Amazon利用時にポイントが多く貯まる最強のクレジットカード!

Amazon利用時におすすめのクレジットカードとは?
01

画像: Amazon利用時におすすめのクレジットカード

通販サイトでの決済時にも活躍するクレジットカード。
特に人気がある「Amazon」での利用を考えて、クレジットカードを手に入れたいという方もいるのではないでしょうか?

しかし、クレジットカードであればなんでも良いという訳ではありません。
というのも、クレジットカードの中には、Amazonの利用時により多くのポイントを獲得できるものも存在するためです。

そういったクレジットカードを持つことにより、Amazonを今までよりもお得に利用することが可能!
効率的にポイントを貯めて電子マネーやギフト券に交換すれば、日常のちょっとした買い物を節約できるかもしれませんよ。

そこで今回は、Amazonでの買い物に最適なクレジットカードを紹介します。
Amazonが発行するクレジットカードを含め、おすすめのものを比較しながら紹介するので、ぜひ最後まで見てみてください!

Amazonが発行する2種類のクレジットカードとは?
02

上述した通り、通販サイトとして有名なAmazonは、クレジットカードを発行しています!
公式が出すクレジットカードだけに、Amazon利用におけるお得な要素があるのか気になる方も居ることでしょう。

そこで、Amazon利用時に最適なクレジットカードを紹介する前にこちらから紹介します。

名称Amazon Mastercard クラシックAmazon Mastercard ゴールド
券面画像: Amazon Mastercard クラシック画像: Amazon Mastercard ゴールド
年会費 (税抜き)1,250円 (条件次第で無料)10,000円
利用限度額10万円~80万円50万円~200万円
ポイント還元率
(通常)
1.0%
ポイント還元率
(Amazon)
1.5%
(プライム会員は2.0%)
2.5%
海外旅行傷害保険最高5,000万円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
ショッピング保険最高100万円最高300万円
ETCカード500円 (条件次第で無料)500円 (条件次第で無料)
家族カード年会費無料(3枚まで)年会費無料(3枚まで)
空港ラウンジ×

Amazonでは、「Amazon Mastercard クラシック」・「Amazon Mastercard ゴールド」という2種類のクレジットカードを発行しています。
(※以下、「Amazon Mastercard クラシック」は”クラシック”、「Amazon Masetercard ゴールド」は”ゴールド”と記載します)

これらのクレジットカードの特徴は、Amazon利用時にポイント還元率が跳ね上がること。
通常還元率は1.0%ですが、クラシックはAmazon利用時に1.5%、ゴールドは2.5%と大幅にアップします。

特にゴールドの2.5%という数字は驚異的で、これだけ高い還元率を持つクレジットカードはなかなかありません!
平均的なクレジットカードのポイント還元率が0.5%程度と言われているため、それと比較して5倍も高い数値。
5倍も高いポイント還元率を有しているということは、それだけポイントが貯まりやすいということです。

また、ゴールドは旅行傷害保険が付帯していたり、空港ラウンジが利用できたりするところも魅力の1つ。
旅行時にも活躍することから、Amazon以外での利用も考えているならゴールドのほうがおすすめです。

しかし、ゴールドはクラシックよりも年会費が高いというデメリットがあります。
比較してみると8倍も年会費に違いがあるので、コスパを考えるとクラシックのほうが優秀です。

このように、Amazonが発行しているクレジットカードと言っても、その性能には違いがあります。
もし、Amazon発行のクレジットカードを検討している方が居たら、紹介した情報を参考にしてみてください。

Amazonではプライム会員なるものが存在(内容は後述)。
この会員であるかどうかでおすすめのクレジットカードが異なります。
次では、プライム会員と一般会員それぞれに合ったクレジットカードを紹介します!

Amazonプライム会員の方におすすめの1枚!
03

画像: おすすめクレジットカード1

Amazonプライム会員の方は、公式が出します「Amazon Mastercard ゴールド」がおすすめ。
その理由は、Amazonプライム会員の方だと、このクレジットカードの年会費10,000円が実質無料になるからです!

以下にて、Amazon Masetercard ゴールドの年会費を実質無料にする方法を確認できます。

  • マイ・ペイすリボを利用する⇒5,000円割引
  • WEB明細を利用する⇒1,000円割引

上記の通り、「マイ・ペイすリボ」・「WEB明細」を活用*注することによって、年会費を合計6,000円割り引くことが可能!
*注: 具体的な活用法に関しては後述しています。
結果的に年会費は4,000円になるのですが、ここで「Amazonプライム会員」であることが活きてきます。

というのも、このクレジットカードには、Amazonプライムの年会費を無料にするサービスが付帯しているためです。

本来Amazonプライムは、年会費として4,900円(税込)が必要。
この年会費が無料になるため、Amazon Masetercard ゴールドの年会費4,000円(割引後)が実質無料になるという訳です。

ポイント還元サービスに優れており、旅行傷害保険や空港ラウンジの無料利用サービスなど、ゴールドランクにふさわしい性能を持ったAmazon Mastercard ゴールド。
そんなゴールドカードを実質無料で持てることから、Amazonプライム会員の方はこのクレジットカードに入会してみてはいかがでしょうか?

Amazon Mastercard ゴールドの詳細はこちら

2種類の割引とプライム会員について解説!
04

画像: 2種類の割引とAmazonプライムについて解説

それでは、上記で紹介した2種類の割引について詳しく解説します。

また、Amazonプライムについても詳述するので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

【マイ・ペイすリボ】5,000円の割引

マイ・ペイすリボについて

「マイ・ペイすリボ」とは、名前の通りリボ払いの一種。
設定金額をあらかじめ決めておき、その金額以上の利用をすると、超過分についてはリボ払いになるというサービスです。

このマイ・ペイすリボの設定金額を決めることによって、Amazon Mastercard ゴールドの年会費を5,000円割り引くことが出来ます。

ただ、設定金額を決める際は、注意しなければいけないことがあります。
それが、定めた設定金額を超えてしまうと、リボ払いが発生するほか、手数料が上乗せされる点。
少しでも設定金額を超えると、余計にお金を払う必要が出てくるので、気を付けなければいけないサービスです。

しかし、ある方法を使うことによって、マイ・ペイすリボのリボ払いを発生させないことが出来ます!
その方法とは、マイ・ペイすリボの設定金額をクレジットカードの利用限度額と同じにしてしまうというものです。

例えば、クレジットカードの利用限度額が10万円だとしたら、マイ・ペイすリボの設定金額も10万円にします。
そうすることにより、クレジットカードは利用限度額以上の使用が出来ないので、設定金額を超える超過分が発生することはありません。
つまり、リボ払いが発生しないというわけです!

このように、マイ・ペイすリボの仕組みを正しく理解すれば、リボ払いを避けることが可能。
それでいて、マイ・ペイすリボの設定による割引は適用されるので、Amazon Mastercard ゴールドを検討している方は実践することをおすすめします!

クレジットカードを長期利用すると、発行会社側の意向で勝手に利用限度額が引き上げられることがあるので注意。
毎月送られてくる請求書などで利用限度額をチェックし、もし引き上げられた際はマイ・ペイすリボの設定金額を修正するようにしましょう。

【Web明細】1,000円の割引

画像: WEB明細について

「Web明細」というのは、請求金額の明細をWebで確認できるよう切り替えるサービスのこと。
紙の明細書が送られてくる代わりに、WEBにて利用状況を確認できるため、明細の管理といった手間を削減できる便利なサービスです。

割引を受けるには、年会費の請求前月を含む過去1年間の利用代金請求のうち、6回以上請求のあることが条件。
要は1年間のうち6ヶ月Web明細を利用することができれば大丈夫ということです。

年会費を安くするためにも、AmazonMastercardゴールドを発行したら「Web明細」の設定はまず行いましょう!

プライム会員

画像: プライム会員について

Amazon Mastercard ゴールドを発行すると無料でなることができる「プライム会員」。
プライム会員はAmazon利用者にはメリットが多く、本来4,900円の年会費がかかりますが多くの方が会員になっています。

  • 配送料(お急ぎ便・日時指定便含め)が無料
  • プライムビデオ・プライムミュージックを利用し放題
  • 電子書籍の一部が無料で読める
  • プライムデーへの参加が可能
  • 毎月1冊、Kindle本が無料で読める

魅力的な特典5つを抜粋

特に、配送料金がオール0円になることには驚きですね。
通常配送だけでなくお急ぎ便・日時指定便までもが無料になるので、頼んだ商品をアナタが自宅に居るタイミングで受け取ることができます!

一般会員の方におすすめの1枚!
05

画像: おすすめクレジットカード2

プライム会員でない方には、公式のAmazon Mastercard クラシックが良いのかというと、実はそんなことはありません!
というのも、スペックは良いのですが、より高機能な他のクレジットカードで代用できるからです。

こちらがそのおすすめクレジットカードとの比較表になります。

クレジットカード名Amazon クラシックJCB CARD W
券面Amazon Mastercard クラシックJCB CARD W
年会費1,250円 (条件次第で無料)永年無料
利用限度額10万円~80万円審査による
ポイント還元率
(通常)
1.0%1.0%
ポイント還元率
(Amazon)
1.5% (プライム会員は2.0%)1.5%
海外旅行傷害保険最高2,000万円

JCB CARD Wが優れている点は、Amazonでの利用時に得られるポイントが増えること。

JCBにはポイント優待店なるものがあり、そこでクレジットカード決済をすると通常より多くのポイントが付与されます。
Amazonはその優待店の1つに入っており、クレジットカード決済をすることでポイントが2倍貰えます!

結果として、このクレジットカードをAmazonで使用したときのポイント還元率は1.5%です。
Amazon Mastercard クラシックと同様に、高い還元率を実現できるクレジットカードとなっています。

それでいて、充実した海外旅行傷害保険も付帯!
最高2,000万円もの補償額が備わった海外旅行傷害保険を付帯しているため、海外旅行時にも活躍するクレジットカードです。

また、年会費が永年無料で利用できるところも、このクレジットカードが持つ魅力の1つになります。
コストパフォーマンスを考えても、JCB CARD Wのほうが優れていると言えます。

このように、ポイント還元率は同じ値ながら、海外旅行傷害保険が付帯していたり、年会費が永年無料だったりするJCB CARD W。
Amazon Mastercard クラシックと比較して、上位互換のクレジットカードと言っても過言ではないため、ぜひ検討してみてください!

JCB CARD Wの詳細はこちら

プライム会員かどうかで利用するクレジットカードを選ぼう!
06

画像: プライム会員かどうかでクレジットカードを選ぼう

今回は、Amazonでの利用時におすすめのクレジットカードを紹介しました。
プライム会員の場合は「Amazon Mastercard ゴールド」、そうでないなら「JCB CARD W」を検討してみてはいかがでしょうか?

ただ、プライム会員でない場合は、今回紹介したクレジットカード以外も見てみることをおすすめします。
というのも、Amazon利用時にJCB CARD Wと同じポイント還元率を実現できるクレジットカードが他にもあるからです。

もし、他のクレジットカードも見てみたいという方が居たら、当サイトの「ポイント還元率ランキング」を参考にしてみてください!

ポイント還元率ランキングでは、ポイントが貯まりやすいおすすめのクレジットカードを厳選。
おすすめ順にランキングを作成しているので、よりあなたに合ったクレジットカードが見つかるかもしれません!

ポイント還元率ランキング

タイトルとURLをコピーしました