信頼性の高いクレジットカード、三井住友VISAゴールドのメリット

上質なステータスのクレジットカード「三井住友VISAゴールド」

(最新更新日:2018年9月17日)

 

大人になると、信頼のおけるステータス性が高いクレジットカードを持っておきたいですよね。
そんな方におすすめしたいのが、こちらの「三井住友VISAゴールドカード」。

 

知名度の高い発行会社のクレジットカードだけあり、三井住友VISAゴールドカードの信頼性は抜群。
セキュリティ対策等もしっかり施され、安心して利用できるクレジットカードです。

 

どこで使うにも恥ずかしくない三井住友VISAゴールドカードは、性能も良質。

 

最高補償5,000万円の国内外保険が付いていたり、国内30ヵ所を超える空港ラウンジを利用できたり…
はたまた支払い方法を工夫すればポイントを2倍貰えたり、年会費が半額以下になったりする優れもの!

 

そんな、ステータス性が高いのにコスパに優れた三井住友VISAゴールドカード。
今のアナタからワンランク上げる力を持つクレジットカードを、ぜひご検討ください!

 

 

 

30歳からの大人が持てる上質な1枚

 

三井住友VISAゴールドカードには、「原則、安定した収入の30歳の方」という申し込みを条件が存在。
そのため、三井住友VISAゴールドカードは大人だけが扱える、上質なクレジットカードとなっています。

 

シャンパンゴールドで彩られた券面は、どこで使用しても恥じることない仕上がり。
上質な要素が伺える、大人が扱うからこそ映えるデザインのクレジットカードとなっています。

 

そんな三井住友VISAゴールドカードの性能をご覧ください。

 

クレジットカード名 三井住友VISAゴールドカード
券面
年会費 (初年度) 無料
年会費 (次年度以降) 10,000円 (最大4,000円までダウン)
利用限度額 50万円〜200万円
ポイント還元率 0.5%
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 年間最高300万円
ETCカード 作成可能
家族カード 1人目:0円 / 2人目以降:1.000円

 

 

 

利用額によって、ボーナスポイントが入ります

 

三井住友VISAゴールドカードのポイントについて説明します。

 

このクレジットカードのポイント還元率は0.5%なので、高くも低くもありません。
しかし、支払い方法の1つ「マイ・ペイすリボ」を行うと、ポイントが2倍も(1%で)貰えます!

 

マイ・ペイすリボとは、予め設定金額を決めておき、その金額を超える利用においてはリボ払いが適用されるという支払い方法です。

例えば設定金額を10万円とし、11万円を利用したとしましょう。
この場合、10万円は普段通り支払い、残りの1万円がリボ払いになる…という仕組みです。

 

ポイント還元率を2倍にする条件は、設定金額を1円でも上回ること。
たったこれだけで、アナタがその月に利用した合計額に応じたポイントが2倍貰えるのです!

 

リボ払いは手数料が怖いと聞きますが、これなら「得られるポイント>手数料」の実現も可能。
仕組みが分かればマイ・ペイすリボは怖くないので、上手く調整して効率よくポイントを貯めてみてください。

 

ちなみに、マイ・ペイすリボに登録すると年会費が安くなる仕組みもあります(後述)。
ポイントと年会費の2つの性能を進化させるお得なサービスとなっているので、ぜひご利用ください!

 

 

 

国内外最高5,000万円の保険サービス!家族特約も付帯

 

三井住友VISAゴールドカードには、保険サービスも付帯されています。

 

海外の補償
死亡/後遺障害 最高5,000万円
傷害/疾病の治療 300万円 (1回の限度額)
倍賞責任 5,000万円 (1回の限度額)
携行品損害 50万円 (1旅行中かつ年間限度額)

国内の補償
死亡/後遺障害 最高5,000万円
入院 5,000円/日
通院 2,000円/日
手術 最高20万円

 

三井住友VISAゴールドカードの保険は、最高補償額が国内と海外共に5,000万円。
世界中が範囲なので、海外旅行の度に別の保険に入らずとも済みそうなのは嬉しいですね!

 

ただしこちらの保険は、自動付帯:1,000万円、利用付帯:4,000万円という計算。

 

利用付帯とは、事前の旅費等をクレジット決済した場合に補償される保険です。
そのため、上記条件を満たしていない場合は1,000万円の補償なのでご注意を。

 

海外旅行については、疾病や傷害時における補償が300万円も付帯されているので、少し危険な国に行かれる際など、三井住友VISAゴールドカードの保険は心強いかと思います。

 

海外旅行といえば、三井住友VISAゴールドカードには家族特約も付いていますね!
補償額は少々下がりますが、ご同行される家族にも適応する保険なので、三井住友VISAゴールドカード1枚で多くのサポートを実現できます。

 

 

 

このクレジットカードには、デメリットがある?

 

三井住友VISAゴールドカードにデメリットはあるのか。
このクレジットカードのデメリットをあげるなら、特筆すべきサービスが少ないことでしょう。

 

ポイントも保険も魅力的なサービスですが、代替できるクレジットカードが無い訳ではありません。
もしかすると、同等のサービス且つより特典を備えたクレジットカードがあるかもしれません。

 

そのため、特筆すべきサービスが少ないのが、三井住友VISAゴールドカードのデメリットだと思います。

 

しかし、それでも三井住友VISAゴールドカードは人気のクレジットカード。
なぜ今現在利用されている方は、三井住友VISAゴールドカードを選ばれたのでしょうか?

 

 

 

なぜ三井住友VISAゴールドカードの利用者は大勢いるの?

 

一言でいえば、三井住友VISAゴールドカードは信頼性が高いクレジットカードだからです。

 

クレジットカードは、色々なところで様々な種類が発行されています。
その中で、性能がとても素晴らしいクレジットカードがあっても、知名度がないと信頼性に欠け使うのが怖くないですか?

 

「お得と言われるサービスには裏があるのではないか。」
「年会費無料と謳っていたのは実は条件付きだった。」

 

お金が絡む以上、こうした心配や不安は取り除いてクレジットカードを利用したいところです。

 

その点において、三井住友はCMでも見かける知名度の高い発行会社。
この知名度による信頼性は高く、利用者も安心してクレジットカードを使用できます。

 

またこうした信頼性は、どこに出しても恥ずかしくないクレジットカードとして利用可能。

 

利用者の中には、持ち物でその人のステータスを図る世界に居る方もいることでしょう。
そんな方が三井住友VISAゴールドカードを所持したとしても、信頼性の高いクレジットカード、それもゴールドランクなので、相性はとても良いのです。

 

サービスに物足りなさはありますが、信頼性においてトップクラスのクレジットカードということから、三井住友VISAゴールドカードは多くの方に選ばれているのです!

 

 

 

初年度無料!次年度からの年会費も半額以下にできます

 

三井住友VISAゴールドカードを申し込もうと思った方は、インターネットからの入会がおすすめ。
なんと、こちらから申し込むだけで10,000円の年会費が初年度無料になります!

 

無料で発行できるということは、1年間のお試しができるという訳です。
「実際使ってみないと分からない…」と悩んでいた方も、1年間無料なら実際に触れてみることができるので安心ですね!

 

また次年度からは年会費がかかってしまいますが、これを6,000円引きできる方法が実はあります。

支払い方法 年会費
WEB明細書+マイ・ペイすリボコース 4,000円
マイ・ペイすリボコース 5,000円
WEB明細書コース 9,000円
いずれもご指定なし 10,000円

 

三井住友VISAゴールドカードでは、いくつかの支払い方法を選択できます。
指定がなければ10,000円の年会費を払いますが、そうでなければ安くできるのです。

 

ここで気になるのが「マイ・ペイすリボ」ですよね。
※マイ・ペイすリボについては、見出し「利用額によって、ボーナスポイントが入ります」にて解説。

 

リボ払いは怖いイメージがありますが、マイ・ペイすリボは使い方によってはそうとは限りません。
要は「設定金額を超えなければ良い」という訳ですから、利用限度額の上限を設定金額にしておけばリボ払いせずに済みます。

 

つまり、指定なしの支払い方法と変わらず、年会費4,000円を実現できるのです!
三井住友VISAゴールドカードは、実はコスパの良いクレジットカードだったのですね。

 

性能も良く、信頼性が高い、そのうえ年会費も安いクレジットカードが三井住友VISAゴールドカード。

 

先ほども申した通り、三井住友VISAゴールドカードはネット入会だと初年度の年会が無料。
三井住友VISAゴールドカードを検討されている方は、ぜひネットからお申込みください!

 

もし違うクレジットカードを見てみたいという方は、アナタが求める用途から探されてはどうでしょう?
こちらで用途別にクレジットカードを紹介しているので、参考にどうぞ!

 

クレジットカード用途別ランキング