防犯番号がカードに必要とされる理由

セキュリティコードはクレジットカードのどこにある?

 

クレジットカードのセキュリティコードとは?

 

ネットでの通販や予約でクレジットカードを利用するとき、セキュリティコードの記入を求められることがあります。

 

暗証番号とは別に存在するこの番号は、一部のクレジットカードをを除いて、ほとんどが裏面に記載されています。

 

以下からはクレジットカードによる記載方法の違い、記載位置の解説をしていきます。

 

 

カード発行会社によって記載箇所が違います!

 

【裏面】VISA、MasterCard、JCB、ダイナースクラブ

 

クレジットカードのセキュリティコード記載位置

 

セキュリティコードはクレジットカードの発行会社によって記載面が違いますが、アメックスを覗いた他のカードの場合ほとんどが裏面に記載されています。

 

裏面を見たところ、桁数のある数字の羅列があることでしょう。
この数字の桁数はクレジットカード会社によって8桁、16桁と桁が違ってきますが、基本的に末尾の3桁の数字がそのカードのセキュリティコードとなります。(例:JCBの場合、署名欄のカード番号に続く3桁の番号)

 

中にはわかりやすく3桁の数字のみ記載しているカード会社もあります。(例:三井住友VISAクレジットカードなど)

 

 

【表面】AmericanExpress

 

アメックスクレジットカードのセキュリティコード記載位置

 

 

上述したカード会社では裏面の3桁の数字がセキュリティコードということをご紹介しましたが、アメックスの場合は表面に4桁の数字で記載されています。

 

 

ブランドごとのセキュリティコードの呼び方の違い

 

VISAの場合

 

VISAのクレジットカードの場合、セキュリティコードはCVV2という呼ばれ方をします。
CVVとはCard Verification Valueの略称で、もうひとつ存在するCVV1はすでに磁気ストライプに入力されているため、CVV2と呼ばれているのです。

 

 

MasterCardの場合

 

MasterCardのクレジットカードでは、VISAのCVVと同義でセキュリティコードのことをCVCと名称づけており、これはCard Verification Codeの略です。

 

 

まとめ

 

・セキュリティコードとは、クレジットカードの裏面・表面に記載されている3桁の数字のこと

・カード会社によって記載位置と形式が違う

 

万が一カードにセキュリティーコードの記載がないと思われる場合は、クレジットカード会社に直接と合わせてみましょう。

 

 

便利なクレジットカードをお探しですか?

 

VISAやMasterCardなど、便利かクレジットカードをご紹介

 

オンラインでの支払い、宿泊先のプロモーション予約などで活躍するクレジットカード。
カードによってはブランド限定の特典を受けられることもしばしば。

 

せっかく持つなら、自分の利用用途にピッタリで、便利なカードを使いたいとは思いませんか?

 

当サイトでは多種のクレジットカードを比較し、ジャンルごとにおすすめなカードを紹介するなど、あらゆるクレジットカードをあなたにご提案します。

 

 

クレジットカード比較情報