在学中でも利用できるカードについて

クレジットカードは学生利用もおすすめ!

 

社会人になる前のクレジットカード所持について

 

キャッシュレスな支払い手段として、今ではほとんどの社会人が所持しているクレジットカード。
利用するには収入が必要であるため主に社会人が使っているイメージがありますが、実は在学中から利用できる学生用のクレジットカードも存在しています。

 

学生用クレジットカードには、安定した収入のない学生に配慮したコストパフォーマンスの良いものが多いです。
本来社会人として使う場合は年会費がかかるクレジットカードが、在学中なら無料で所持できることもありとてもおすすめ!

 

ここでは、学生用クレジットカードの良さや仕様、注意点についてご紹介していきます。

 

 

学生カードとは

 

学生用クレジットカードとは?

 

学生カードとは、名前の通り学生向けに作られたクレジットカードのこと。
学生とはいっても、18歳を超えていない高校生までの学生は含まれませんので注意が必要です。

 

学生には安定した収入がないことを前提に作られているため、学生用クレジットカードの利用限度額は5万円〜30万円と他のカードに比べて低めの設定になっています。

 

また、海外旅行や海外留学に行く機会の多い学生のために、海外での保険やキャッシング機能を充実させている学生用クレジットカードが多く、たしかに海外に行くにあたって一枚持っておくと安心できるアイテムとなります。

 

 

作り方

 

学生向けクレジットカードの作り方

 

作り方はいたって簡単で、通常のクレジットカード申請とあまり変わりありません。
ただ、申請時の申込用紙に内容は、社会人と違って以下のようなものとなるので、事前に把握しておきましょう。

 

・在学中の学校名
・学年
・卒業予定の年月日
・年収(アルバイトなど、あれば)
・親または親権者、実家の住所
・実家や親権者の電話番号

 

申込方法としては、インターネット上の申請フォームからも申し込むこともできます。

 

 

発行対象や審査

 

発行対象

 

クレジットカードの発行対象

 

学生用クレジットカードは原則として、高校生を含まない18歳以上の大学生や専門学校生、短大生、大学院生を発行対象としています。

 

ただ、職業訓練が学習過程に含まれている高等専門学校の学生で18歳以上であれば、一部クレジットカード会社で学生カードを発行できることも。(例:三井住友VISAデビュープラスカード)

 

発行対象とならない学生
予備学校生、語学学校生、研究生、科目履修生、聴講生、認可を受けていない専門学校の学生

 

また、専門学校生の場合通っている専門学校が認可校である必要があるので注意が必要です。

 

認可校の場合、「専門学校〇〇」「〇〇専門学校」と正式名称に専門学校とついていますが、「〇〇アカデミー」や「○○専門学院」などといった名称の場合は無認可校である可能性が高いので、事前に確認をしておきましょう。

 

 

審査基準

 

学生向けクレジットカードの審査基準

 

学生用のクレジットカードの審査は、一般クレジットカードに比べてはるかに簡単だと言われています。

 

何故なら収入がないことが大前提の学生であることから、年収に対する審査が厳しくないのです。
審査が厳しくないからと言って嘘の収入などを書くのはNG。申請時には、嘘偽りなく情報を記入しておいたほうがいいでしょう。

 

また稀ですが、過去のケータイ費用の支払い遅延があり通らないというケースもあります。

 

ケータイ機器を分割払いで購入している人は特に要注意!

 

ケータイショップに行けばよく見かける機器の月々分割払い制度。
あれは実は借金の類で、自分の信用情報に残るんです。

 

そのため、1度でも分割払いを遅延すると「借金の支払いを遅延した」という信用記録となるため、審査落ちの基準になりかねません。

 

 

とはいえ、クレジットカード会社側には「早いうちから利用者を増やしていきたい」という思いがあるため滅多に審査で落とされることはありません。

 

審査が一番通りやすい学生のうちからクレジットカードを所有することで、社会人になってからも継続して所有できるようになります。

 

社会人になってからの審査で苦しみたくないという人は、クレジットカードを早いうちから申し込んだほうがいいでしょう。

 

 

 

申請時に学生証の提示は必要?

 

クレジットカード申請に学生証は必要?

 

学生用クレジットカードは、申請者本人が学生であることが前提のカードですので、もちろん学生であることの証明が必要となります。

 

したがって、クレジットカード申請時の学生証の提示は必要です。

 

基本的に、申請時には以下の3つが必要となるので、事前に準備しておきましょう。

 

・学生証のコピー
・本人確認書類(パスポート・健康保険証・住民票写しなど)
・引き落とし口座

 

※本人確認書類は、クレジットカード会社によって指定物が違うのでそれぞれチェックしておきましょう。

 

 

 

どれだけ使える?限度額について

 

クレジットカードの限度額

 

限度額の平均

 

学生用のクレジットカードの発行対象は、収入のない学生です。
そのため、学生カードの利用限度額は一般カードに比べてかなり低めに設定されます。

 

基本的に、一般クレジットカードが10万円〜100万円の設定になっているのに対し、学生用クレジットカードの限度額は5万〜30万程度

 

最終的な限度額は、申請時の信用力次第と言われています(例:収入、親権者の信用情報など)。
それぞれのクレジットカード会社独自の基準によって、決定が行われるのです。

 

 

限度額の引き上げ方

 

実際に決められた限度額じゃ足りないという人は、クレジットカード入手後に限度額引き上げの申請を行うことができます。

 

しかし、限度額はどれだけ引き上げても30万円が限度であることがほとんど。
どうしてもクレジットカードで30万円利用したいなら、もう一枚別のカードを作るという手段もありますが、この場合は返済計画や利用について十分気を付けましょう。

 

学生の限度額引き上げの申請方法はクレジットカード会社によって違うので、それぞれ確認してみることをおすすめします。

 

 

海外利用にも便利な学生カード

 

海外でもお得につ使えるクレジットカード

 

海外留学や海外旅行に行く機会の多い学生向けに、海外利用が充実しているクレジットカードが多いのも学生クレジットカードの特徴です。

 

海外留学・海外旅行

 

クレジットカードに海外旅行傷害補償が自動付帯していれば、海外渡航・生活も安心!
海外で盗難や事故のトラブルにあっても、クレジットカードの付帯保険が支えてくれます。

 

 

海外キャッシング

 

国によっては、両替所がなかなか見つからず現地通貨が手に入らないなんてことにもなりかねません。

 

そんな時助けとなるのが、海外のATMで実行できるクレジットカードの海外キャッシング機能です。
旅先のATMを通して、現地通貨を手に入れ、引き出した金額が翌月日本の自分の口座から引き落されるという仕組み。

 

そもそもカード払いが出来るという点でクレジットカード所持は便利なのですが、渡航先次第ではクレジットカード払いに対応できないことがほとんどという可能性もあります。

 

そんな時に頼れれるのは現地の現金だけ!
クレジットカードの海外キャッシングは現金がなくて困るという悩みを解決してくれます。

 

 

海外に行く寸前なら即日発行のものを

 

もし急に海外渡航が決まった場合でも、学生カードの中には即日発行に対応しているものもあるので安心です!

 

ただし、20歳未満の学生は親の同意作業が必要となるため、申請してからカードが届くまで2〜3週間かかることがあるので、入手は計画的に行いましょう。

 

 

発行日数について

 

クレジットカードの発行日数

 

気になるが学生用クレジットカードの発行日数ですが、即日発行できるものから、2〜3週間かかるものまで種類はさまざまです。

 

ここはぜひ即日発行のものを選びたいところですが、即日発行の対象は成人済みの学生のみとなることを把握しておかなければいけません。

 

何故かというと、未成年の場合、親の同意と確認作業が申請中に必要なので、クレジットカードが届くまで1週間〜3週間ほどかかってしまうのです。

 

未成年の学生の人は、計画的にクレジットカードの申請を行いましょう。

 

 

学生カードにまつわるQ&A

 

Q1,使いすぎるとどうなる?

 

自分の経済状況を考えずにクレジットカードを使っていると、使いすぎてしまうこともあります。

 

自分が支払える額以上に使いすぎてしまえば、当たり前ですが支払いが追い付かなくなって支払いの延滞を招くことに。
延滞が起きると、個人の信用情報に傷がつき今後のカードの審査が通らない要因になります。使いすぎにはくれぐれも気を付けましょう。

 

Q2,収入が無いけど大丈夫?

 

学生であれば、収入がないことはさほど問題視されません。
しかししっかりと月々の利用費を用意できなければクレジットカードは使えないため、収入がなくても何かしらの資金がある必要があります。

 

収入がなくてもいい=タダで使える、と履き違えないようにしましょう。

 

Q3,審査が通らない場合はどうすればいい?

 

クレジットカードの審査に通らなかったという情報は、落ちてから6ヵ月間残ります。
カードの審査に落ちて、次の申し込みを確実なものにしたいという場合は、6ヵ月間申込を待ってみましょう。
待てない場合は、1か月後の再申請でも審査に通ったという例があるため、試してみる価値はあります。

 

Q4,親の同意は必要なの?

 

原則、18歳以上の学生でも成人していない場合は親の同意が必要となります。
審査の際に、親の元に電話がかかることもあるので、未成年で学生クレジットカードを申請する場合は事前に親の同意をもらっておきましょう。

 

 

 

学生用クレジットカードの存在意義

 

在学中にクレジットカードを入手するとお得!

 

学生用クレジットカードは、学生のうちから利用者を囲い込めるように作っているクレジットカードです。
学生のうちからクレジットカードの利用になれてもらい、卒業し社会人になっても継続して利用してもらうという目的があるのです。

 

そのため学生カードの中には卒業後、自動的に一般カードに切り替わり年会費が発生するクレジットカードもあります。

 

クレジットカード会社の計画があるものの、一番審査が甘い時期にカードを所持してしまえば社会人になってから審査に悩むことがなくなります。

 

ここはカード会社の思惑に乗っ取って、学生用クレジットカードをゲットしてしまったほうが得策と言えるでしょう。

 

 

カードの比較情報

 

おすすめ学生向けクレジットカードを比較

 

学生向けのクレジットカードの種類は実に様々!

 

以下のページでは、当サイトが選んだ選りすぐりの学生用クレジットカードを比較し、ランキング形式でご紹介しています。

 

学生カードを選びたくなった方は、是非以下を参考にしてみてください。

 

 

学生向けカードランキング