有効期限が近いクレジットカードの更新手続きや再発行はどうするの?

クレジットカードの有効期限が近い!更新はどうなってるの?

 

ふとクレジットカードの券面を見ると、有効期限が近づいていることに気づいたアナタ。
「使えなくなるのか」「更新手続きがいるのか」など、色々なことが気になりますよね!

 

有効期限が近づくと、基本的には利用期間が更新された新たなクレジットカードが発行されます。
しかし、利用者によってはクレジットカードが更新されないなんてことも…。

 

今回は、クレジットカードの更新基準は何か。
また、更新後に行うクレジットカードの後処理を解説します!

 

後処理には不正利用対策のことも含まれているので、ぜひご覧ください。

 

 

 

更新は、発行会社が自動でしてくれる!

 

クレジットカードの有効期限が近づくと、発行会社が更新(再発行)を勝手にしてくれます。
「更新手続きに何かするの?」と思われていたかもしれませんが、その必要はないのです!

 

発行会社よって異なりますが、有効期限の大体1〜3ヶ月前になると、更新されたクレジットカードがアナタの元に届くでしょう。

 

届いたら、前のクレジットカードの有効期限が過ぎていなくても、更新された方を使うことができます!

 

新しいクレジットカードは、一応掲載情報に誤りがないか確認しておきましょう。
確認といえば、クレジットカードの更新後にはやらなければならないことがあります。

 

 

 

クレジットカードの再発行が無事に終わったら!

 

更新されたクレジットカードが届いたら、やらなければならないことがあります。

 

真っ先にするのは、旧クレジットカードを使えなくすること。
具体的には、ハサミでICチップや磁気ストライプを細かく切り刻みましょう!

 

「有効期限が切れたら使えなくなるし、やらなくてもいいのでは?」と思う方もいますよね。

 

更新されるクレジットカードですが、基本的には有効期限とセキュリティコード以外に変更はありません!
そのため、旧クレジットカードをそのまま捨てると不正利用の恐れがあるので、必ず裁断をしましょう。

 

裁断が終わりましたら、次に新しいクレジットカードの裏面に署名をします。
券面裏に署名の無いクレジットカードは決済に使えない決まりなので、こちらも更新と同時に済ませてしまいましょう。

 

最後ですが、月極等クレジットカードで定期的に支払いをしていたものがある方。
その場合、新しいクレジットカードの情報に書き変える必要があります。

 

「洗い替え」という登録情報の書き換えサービスがあります!

 

実は有効期限が切れるとき、旧クレジットカードで登録していた情報を、更新されたクレジットカードの情報に書きかえてくれるサービスがあります。

 

通称「洗い替え」というこちらのサービス。
至るところでクレジットカードの情報を登録されていた方にとっては、変更の手間がなくなり非常に嬉しいことかと思います。

 

しかし洗い替えは、登録している全てのものを更新してくれる訳ではなく、また何かしらのミスが起きて洗い替えがしっかり行われないケースもあるかもしれません。

 

発行会社側のサービスと割り切って洗い替えを受けるか、面倒でもアナタ自身で変更を手続きを行うか。
どちらを選んでも構いませんが、これらの責任をクレジットカード会社は負いませんので、自身で更新されることを推奨します。

 

 

 

発行されないことも、実はあります…

 

クレジットカードは、実は必ずしも更新される訳ではありません!
というのも、クレジットカードは更新の際も改めて審査が行われるからです。

 

発行会社の意にそぐわない使用をしていると、限度額が減額されたり、新しいクレジットカードが届かなかったりするので注意しましょう!

 

さて、「意にそぐわない使用」とはどういうことか。
クレジットカードは、発行会社からの信頼を得られると発行されます。
この信頼は、アナタが利用額をちゃんと返済できるかが判断ポイント。

 

つまり、何度も滞納したり長期間返済しなかったりしていると、更新されないことがあります。

 

また、クレジットカードを利用しないのもご法度。
使われないことには、発行会社もクレジットカードを作った意味がありません。

 

事実、筆者もクレジットカードを作ったものの、1度も使わないでいたら更新されませんでした。

 

そのため、「ちゃんと使って、ちゃんと返す」。
クレジットカードの当たり前の使い方をしていれば、更新はちゃんとされることでしょう。

 

 

 

再発行されないのはラッキーかもしれません!

 

もし再発行されなくても、落ち込む必要はありません。
実は、再発行されないことがラッキーの場合もあるからです。

 

一般的に、クレジットカードの有効期限は5年。
これだけ時間が経てば、機能や性能が大きく進化したクレジットカードが出ても不思議ではありません。

 

もし更新されなかったなら、こうしたクレジットカードに目を向けられるのです!

 

5年前には申請できなかったクレジットカード、成長した今のアナタなら手に入れられるかもしれません。
また、当時は無かったクレジットカードがアナタにマッチするかも!

 

そんなクレジットカードを、当サイトではランキングにして紹介しています。
こちらからぜひ新たなクレジットカードを選んでみてください!

 

クレジットカード比較ランキング