3Dセキュアとは?クレジットカードの本人認証サービスを解説!

クレジットカードのセキュリティサービス『3Dセキュア』

画像: クレジットカードの3Dセキュアについて

クレジットカードを不正利用されないためにも、本人認証サービス「3Dセキュア」について知っておくことは大切。
しかし、このサービスについて詳しく把握している方は、少ないのではないでしょうか?

以前までは、単純な本人認証サービスを採用していたために、クレジットカードの不正利用が後を絶ちませんでした。
そんなクレジットカードの不正利用に対抗すべく開発されたのが、「3Dセキュア」というサービスです。

このサービスが開発されて以降、クレジットカードの不正利用は減少。
クレジットカードをこれから利用する、もしくはすでに利用している方も、3Dセキュアについて詳しくなることでより安全にショッピングが出来るようになります

そこで今回は、クレジットカードの3Dセキュアについて解説します。
3Dセキュアの登録方法や、その際の注意点も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください!

3Dセキュアとは?

画像: 3Dセキュアとは

3Dセキュアとは、発行会社に事前登録した「本人しか分からない」本人認証用のパスワードのこと。

Web上でクレジットカード決済をすると、カード番号や氏名といったクレジットカード情報を入力しますよね。
しかし、これはクレジットカードを見れば誰でも入力ができるので本人認証としては弱く、第三者による「なりすまし」といった不正利用が行われることがあります。

そのため、クレジットカード情報以外の「本人にしか分からないパスワード」を設けることで、本人認証の強化が図れるのです!

そんな3Dセキュアは、世界標準の本人認証方法となりつつあります。
すでに、「VISA」・「Mastercard」・「JCB」・「AMEX」・「DinersClub」の大手国際ブランド各社で3Dセキュアが採用されています。

ちなみに、同じ3Dセキュアでも各社で呼び名が異なるので、アナタが持つクレジットカードがどう呼ばれているのかを確認しておきましょう!

サービスの登録方法とは?

画像: サービスの登録方法について

3Dセキュアの登録は、クレジットカードの発行会社で行います。
そのため、登録方法が各クレジットカードの発行会社で異なるので、まずはアナタが持つクレジットカードの公式サイトを確認してみてください。

その際に気を付けなければいけないのが、クレジットカードの国際ブランドです。
上記でもお伝えした通り、国際ブランドによって登録する3Dセキュアは異なるので、自身が持つクレジットカードの国際ブランドに対応したものを選ぶようにしましょう。

また、3Dセキュアとしてではなく、上記の通りの名前でサービスを掲載していることがあるので、「3Dセキュアのページが見つからない」ということがないように注意してくださいね。

パーソナルメッセージの登録で、よりセキュリティを強化!

画像: パーソナルメッセージについて

3Dセキュアでは、本人認証として決めるパスワードを「数字の羅列」のものと「メッセージタイプ」のものを2つ作ることが可能。
メッセージタイプの本人認証は「パーソナルメッセージ」と呼ばれ、3Dセキュアによる本人認証をより強化できます。

パーソナルメッセージによる本人認証が求められるのは、3Dセキュア入力時。
「数字の羅列」による3Dセキュアを入力する際、同じようにパーソナルメッセージを入力する箇所があるので、登録したものを打ち込んでください!

便利なパーソナルメッセージですが、全てのクレジットカード会社で対応しているものではありません。
そのため、パーソナルメッセージによる本人認証は、クレジットカード会社に確認してみることをおすすめします。

脆弱性の高いパスワードは設定しないこと!

画像: 脆弱性の高いパスワード設定は禁物

第三者にクレジットカードを不正利用されないよう3Dセキュアを登録するのに、本人認証のためのパスワードが脆弱性のあるものでは意味がありません。
例えば、ご自身や恋人の誕生日、または「0123…」「1111…」といったパスワードのことです。

本人認証用パスワードがこうした推測されやすいものだと、見破られる可能性は非常に高くなります。
また、このようなパスワードにしていた場合、不正利用における補償は対象外となるので気を付けましょう!

だからといって、思い出すのが難しいパスワードにしてしまうと、後々忘れてしまうことも。
なので、設定したパスワードのメモを取ったり、覚えておきやすいパスワードにしたりといった工夫が必要です。

パスワードを入力するタイミングを簡単に確認しておこう!

画像: パスワードを入力するタイミングは要確認

簡単にですが、3Dセキュアで本人認証を求められる際の流れを確認しておきます。

  • 商品を選び、会計ページまで進む。
  • クレジットカード情報/金額/連絡先を入力し、確認する。
  • 3Dセキュアの入力画面が表示されるので、ここでパスワードを入力する。
  • 3Dセキュアによる本人認証が終わると、購入完了ページへ移行する。

手順は上記の通りです。
多少前後することはありますが、今までの支払い方法に3Dセキュアの入力が足されるだけなので、困ることはないでしょう。

クレジットカードもセキュリティ強化の時代へ!

画像: クレジットカードもセキュリティ強化の時代

以上、「3Dセキュアとは?クレジットカードの本人認証セキュリティサービス」でした!

クレジットカードの不正利用は実は多く、2019年7月から9月だけでも被害額は約68億円になります。

参照サイト:クレジットカード不正利用、第3四半期の被害額は68億円

最近では、3Dセキュアの入力がないと決済が完了しないショッピングサイトもあるなど、クレジットカードのセキュリティ強化は進んでいっています!

もしアナタが、まだクレジットカードのセキュリティ強化をしていないのであれば、この機会に対応してみてはいかがですか?
おすすめのクレジットカードをこちらで何枚か紹介しているので、良ければご覧ください。

おすすめのクレジットカードを見る

タイトルとURLをコピーしました