「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)」のメリットを解説!

「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカ一般カード)」を徹底解説!
01


  • 年会費:2,000円 (初年度無料)
  • ブランド:JCB
  • 申請条件①:本人または配偶者に安定継続収入のある18歳以上の方。
  • 申請条件②:18歳以上の学生 (高校生不可)。
  • 「メトロポイント」と「ANAマイル」を貯められる!
  • もう1つの「Oki Doki ポイント」は上記のポイントに移行可能。
  • PASMOと定期件を搭載した万能なクレジットカード!

「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカ一般カード)」のメリットを、分かりやすく紹介します!

こちらは、交通系ICカード「PASMO (パスモ)」を搭載したクレジットカード。
定期券も搭載させられるので、これ1枚で電車やバスでの移動がらくらくになります!

還元サービスでは、通常のクレジットポイント「Oki Doki ポイント」の他に「メトロポイント」も貯めることが可能。
また「ANAマイル」を貯めることができるなど、これまた1枚で3つの還元サービスを利用できます。

貯めたポイントやマイルは、相互間での移行がOK。
どれか1つに集約させられるので、還元サービスの恩恵を効率よく享受できます。

これ以外にも、電子マネーや旅行保険など付帯サービスはまだまだ存在。
非常に使い勝手の良いクレジットカードなので、ぜひ利用を検討してみてください!

「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカ一般カード)」の基本性能
02


「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカ一般カード)」の特徴は、交通系ICカードの「PASMO (パスモ)」が搭載されていること。
一体型となっており、通常のPASMOと同様に改札でタッチすれば通ることができます!

PASMOだけでなく定期券も搭載させられるので、通勤や通学はこれ1枚でOK。
区間外ではオートチャージ機能が働くため、手動でチャージする手間や改札で止められることが無くなるでしょう。

そんな便利な「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカ一般カード)」の性能は、下記の通り!

カード名ANA To Me CARD PASMO JCB
(ソラチカ一般カード)
券面
国際ブランドJCB
発行対象本人または配偶者に安定継続収入のある18歳以上の方。
もしくは18歳以上の学生 (高校生不可)。
年会費2,000円 (初年度無料)
利用限度額審査による
ポイントプログラム名Oki Doki ポイント
ポイント還元率0.5%
海外旅行傷害保険最高1,000万円
国内旅行傷害保険最高1,000万円
ショッピング保険年間100万円まで (海外利用に限る)
盗難保険
ETCカード年会費無料
家族カード年会費:1,000円
定期券情報カード券面裏に搭載可能

「ANAマイル」と「2つのポイント」を貯められる!
03


「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカ一般カード)」には、3つの還元サービスを利用できる特徴があります。

  • ANAマイル
  • メトロポイント
  • OkiDokiポイント

それぞれの特徴、そして貯め方について紹介します。

その1:ANAマイル


こちらは「ANAグループ便」を利用することで貯まる還元サービス。
ANAグループ便なので「スターアライアンス加盟航空会社便」を利用してもマイルが貯まります。

上記で貯まるフライトマイルの他に、ボーナスマイルを貰うこともできます。

  • 通常入会ボーナスマイル
    • 1,000マイル
    • 入会時に貰えるボーナスマイルのこと。
  • 搭乗毎のボーナスマイル
    • ×10%
    • 区間基本マイレージ×クラス/運賃倍率で付与されるボーナスマイルのこと。
  • 継続毎のボーナスマイル
    • 1,000マイル
    • 翌年以降にカードを継続するとき付与されるボーナスマイルのこと。

ANAマイルを貯めれば、それを消費することで航空券との交換が可能。
国内外と問わず旅行が好きな方であれば、このクレジットカードでANAマイルを貯めてみてはいかがですか?

その2:メトロポイント


こちらは、東京メトロ提供の会員専用ポイントサービス。
東京メトロで定期券を購入したり、当該クレジットカードで買い物をしたりすると、メトロポイントは貯まります。

また、メトロポイントは東京メトロを利用(乗車)することでも獲得可能。
対象は定期券区間外になりますが、乗車することで貯まるのは東京メトロ利用者には嬉しいですね!

平日土日 (祝日含む)
5メトロポイント / 1乗車15メトロポイント / 1乗車

さらには「メトロポイントPlus加盟店」にて電子マネー決済をすることでも貯まるので、利用されることをおすすめします。

店舗自動販売機
1メトロポイント
(利用額200円につき)
1メトロポイント
(利用額100円につき)

ちなみに、メトロポイントを貯めるには「メトロポイントPlus」の事前登録が必要。
「To Me CARD 会員専用サイト」もしくは「多機能券売機」から行えるので、発行後はすぐに済ませてしまいましょう!

その3:Oki Doki ポイント


こちらは、JCB系のクレジットカードにおけるポイントプログラム。
「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカ一般カード)」を利用することで、月間利用額から1,000円毎に1ポイント(=5円相当)を貰えます。

貯めたポイントはカタログ商品と交換できますが、先に紹介した「メトロポイント or ANAマイル」に換えることもできます!

メトロポイントには、200ポイント以上100ポイント単位で移行可能。
「OkiDokiポイント 1pt」で「メトロポイント 5pt」になるので、1ポイントの価値は変わりません。

ANAマイルに交換する場合は、以下2つのコースから選択します。

5マイルコース「OkiDokiポイント 1pt」を5マイルに移行するコース
10マイルコース「OkiDokiポイント 1pt」を10マイルに移行するコース

上記を見る限り、普通に考えれば後者の10マイルコースがお得です。
しかし、こちらの利用には「マイル移行手数料 (年間5,000円/税抜)」が掛かるので注意しましょう。

マイルに移行するときは、年会費を払う以上の見返りがあるか確認し、そのうえでどちらのコースにするか選んでみてください!

「ANA QUICPay + nanaco」で決済がらくらくに!
04


「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカ一般カード)」は、上記の還元サービスが注目されやすいですが、忘れてはいけないのが「ANA QUICPay + nanaco」というサービス!

こちらは、当該カード発行後に作れるキーホルダー。
ただのキーホルダーではなく、名前にもなっている「QUICPay」と「nanaco」の電子マネーを搭載したキーホルダーとなっています!

キャッシュレス決済が盛んな現代において、クレジットカードを使う方も多いことでしょう。
しかし、コンビニなどで使うとなると時間が掛かることから、ためらう方も居るのではないでしょうか?

このキーホルダーがあれば、指定の場所にかざすだけで決済完了!
後払い式の電子マネーなので、事前のチャージは不要です。

「ちょっと出掛ける程度なら財布は持っていきたくない」
「おサイフケータイに対応していないスマホを使っている」

そんな方は、ぜひ「ANA QUICPay + nanaco」も申し込んでみてください!

「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカ一般カード)」の審査
05


「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカ一般カード)」を欲しいと思った方も多いのでは?
そこで、ここでは「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカ一般カード)」の申請条件を紹介します。

最初にお訊ねしたいのは、あなたは学生でしょうか?
こちらのクレジットカードは、申請者が学生かどうかで条件が以下のように変わるので、注意が必要です。

学生申請条件
18歳以上の方 (高校生不可)。
×本人または配偶者に安定継続収入のある18歳以上の方。

学生であれば、高校生を除き18歳以上の方なら申請可能。
対して、学生ではない方だと、申請者本人もしくは配偶者が安定した継続収入を得ていることが必要になります。

「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカ一般カード)」は、基本的に東京メトロを利用される方におすすめのクレジットカード。
であれば、大抵の方は上記の申請条件を満たしていると思うので、申請条件で手こずる方は居ないことでしょう。

2,000円の年会費が掛かるクレジットカードですが、利便性には長けたクレジットカードです。
「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカ一般カード)」が気になる方は、ぜひ公式サイトもご覧になってみてください!

【TOP】