クレジットカードのマイル貯蓄術!高還元でおすすめの1枚とは?

抑えておきたいマイルの基本!おすすめのクレジットカードまで紹介!

 

「マイルをたくさん貯めたい!」と思われている方は多いですよね。
航空券を無料で手に入れられるマイルは、旅行好きの方なら効率よく貯めたいところ。

 

ですが、マイルは飛行機に乗ることで貯まるので、頻繁に搭乗しないとそう簡単には集まりません。
そんなマイルを、クレジットカードを利用すれば搭乗しなくても貯めることができます。

 

普段の買い物から貯められるので、効率よくマイルを貯めるならクレジットカードは必須!
またクレジットカードを利用することで、マイルの有効期限を延ばせるといった賢い使い方もできるので、より貯めやすくなります。

 

そこで今回は、マイルとは何?といった基本を押さえつつ、お得な使い道などを解説!
また読んでいただいた方には特別に、マイルを貯めるのに最適なクレジットカードも紹介します。

 

これから貯めていく方は、この記事で理解を深め、厳選したおすすめのクレジットカードでたくさんのマイルを貯めていきましょう!

 

 

 

マイルとは?航空会社のポイント還元プログラムのこと!

クレジットカードでの貯め方

 

「クレジットカードでマイルを貯めてみたい!」と思われている方の中にも、実は「マイルとは何なのだろう?」という方もいるのでは?
マイルとは、航空会社が提供しているポイントサービスのことを言います!

 

例えば、スーパー等で買い物をすると金額に応じたポイントが貰えることがありますよね?
それと一緒で、航空会社を利用して貰えるポイントのことを「マイル」と呼ぶのです!

 

マイルは各航空会社が提供しているため、実は色々な種類があります。
その中でも「ANA」と「JAL」が日本では特に有名なので聞いたことがあるかと思います。

 

種類が違うということは、同じ「マイル」であっても別物です!
別々のものなので、合算したり、貯めたマイルを別の会社で使ったりできませんので注意しましょう。

 

ただし、航空会社間で提携している場合はその限りではありません。
例えばANAとJALでも、提携している以下の航空会社では使用できます!

ANA JAL
シンガポール航空 アメリカン航空
タイ国際航空 イベリア航空
ユナイテッド航空 カンタス航空
その他 (全28社) その他 (全13社)

 

 

 

貯めるとこんなメリットをあなたは受けられる!

クレジットカードでの貯め方

 

クレジットカードでマイルを貯めれば、大きく分けて3つのサービスを受けられます!

 

まず1つが「航空券の無料交換」。
必要マイル数を貯めることで、飛行機のチケットを無料で手に入れられるのです!
旅先・座席レベル・時期により必要マイル数が変わるので、旅先を決めたら確認してみてください。

 

次に2つ目が「座席のグレードアップ」という使い道。
飛行機の座席は「エコノミー/ビジネス/ファースト」とグレードが付けられていますが、マイルを消費することで1個上のグレードに変更ができます!

 

最後に3つ目が「カタログ商品との交換」という使い道。
ギフト券や家電製品等に交換ができるので、飛行機に乗らない方はこちらがおすすめですね。

 

使い道は好きに決められるので、クレジットカードでマイルをためご活用ください!
ただし、マイルには有効期限があるので、それを過ぎてしまわないよう注意しましょう。

 

 

 

マイレージプログラムを始めてみよう!

クレジットカードでの貯め方

 

クレジットカードでマイルを貯める方は、マイレージプログラムに加入しなくてはいけません。
加入方法は、大きく分けてこの2つ。

  • 搭乗時に申し込む
  • Webから申し込む

 

手前暇を考えると、Webから申し込む方が早くて良いでしょう。

 

さて、クレジットカードでどのマイルを貯めるかですが、これは1つの航空会社に絞るべき!
2社同時にクレジットカードで貯めることもできますが、マイルの性質上「ANA」か「JAL」のどっちか絞る方が得策です。

 

アナタが普段から利用される航空会社が他にあれば、そちらのマイルを貯めても良いですね。

 

 

 

ANAとJAL、それぞれの特徴を比較

クレジットカードでの貯め方

 

絞るにしても、ANAとJALのどっちをクレジットカードで貯めるべきか分からない方が多いと思うので、2社の特徴を比較します!

 

まずANAですが、海外旅行好きの方はANAマイルをクレジットカードで貯めるのがおすすめ。
というのも、ANAが属すアライアンスは航空会社の加盟数も多いため、マイルが貯められる機会がたくさんあるからです!

 

特にヨーロッパ方面に強いので、海外旅行でそちらに行きたい方はANAと相性が良いでしょう。
またANAは、事故等の安全性に長けた航空会社というのも大事なポイントです!

 

そんなANAマイルは、クレジットカードで結構な数を集められることから多くの利用者がいます。
そのため、マイルを消費しにくいことがある一面もあるのでご注意ください。

 

続いてJALですが、JALマイラーはANAマイラーより少ないため、消費面が強いと言われています!

 

また、ファーストクラスの航空券の交換に必要なマイル数がANAより少ないというデータがあったり、JALマイルは「プレミアムエコノミー席」も交換対象という強いメリットがあります。

 

ゆったりとくつろげる座席の確保が安価でできるので、空の旅を快適に過ごしたい方におすすめです。

 

 

 

ANAとJAL両方を貯めるのは効率が悪い!どっちか絞ろう

クレジットカードでの貯め方

 

上述した通り、クレジットカードでマイルを貯めるなら1社に絞る方が得策!
なぜなら、交換に必要なマイル数は多く、分散させると貯まりにくいからです。

 

マイルには保有期限もあるので、失効する恐れを考えると絞る方が良いのです。

 

またクレジットカードは、基本的にどっちかのマイルを貯めやすいよう作られています。
そのため、両方を効率よく貯めるにはクレジットカードが2枚必要なので、年会費がかかりかえって損をすることも。

 

両方のマイルを貯める理由が特にないのであれば、片方に絞ってクレジットカードで貯めていきましょう!

 

 

 

有効期限の確認!ANAもJALも"3年"で失効します

クレジットカードでの貯め方

 

クレジットカードでマイルを長く貯めていると、ある日「減っていた」ということがあった方もいるのでは?

 

これは、マイルの有効期限が過ぎ、失効してしまったことが原因!
ANAもJALもマイルの保有期間は3年なので、これを過ぎることがないよう注意しましょう。

 

有効期限は、マイルをクレジットカードで貯めている方なら延ばすことができます。
その方法は簡単で、ポイントとマイルの交換タイミングを、ポイントの有効期限に合わせ行うだけ!

 

クレジットカードでマイルを貯める方法は、貰ったポイントをマイル移行して貯めるのが一般的。
例:クレジットカードで買い物 ⇒ ポイントが貯まる ⇒ ポイントをマイルに変える ⇒ マイルが貯まる

 

そのため、マイルに移行するタイミングをポイントの有効期限に合わせるだけで、その分の延長ができるのです!

 

クレジットカードの中には、ポイントの有効期限がないものも!
そのクレジットカードを使えば、ANA・JALマイルは実質有効期限の無いものとして扱えます。

 

 

 

おすすめのクレジットカードがこちら!

クレジットカードでの貯め方

 

「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」が、ANAマイルを貯めるのにおすすめ。

 

このクレジットカードが良い理由は、ポイントの有効期限がないこと!
そのため、ANAマイルを実質無期限で貯められるクレジットカードなのです。

 

そのポイントを貯めやすいという点も、このクレジットカードがおすすめな理由。
対象の航空会社の利用時には「通常の3倍ものポイント」が貰えるので、たくさん貯められるのです!

 

集めたポイントは、1:1のレートでANAマイルと交換できるので、損をすることがありません。
また、ポイントはANA以外に全15社のマイルと交換でき、アナタに最適な航空会社が選べます。

 

上記のことから、初心者でもマイルを貯めやすい仕組みが整っているクレジットカードです!
どのクレジットカードにしようか迷われている方は、こちらをぜひ検討してみてください。

 

 

 

マイルを使うならお得な使い道を選ぼう!

クレジットカードでの貯め方

 

貯めたマイルは、以下のような使い道があるとお伝えしました!

  1. 航空券との無料交換
  2. 座席のグレードアップ
  3. カタログ商品との交換

 

この中で、最もお得なのは「航空券との交換」になります。
なぜなら、航空券との交換をすると1マイルの価値が高くなるからです!

 

1マイルがどれぐらいの価値になるか、実際に確認してみましょう。
今回は、以下の航空券をマイルで交換したときの価値を確認してみます。

  • 東京とパリの往復便
  • ファーストクラス
  • 2018年12月3日〜10日 (レギュラーシーズン)

 

検索日時(2018/09/26)

 

まず航空券は本来いくらか確認すると、上記画像より「1,323,880円」ということが分かります。

 

次に、この航空券を手に入れるのに必要なマイル数を確認してみます。

 

地図の画像

 

旅先であるパリは「Zone7」になり、そこへ渡航するのに必要なマイルを確認します。

 

Zoneの画像

 

上記の画像から確認できる通り、旅行へは「165,000マイル」が必要だということが分かります。
※「F=ファーストクラス、R=レギュラーシーズン」を表しています。

 

必要マイル数が確認できたところで、1マイルの価値を計算してみましょう!

 

1マイルの価値は「1,323,880円÷165,000マイル」で確認できます。
そしてこの式から、1マイルが約8円ということが分かりました!

 

ちなみにこれがどれほど高いのか。
マイルの交換先にはカタログ商品との交換がありますが、ここでの交換レートは基本的に1マイル=1円、もしくはそれ以下になります。

 

例えば、JALでは10,000円分のAmazonギフト券の交換には10,000マイルが必要。
またANAも、スタバやiTunesギフトへの交換レートの基本が1:1なので、1番お得なのは航空券との交換と言えるでしょう。

 

マイルは、交換先で価値にこれだけの差が出ます!
そのため、クレジットカードでせっかく貯めたマイルを消費するなら、航空券との交換をおすすめします。

 

 

 

おすすめはまだまだ存在!こちらのクレジットカード一覧もぜひ!

クレジットカードでの貯め方

 

以上、「マイルとは?疑問の解消からおすすめクレジットカードまで完全ガイド」でした!
マイルを理解するのは少々難しいですが、クレジットカードで貯め始める前に、この記事で理解を深めてもらえたら幸いです。

 

マイルを貯めるなら、知識だけでなくクレジットカード選びも大事です。
当サイトでは、貯めやすさに定評のあるクレジットカードをいくつか厳選し扱っています!

 

こちらで該当のクレジットカードを確認できるので、ぜひ1度ご覧ください。

 

マイルクレジットカードのおすすめを見る