決済のために、クレカの裏に署名が必要な理由

カードのサイン欄に書くサインは意外と重要だった!

 

画像:クレジットカードの裏面サインについて@

 

クレジットカードの裏面には、利用者自身がサインを施す記入欄があります。

 

たしかにクレジットカードの利用規定には、「クレジットカードの裏面サインは重要です」と書かれているものの、実際どれだけ重要なのかわかっていないという方もいるのではないでしょうか。
クレジットカードの裏面サインは、無いとトラブルを招く可能性もあるほど大事なものです。

 

このページでは、知らないと損をするクレジットカード裏面サインの重要性とおすすめの署名方法について解説していきます。

 

 

署名はカードの名義人であることを証明するために必要

 

カードの裏面サインは、いわばカード所有者であることの証明。
支払いの際などにそのカードを使っている人が所持者本人であることを確認するために必要なものです。

 

裏面のないカードは本人の証明ができないカードということになるので、特に海外ではサインレス決済であるにも関わらず利用できないと言われる可能性があります。

 

 

サインをしていないとトラブルになる

 

画像:クレジットカードの裏面サインについてA

 

万が一クレジットカードを不正利用された時、カードに利用者の裏面サインがないと補償が受けられなくなります

 

これはカードの利用規約にも明記されており、トラブルの際にいくら主張したとしても、サインがないだけで利用者とクレジットカードの関係が証明できず補償の対象とならないのです。

 

裏面サインがないだけで、受けられるはずの補償が受けられないとなっては損ですよね。

 

カードの裏面サインは社会人として責任を負っているという証

 

クレジットカードの裏面サインがないと「クレジットカードの利用規定もしっかり読めない社会人」とみなされても文句は言えないので、裏面サインはクレジットカードが手に入り次第必ずしておくようにしましょう。

 

 

 

書き方について

 

 

ボールペンなど水性ペンは避け、細い油性ペンを利用する

 

プラスチックで出来ているクレジットカードへの裏面サイン。
使うペン次第ではすぐに文字が落ちてしまうことがあるので、水性のペンやボールペンでの記入だとすぐに消えてしまいます。

 

裏面サインの際は、先が細めの油性ネームぺンがおすすめです。
通常の油性ペンだと先が太く文字が潰れてしまうため、サインを認識できなくなってしまいます。

 

 

サインは漢字でも英語でもOK

 

気になる裏面サインの言語ですが、基本的に漢字や英語など、どんな言語でもサインとして認められます。

 

海外でクレジットカードをなくした際の不正利用を防ぐために、真似しづらい漢字での裏面サインがおすすめというのも定説ですが、書く時間を短縮したいのであれば一筆で英語の筆記体などもおすすめです。

 

また英語ではなくても、本人が書けるものであれば読めない字でもOK。
だからといってへのへのもへじをサインにすると、決済のたびに怪訝な目で見られかねないので注意です。

 

裏面サインは決済時のサインとなるので、決済の際に速やかに書けるような文字を採用するといいでしょう。

 

 

フルネームである必要はない

 

また、裏面サインは必ずフルネームではないといけないという決まりはありません。

 

苗字や名前のどちらか一方だけをクレジットカードの裏面サインにしているという人もいます。

 

 

失敗したら書き直しできないの?

 

書いてしまったクレジットカードの裏面サインは基本的に書き直しがききません。

 

一度書いてしまった裏面サインをどうしても変更したいという時は、手数料を払ってクレジットカードを再発行するしか方法がないので注意です。

 

 

クレジットカードのサインは重要!一度持った以上は責任を持とう

 

画像:クレジットカードの裏面サインについてC

 

安定した収入を持っている社会人だからこそ持てるクレジットカード。
所持するからには、「このカードには自分に所有責任があります」という証明である裏面サインをほどこす必要があります。

 

サインは責任を表すものなので、クレジットカードを手に入れた時に必ず書くようにしておきましょう。

 

当サイトでは、裏面サインなどクレジットカードについての情報の他、比較ランキングなども掲載中です。
他の情報も知りたいという方は、以下からご覧ください。

 

トップページへ