盗難や紛失、クレジットカードを失くしたときの対処を紹介します。

クレジットカードが無い!?紛失に気づいたら急いで対処を!

 

クレジットカード紛失時の対応を、ぜひご確認ください!

 

いつもの場所にクレジットカードが無い!?」なんて状況に陥っていませんか?
クレジットカードが無いことに気づいたら、紛失時における対応手続きをとらなければなりません。

 

この紛失手続きを取らないと、クレジットカードが不正利用されることもあります。

 

「補償されているから大丈夫」…ですか?
実はクレジットカードを紛失したときは、手続きをしっかりおこなわないと補償されないことがほとんど。

 

そうしたことも含め、クレジットカードを紛失した際の慌てない対応を解説するので、一緒に学んでいきましょう!

 

 

 

まずは、発行会社に利用停止の連絡をいれてください

 

紛失したら、なによりまずはクレジットカード会社に連絡を!

 

紛失したときに一番怖いのは、クレジットカードの不正利用です。
まずはこれを防ぐのが第一優先なので、発行会社に紛失したことを告げ、クレジットカードを利用停止にしてもらいましょう。

 

ここで注意しなければならないのが、連絡をする発行会社を間違えてはいけないこと。

 

例えば、クレジットカードのアメックスブランド。
国際ブランドが同じアメックスでも、アメックス自体が発行するクレジットカードと、提携しているセゾンが発行しているモノがあります。

 

こういった提携クレジットカードを紛失した場合、提携先に連絡を入れるようにしましょう!

 

 

 

連絡を入れたら、警察に届け出を出しに行きましょう

 

発行会社に利用停止の旨を伝えたら、次は警察に届け出を提出しに行きましょう。

 

学校や仕事で忙しいかもしれませんが、これを出さないと不正利用に遭われていた場合の補償がされないかもしれません。

 

こちらをご覧ください⇒【三井住友のクレジットカードにおける盗難手続きについて
今回は三井住友のクレジットカードを例に出しましたが、このように警察に届け出が出ていないと、補償が完璧にされないものもあるのです。

 

クレジットカードを紛失したことに気づき、発行会社に連絡する間にはもう不正利用されているかもしれません。
従って、不正利用に遭っていたときの補償をより完璧にするためにも、警察にはしっかり行きましょう!

 

 

 

仮に戻ってきても、再発行をおすすめします

 

「クレジットカード会社に連絡をした!警察にも届け出を出した!」
そうすれば、紛失時の対応はひとまずOKです。

 

あとは発行会社によってその後の対応が変わるので、公式サイトも確認しておきましょう。

 

もし連絡等する前にクレジットカードが見つかった場合、発見場所によっては再発行をおすすめします。
前述した通り、クレジットカードを紛失すると不正利用の恐れがあるからです。

 

今は券面情報さえ知っていれば、クレジットカード本体がなくてもネットショッピングなどできる時代。
そんな中で、一度紛失したクレジットカードを使い続けるのは正直危険です。

 

再発行するとクレジットカード番号が変わるので、後の手続きが面倒と思う方もいるでしょう。
しかし、不正利用の対応はそれ以上に面倒だと思うので、再発行を推奨します。

 

再発行は、クレジットカード会社に紛失の旨を伝えればできるので、ぜひお試しください!

 

また、セキュリティ対策が施されたクレジットカードに変えるのも良いですね。
こちらで今のおすすめクレジットカードを紹介しているので、ぜひご確認ください!

 

新しいクレジットカードに変える