ANA一般カードの特徴を紹介!長所と短所やマイルが貯まるのか徹底解説

『ANA一般カード』のメリットやデメリットを徹底解説!

  • 年会費:2,000円 (初年度無料)
  • 申請条件:満18歳以上の方(学生用有り)
  • 利用額1,000円毎に5~10マイル貯められる
  • 優待サービスの利用でマイルの獲得量を2倍に!
  • 自動付帯の海外旅行保険が備わっている

ANA一般カードは、マイルを貯めることに長けたクレジットカード!
クレジットカード利用で貰ったポイントを交換することで、たくさんのマイルが手に入ります。

例えば、1,000円の買い物毎に貰える1ポイントは10マイルに交換可能。
しかもこのポイント、優待サービスを駆使すれば、1,000円で1ポイント以上の獲得もできます!

入会時や継続時にはボーナスマイルが貰える他、フライト時にも割増ボーナスが貰えるので、飛行機に乗る機会が多い方だと特にマイルを貯めることができるでしょう。

また嬉しいことに、ANA一般カードには海外旅行保険も付帯。
この保険は自動付帯なので、条件なしで旅行に持っていくだけで補償が適用されます!

ANA一般カードの審査資格は「満18歳以上の方(学生不可)」とされていますが、学生用のANA一般カードも準備されているので、18歳以上の方なら誰でも申し込めます(高校生不可)。

マイル還元率が良く、また保険等も付いて旅行に最適なクレジットカード「ANA一般カード」。
年会費は初年度無料なので、ぜひお試しください!

クイック申し込み

『ANA一般カード』の基本性能

ANA一般カードには「ワールドプレゼント」というポイント還元サービスが付帯。
ポイントを貯めれば、カタログ商品やANAマイルと交換することができます!

通常、ポイントは「利用額1,000円毎に1ポイント」貰えます。
ですが、下記の優待サービスを利用することで、通常の獲得量よりも多くのポイントを手に入れられます!

  • ココイコ!
  • ポイントUPモール
  • ボーナスポイント
  • マイペイす・リボ

参照サイト:ポイントのおトクな貯め方|クレジットカードの三井住友VISAカード

例えば「マイペイす・リボ」を利用すると、ポイントの獲得量は2倍にアップ!
その他3つのサービスも駆使すれば、マイル交換に必要なポイントを1年間で大量に手に入れることも難しくありません。

そんなANA一般カードの基本性能がこちらです。

カード名ANA一般カード
券面
発行対象満18歳以上の方(高校生/大学生は除く)
(学生には学生専用のものがあります)
年会費2,000円
総利用枠20万円~100万円
利用限度額20万円~80万円
リボ払い・分割払い0円~80万円
キャッシング枠0円~100万円
ポイントプログラム名ワールドプレゼント
ポイント還元率0.5%
海外旅行傷害保険最高1,000万円
国内旅行傷害保険なし
国内航空傷害保険最高1,000万円
ショッピング保険年間100万円まで
ETCカード年会費500円 (年1回のETC利用で無料)
家族カード年会費1,000円

クイック申し込み

獲得ポイントを「ANAマイル」に交換できる!

ANA一般カードには「ワールドプレゼント」という還元サービスがあります。
利用額1,000円毎に1ポイントが貰え、このポイントを集めることでマイルに交換できます!

ポイントをマイルに交換するときは、1ポイントを「5マイル」と「10マイル」のどちらに交換するか選択可能。
当然「10マイル」に交換する方がお得ですが、10マイルに交換するには年会費を別途6,000円払っていないとできません!

5マイルコース10マイルコース
年会費無料6,000円
移行上限なしなし
移行方法自動(*1) / 応募(*2)自動(*1) / 応募(*2)

(*1)獲得したポイントを自動でANAマイルに移行できるコース。
(*2)獲得したポイントを自由にANAマイルや景品に交換できるコース。

ANAマイルの還元率は、交換する航空券の価値によって変わりますが、大抵は1マイル=2円~3円以上の価値があります。
なので、年間2,000~3,000マイル以上の交換ができる方であれば、10マイルコースを選択する方がお得!

マイルはポイントを移行する以外にも、入会時と継続時(年会費を払うとき)にボーナスとして「1,000マイル」が貰えます。
また、ANAグループ便を利用するときは、フライトマイルに加え、割増ボーナスマイルも貰えるので、たくさん貯めることができるでしょう!

お申し込みはこちら

「自動付帯」の海外旅行傷害保険が付いてくる!

ANA一般カードには旅行保険が備わっています!

備わっているのは、海外旅行時の「死亡・後遺障害」を補償する保険。
それから、国内旅行をする際の「飛行機でのトラブル」を補償する保険の2つ。

縁起でもないですが、海外で亡くなってしまったり、飛行機が墜落してしまったりしたとき、遺族の方に支払われる保険です。

ANA一般カードの旅行保険は自動付帯(*1)となっているので、事故に遭った際はキチンと保険が支払われます。

(*1)自動付帯とは、事前に手続きを済ますといった条件なしに適用される保険のこと。

もしものときのために、保険付帯のクレジットカードは持っておきたいですね!

参照サイト:ANA一般カード旅行傷害保険のご案内

お申し込みはこちら

「ANA一般カード」と「ANAワイドカード」の違いとは?

ANA一般カードには、「ANAワイドカード」という上位互換のカードがあります。
ANA一般カードが気になる方にとって、このANAワイドカードの存在は気になることかと思います!

ANAワイドカードは、ANA一般カードに比べ保険の補償金額が5,000万円にアップしているという特徴があります。
1,000万円から5,000万円に上がっているので、ANA一般カードの補償では心許ないというのであれば、ANAワイドカードの方が良いでしょう。

ただ、補償が高くなった分、ANAワイドカードは年会費も高くなります。
2,160円の年会費から7,830円に跳ね上がるので、年会費も加味して選択しましょう。

ちなみに、ポイントをマイルに移行するときのレートは変わりません。
また、10マイルコースを選択すれば別途6,000円の年会費を払うことになります。

マイルで変わることといえば、入会/継続によるボーナスが2,000マイルにアップすること。
また、搭乗割増ボーナスが10%⇒20%にアップするので、飛行機の利用機会が多い方ならANAワイドカードの方が相性は良いでしょう!

ANA一般カードANAワイドカード
年会費2,000円(初年度無料)7,250円
家族会員1,000円(初年度無料)1,500円
搭乗割増10%25%
入会 / 継続1,000マイル
航空券の購入100円=1.5マイル相当
ポイント移行1,000円=1ポイント=5マイル

お申し込みはこちら

満18歳以上なら申し込み可能!学生も学生用なら審査OK

ANA一般カードの審査資格を見てみましょう!

審査資格:満18歳以上の方(高校生/大学生は除く)

上記を見るに、ANA一般カードを学生が申し込むことはできません。
記載はないですが、短大生・専門学生なども同様に審査を受けることはできないでしょう。

なぜ、学生はANA一般カードを申し込めないかというと、学生用のANA一般カードがあるからです!

発行対象18歳以上で学生の方(高校生は除く)
年会費在学期間中は無料
利用限度額10万円~30万円
家族カード発行不可

学生用だと利用限度額が落ちますが、そもそも学生がクレジットカードを申し込んで高額の利用枠を与えられることはないので、上記で問題ないでしょう。

なにより、ポイントやマイル関係のサービスはそのままに「在学期間中は年会費が無料」になるので、学生の方がむしろお得!

上記より、ANA一般カードを申し込むときは「社会人はANA一般カード」に、そして「学生さんは学生用」を選ぶよう間違えないようにしましょう。

お申し込みはこちら

『ANA一般カード』のまとめ

ANA一般カードは、10マイルコースを選択することで、利用額1,000円毎に10マイルも手に入る優れたクレジットカードです。

しかも「マイペイす・リボ」を始めとしたサービスを駆使することで獲得ポイントがアップし、10マイル以上貯めることだってできます!

また、自動付帯の海外旅行保険も付いているので、貯めたマイルで旅行をするときも安心して旅立てます。

ただ、できるなら他のクレジットカードの力を借りるのもおすすめです!

例えば、ANA一般カードには怪我や疾病、賠償責任といった補償がありません。
なので、こうした補償のあるクレジットカードを別に用意し、性能を補っても良いでしょう。

海外旅行保険に強い『年会費無料』のクレジットカード

ANA一般カードを申し込むと、今なら最大10,000マイルを入会特典としてプレゼント!
これは、10マイルコースのときに100万円の買い物をして得られるマイルと同じ数字です。

お得な入会特典があるうちに、ぜひ検討してみてください!

お申し込みはこちら