クレジットカードの「繰り上げ返済」の仕組みを解説!メリットも紹介

クレジットカードの利用可能枠が限界なら繰り上げ返済をしよう!

「クレジットカードを使いすぎて利用可能枠がもういっぱい…」
クレジットカードで買い物を楽しむあまり、こうした問題を抱えている方も居ることでしょう。

クレジットカードの利用可能枠に空きを作るには、返済日にお金を返すことで作れます。
しかし、その返済日までが遠い場合、それまでクレジットカードを使えない訳ですから困ってしまいますよね。

そんなクレジットカードの利用可能枠についての問題ですが、繰り上げ返済を行うことで解決します!
繰り上げ返済を行えば、返済日を待たずしてクレジットカードの利用可能枠に空きを作れるので、困っている方にはおすすめです。

この記事では、クレジットカードの繰り上げ返済に関する下記のことを紹介!

  • 繰り上げ返済とは何か
  • 繰り上げ返済をするメリットとは何か
  • 繰り上げ返済を行う方法とは

クレジットカードの利用可能枠がいっぱいで困っている方は、ぜひご覧ください!

クレジットカードの「繰り上げ返済」って何?

クレジットカードの早期返済とは

クレジットカードの繰り上げ返済とは「毎月の返済日前に利用額の返済を行うこと」です。

例えば、あなたが15万円のパソコンを3回の分割払いで買ったとしましょう。
この場合の返済プランは、通常だと「毎月50,000円を3ヶ月かけて返済する」というものですよね?

しかし、繰り上げ返済を行えば、例えば3ヶ月後の返済日を待たず5万円の返済を行い、返済を終わらせることができます。
この「返済日を待たずして返済してしまう」という行為を繰り上げ返済と言います。

早めに返済するメリットとは?

クレジットカードの早期返済を行うメリット

クレジットカードには返済日がちゃんと設けられているのに、なぜ繰り上げ返済というものがあるのか。

それは、繰り上げ返済には下記のようなメリットがあるからです!

返済日を待たずして利用可能枠に空きを作れる!

繰り上げ返済のメリットは、「クレジットカードの利用枠に余裕を持たせられる」という点。
例えば、利用可能枠が残り30,000円のとき、繰り上げ返済で20,000円を返したとしましょう。

20,000円を返すことで、利用可能枠は「30,000円+20,000円」となる。
結果として、利用可能枠は50,000円に復活する。
※ここでは利息や手数料は考慮していません。

要は、繰り上げ返済を行うと、毎月の返済日を待たずして利用可能枠に空きを作れるのです!

「クレジットカードで買い物しすぎて利用可能枠が残りわずか…。」
「来週は海外旅行だからクレジットカードに空きを作っておきたい…。」

利用可能枠が残りわずかにも関わらず、クレジットカードを使いたい予定のある方は、繰り上げ返済を行うと良いでしょう。

分割払いやリボ払いの手数料を抑えられる!

クレジットカードには、分割払いやリボ払いといった支払い方法があります。
こちらを利用する際も、繰り上げ返済は大変便利!

というのも、分割払いやリボ払いは使い方によっては別途手数料が決済方法。
しかも、その金額は利用日数(返済までの期間)によって変わるため、早期返済が重要になります。

そういった意味では、繰り上げ返済は「返済を早く済ませる行為」な訳ですから、分割払いやリボ払いとの相性は抜群!

手数料を安く抑えつつ分割払いやリボ払いができるので、利用する際は繰り上げ返済も視野に入れておくと良いでしょう。

繰り上げ返済はどうやって行うの?

クレジットカードの早期返済のやり方

繰り上げ返済は、通常の返済方法(紐づけた預金口座の引き落とし)とは異なります。
そのため、繰り上げ返済を行うときは別の方法で取り組まなければいけません!

繰り上げ返済の方法は、大きく分けて2つあります。

  • 指定口座に振り込む方法
  • 銀行やコンビニのATMから返済する方法

指定口座に振り込む方法

クレジットカード会社に振込先口座を教えてもらい、そこへ振り込みをする方法です。

こちらのメリットは、インターネットバンキングを使えば24時間365日、スマホやPCから返済可能ということ。
ただし、クレジットカード会社に確認の電話をするのが面倒なのと、振込手数料を負担する必要があることには注意しましょう。

振り込んだ金額は、利用可能枠にすぐ反映される訳ではありません。
早ければ当日中、タイミングによっては反映まで時間がかかる場合があるので、その点も注意が必要です。

銀行やコンビニのATMから返済する方法

コンビニに設置されたATMから返済をする方法です。

ATMでの返済は利用枠に即反映されるケースもあるため、「早く利用枠を空けたい!」という方にはピッタリです。
事前の電話連絡も必要なく、思い立ったときに金額を好きに決めて返済できるのもメリット!

ただし、クレジットカード会社によってはATMでの返済に対応していない場合もあります。
手持ちのクレジットカードはATMでの繰り上げ返済に対応しているか、公式サイト等で1度確認しておくと良いでしょう。

その他の注意点もご紹介!

クレジットカードの早期返済の注意

返済方法やそれぞれの注意点をお伝えしましたが、その他にも注意すべきポイントがあるので確認しておきましょう。

1つ目は、返済額の全額が利用可能額に反映される訳ではないということ。
繰り上げ返済には「振り込み手数料」や「利息」が掛かることもあるので、返済額が全て反映される訳ではないのです。

2つ目は、繰り上げ返済可能なタイミングは、クレジットカード会社によって異なるということ。
カード会社の締め日等により、繰り上げ返済が可能なタイミングは決まっています。
お持ちのクレジットカード会社では、毎月何日までに繰り上げ返済を受け付けているか、事前に調べてみることをおすすめします。

トップへ戻る