実現可能!
  • 獲得ポイント数UPの優待サービスが豊富!
  • 貯めたポイントはマイルかSuica残額に移行可能!

効率的にマイルを獲得して、お得に旅行をしたいと考える方は多いと思います。
そういった方には、低年会費でマイルを貯められる「ANA VISA Suicaカード」がおすすめです。

これは、年会費2,000円ながらも1.0%以上のマイル還元率を実現できるクレジットカード。
搭乗による獲得だけでなく、普段の買い物からもマイルをたくさん得られるので、きっと多くの方が海外旅行できるだけのマイルを貯められることでしょう!

またマイルだけでなく、ANA VISA Suicaカードには「Suica」の機能も備わっています。
オートチャージ機能を使えばチャージの手間がなくなり、さらにはポイントも貯められ一石二鳥です!

そんなANA VISA Suicaカードは、高校生を除く満18歳以上の方なら誰もが申し込めます。
年齢以外に審査資格がないので、大学生や専門学生、または主婦の方でも審査に通過できるかもしれないクレジットカードです。

3つの機能が1つに集約された、低年会費のANA VISA Suicaカード。
普段からSuicaを利用していたり、日常の決済からマイルを貯めたかったりする方は、ぜひ検討してみてください!

『ANA VISA Suicaカード』の基本性能

画像: ANA VISA Suica カードの基本性能について

ANA VISA Suicaカードは、以下3つの機能が1つに集約されたクレジットカードです。

  • クレジットカード機能
  • ANAマイル
  • Suica

Suicaが付帯しているものの、このクレジットカードには「定期券」を備えることができません。
通勤や通学で定期券を利用する場合、別に用意しなくてはいけないので注意してください。

定期券は備えられませんが、ANA VISA Suicaカードにはオートチャージ機能が搭載!
残高が減ると自動でチャージされるので、券売機でチャージする手間だったり、改札で止められて恥ずかしい思いをしたりといったストレスから解放されることでしょう。

またオートチャージをすると、チャージ金額に応じてポイントを貯めることもできます。

例えば、1万円分のチャージだと獲得できるのは50ポイント(=50円相当)。
日々通勤や通学で電車を利用する方であれば、知らない間にたくさんのポイントが貯まっていたなんてこともあるかもしれません!

それでは、ANA VISA Suicaカードの基本性能を確認していきましょう!

カード名ANA VISA Suicaカード
券面
発行会社三井住友カード株式会社
(提携1) 全日本空輸
(提携2) 東日本旅客鉄道
国際ブランドVISA
発行対象満18歳以上の方 (高校生は除く)
年会費2,000円 (条件次第の割引有)
利用限度額10万円~80万円
締切日 / 返済日毎月15日 / 翌月10日
ポイントプログラム名Vポイント
ポイント還元率0.5%
海外旅行傷害保険最高1,000万円
国内旅行傷害保険
ショッピング保険年間100万円まで (*注1)
盗難補償
ETCカード年会費:500円(*注2)
家族カード


(*注1: 海外で購入した商品、及び国内でリボ払い・分割払い(3回以上)での購入商品のみ対象)
(*注2: 初年度は年会費無料。翌年度以降も年に1回のETC利用で無料)

ポイントが貯まりやすくなる優待特典がたくさん!

画像: 優待特典について

ANA VISA Suicaカードでは、利用金額に応じたポイントを貰うことができます。
そのポイントを貯めることでANAマイルに移行できたり、Suicaの残額にチャージしたりできるので、たくさん貯めるととにかくお得です!

ただ、肝心のポイント還元率は0.5%とそこまで高くありません。
そこでANA VISA Suicaカードの場合、3つあるポイント優待サービスを利用して、還元率をアップさせることが大事になります!

ボーナスポイント

画像: ボーナスポイントについて

ANA VISA Suicaカードには、ボーナスポイントを貰えるサービスが付帯しています!

このサービスは、前年度と当年度の年間利用額によって、貰えるポイント数が変化。
前年度の年間利用額によってステージが決められ、当年度の年間利用額に応じてステージごとに割り振られたポイントが貰えるといった仕組みです。

下の表にて、ステージごとに異なるボーナスポイントの獲得数をまとめています。

前年度利用額ステージ当年度
50万円達成時以降10万円毎
50万円以上
100万円未満
V1750ポイント150ポイント
100万円以上
300万円未満
V2375ポイント75ポイント
300万円以上V3150ポイント30ポイント

前年度の利用額・当年度の利用額によって変わるボーナスポイントの獲得数は、上記表の通りです。

それでは、「前年度利用額:200万円 / 当年度利用額:250万円」を例に、獲得できるボーナスポイント数を計算してみましょう!

まず、前年度利用額によってステージが決まるので、昨年の利用額が200万円だった場合、ステージは「V2」になります。

ステージV2では、当年度の利用額が50万円に到達した時点で375ポイント、そして50万円達成以降は10万円毎に75ポイントを獲得可能です。
なので、計算式は「375ポイント+(250万円-50万円)÷10万円×75ポイント」となり、獲得ポイントは1,875ポイントということになります!

このサービスは、毎年50万円以上の利用がある方なら誰もが受けられるサービス。
50万円と聞くと高いと思うかもしれませんが、実際は毎月42,000円ほどなので、学生や主婦の方でも達成できる方は居ることでしょう!

参照サイト:ボーナスポイント|クレジットカードの三井住友カード

ポイントUPモール

画像: ポイントUPモールについて

ANA VISA Suicaカードに入会すれば、「ポイントUPモール」という優待サービスを利用できます!

ポイントUPモールとは、三井住友が運営するショッピングサイトのこと。
Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングといった有名通販サイトが掲載されており、ポイントUPモールを経由して買い物をすることで通常の数倍にも及ぶポイントをゲットできます

利用する通販サイトによっては、なんと最大20倍ものポイントを獲得可能です!
そのため、普段からネットショッピングをする方であれば、このショッピングサイトを活用することでよりお得に買い物できることでしょう。

もちろん、ポイントUPモールに掲載されている通販サイトは、上記で挙げたもの以外にもあります。
なので、ANA VISA Suicaカードを手に入れたら、自身がよく利用している通販サイトがないか、1度確認してみることをおすすめします!

参照サイト:ポイントUPモール:クレジットカードなら三井住友カード

ココイコ!

画像: ココイコ!について

「ココイコ!」を利用することにより、ANA VISA Suicaカードでの買い物時に最大18倍ものポイントを獲得できます!

ココイコ!とは、対象店舗での買い物で通常よりも数倍のポイントをゲットできるサービスのことです。
対象店舗の中には、「高島屋」や「大丸」などのお店も含まれているため、きっと多くの方がこのサービスによって、獲得ポイント数を増やせることでしょう。

利用方法は簡単で、ココイコ!の公式サイトに掲載されている店舗を選択。
実際にそのお店に訪れる前に事前エントリーを済ませ、ANA VISA Suicaカードを利用して買い物をすれば、特典を受けられるというものです。

このサービスを利用するにあたり、クーポンやポイントカードといったものは必要ありません。
事前エントリーをするだけでいつもより多くのポイントが貰えるため、誰でも簡単に数倍ものポイントを獲得できるはずです!

参照サイト:ココイコ!|公式サイト

「マイ・ペイすリボ」の利用でさらにお得!

画像: マイ・ペイすリボについて

ANA VISA SUicaカードで「マイ・ペイすリボ」を活用すれば、獲得ポイント数を通常の2倍にすることができます!

マイ・ペイすリボとは、一括払いに対して累計額が設定金額を超えると、自動的にリボ払いになる決済方法です。
例えば、設定金額が5万円・月の利用額が7万円だったとすると、差額の2万円がリボ払いの対象となります。

このマイ・ペイすリボで上限金額を設定して、利用額が設定した金額を上回る(リボ払いが発生する)ことにより、獲得ポイント数を2倍にすることが可能!
とても簡単に獲得ポイント数を2倍にできるため、ANA VISA Suicaカードを手に入れたら、ぜひマイ・ペイすリボの設定をしてみてください。

ただ、リボ払いが発生するということは、返済時に手数料が上乗せされるということです。
もしかすると、獲得ポイント数よりも手数料のほうが高くなることもあるので、その点には注意しましょう。

ちなみに、マイ・ペイすリボを設定すれば、ANA VISA Suicaカードの年会費を割り引くこともできます。
年会費の割引に関しては、マイ・ペイすリボの上限金額を設定するだけでOK。
上手く活用すればリボ払いを避けつつも、本来の年会費2,000円を751円まで割り引くことができるためおすすめです!

年会費の割引だけを狙いたい場合は、マイ・ペイすリボの上限金額を、ANA VISA Suicaカードの利用限度額と同じ値にしてみてください。
そうすることにより、利用限度額以上の利用ができないクレジットカードの仕組み上、リボ払いが発生することは決してありません。
もちろん、マイ・ペイすリボの上限金額設定による年会費の割り引きは適用されるので、おすすめの活用方法になります。

参照サイト:マイ・ペイすリボ|クレジットカードの三井住友カード

毎年1,000マイルをプレゼント!ポイント移行からも貯められる!

画像: マイルのため方について

Suica機能が付帯しているだけでなく、ANAマイルも貯められるANA VISA Suicaカード。
このクレジットカードは、入会時になんと1,000マイルものボーナスマイルを獲得できます!

しかもこの1,000マイルは、入会時だけでなく「年会費を払うタイミング」にもプレゼントされます。
要はANA VISA Suicaカードを所持する限り、毎年必ず1,000マイルを獲得できるということです!

他にも、ANAグループ便を利用するときに割り増しボーナスマイルを貰うことが可能。
また、貯めたVポイントを移行することでもANAマイルを貯められます!

そんな「Vポイント⇒ANAマイル」への移行方法は、以下になります。

ポイントの移行方法は2種類のコースから選べる!

画像: ポイントの移行方法について

「Vポイント⇒ANAマイル」の移行には、以下2つのコースがあります。

通常コース2倍コース
レート1pt = 1マイル1pt = 2マイル
移行手数料(年間)無料年会費6,000円
移行上限なしなし
移行方法応募(*注1)自動(*注2) / 応募


(*注1: 移行方法の「応募」とは、手続することでポイントをマイルに移行する方法のことです)
(*注2: 移行方法の「自動」とは、特に手続きなしに勝手にポイントがマイルに移行される方法のことです)

移行コースは、上記の通り。
2倍コースの方がレートは高いですが、移行手数料が6,000円も掛かるのがデメリットになります。

ただ、交換するポイント数・1マイルの価値によっては、2倍コースのほうがお得になることもあります。

例えば、「マイルの価値が3円以上(*注) / 交換ポイント数が2,000以上」だったとすると、2倍コースを選択するほうがおすすめです。
(*注: 交換する航空券によってマイルの価値は変動。多くの場合、1マイルの価値は3円以上になります)

2倍コース通常コース
ポイント数2,000ポイント
マイルの価値1マイル = 3円
獲得マイル数4,000マイル(12,000円相当)2,000マイル(6,000円相当)

上記の通り、1マイルの価値が3円だった場合、2倍コースを選択することによって、年間手数料以上のマイルを獲得可能。
なので、もし2,000ポイント以上を交換する際は、2倍コースを選択するようにしてください!

2倍コースを選んでも、ポイントをマイルに移行してすぐ解約することが可能。
そのため、マイル移行時だけ加入すれば、余計な出費をしなくて良くなります!

ボーナスポイントの移行は一律3マイル

画像: 優待サービスによる獲得ポイントの移行レートについて

上述した交換レートは、利用額200円毎に獲得したVポイントが対象。
それ以外の優待サービス(ココイコ!など)で獲得したVポイントは、一律「5ポイント=3マイル」のレートになります。

優待サービスによる獲得ポイント
レート5pt=3マイル
移行手数料無料
移行上限なし
移行方法応募

上記の通り、移行レートが下がるだけでなく、移行方法は「応募」のみ。
また、2倍コースに加入していたとしても、優待サービスによる獲得ポイントは対象外となるので注意しましょう。

参照サイト:FAQ詳細 – ボーナスポイント・プレミアムポイントについて教えてください。

『ANA VISA Suicaカード』の申請条件&審査期間とは?

画像: ANA VISA Suicaカードの審査について

ANA VISA Suicaカードの申請条件は、以下の通り。

満18歳以上の方 (高校生は除く)

年齢以外の条件が特にないので、高校生を除く18歳以上の方なら誰でも申し込むことができます!

もちろん、収入面の確認がないわけではないと思いますが、「安定した収入がある方」といった条件が記載されていないため、そこまで見ていないのではと推測可能。
クレジットカードの中には、収入に関する上記のような記載があるものも存在するので、それらと比較すると審査には通りやすいことでしょう。

そのため、学生や主婦といった収入に自信がない方でも、安心して申し込めるクレジットカードとなっています。

ちなみに、ANA VISA Suicaカードが手元に届くまでは、申し込みから約3~4週間掛かります。
実際に手にするまである程度の期間が必要になるので、検討している方は早めに申し込んでみてはいかがでしょうか?

『ANA VISA Suicaカード』のまとめ

画像: ANA VISA Suicaカードのまとめ

通常、マイルは飛行機に搭乗することで貯められる還元サービス。
しかし、ANA VISA Suicaカードがあれば、普段の買い物からでもマイルをたくさん貯められるので、効率的にマイルを貯めたいという方におすすめです。

肝心のマイル還元率は、「2倍コース」を選ぶことで1.0%を実現できます。
この還元率を上げる方法もあるので、他のクレジットカードよりもスピーディーに、航空券に交換できるほどのマイルを貯められることでしょう!

しかも、ANA VISA Suicaカードで得たポイントは、Suicaの残高にチャージすることもできます!
日常的に電車やバスを利用する方なら、Suicaへのチャージでポイントを消費してみてはいかがでしょうか?

このように、利用する人によって、様々なポイントの使い道を用意しているところが、ANA VISA Suicaカードの魅力。
初年度は年会費無料なことに加え、今なら新規入会者に向けて最大10,000マイルをプレゼントするキャンペーンを実施中です。
お得なこの機会に、ぜひANA VISA Suicaカードへの入会を検討してみてください!

TOP

タイトルとURLをコピーしました