使わないクレカの契約を終了させる方法

そろそろいいかな…そんな時の手続きについて解説

 

画像:クレジットカードの解約方法@

 

使う頻度は少ないし、クレジットカードの年会費だけが出ていく...

 

このような理由から、クレジットカードの使用停止を検討することがあるかと思います。
一見難しい手続きがあるように思われがちなクレジットカードの解約方法ですが、皆さんの予想よりもはるかに簡単に解約できることをご存知でしたか?

 

ここでは、クレジットカードの解約方法と注意点についてご紹介します。

 

クレジットカードの解約方法

 

画像:クレジットカードの解約方法A

 

さて、気になるクレジットカードの解約方法ですが、電話をかけるだけで解約ができてしまいます!
カード会社によって多少の差異があるかもしれませんが、ほとんどが電話のみで解約手続きが可能です。

 

早いところであれば、最短5分程度で解約完了!

 

予想外に手軽なクレジットカードの解約手続きですが、解約に際して知っておかなければいけない点があります。

 

以下から詳しく見て行きましょう。

 

 

利用停止の注意点

 

画像:クレジットカードの解約方法B

 

貯まったポイントが失効する(アカウントに貯まるタイプなど、一部例外あり)

 

当たり前の話なのですが、解約を行うとクレジットカードに貯まっていたポイントが使えなくなります。
同じカードを継続発行していれば、クレジットカード内のポイントも引き継がれますが、解約となるとすべてがリセットされてしまいます。

 

ただし楽天カードに付帯している楽天ポイントなど、カードではなくアカウント自体にポイントが貯まるプログラムもあり、この場合はポイントが失効されないことがあります

 

 

未払い額が一気に請求されるので、手持ちが十分ある時に解約しよう

 

クレジットカードの支払い方法をリボ払い分割払いにしている人が特に注意すべきなのが、解約後のカード利用金額の請求です。

 

カードで利用した金額をひと月ごとにキッチリ支払えている方であれば心配はありませんが、支払い方法をリボ払いなどにしている場合は利息も関係し本来の支払い額が貯まりきっている可能性があります。

 

クレジットカードの解約を行えば、もちろん未払い分の請求がやってきます。
その際、支払い金額を把握していなかったがためにクレジットカード会社からの請求額を見て卒倒する…ということにもなりかねません。

 

解約前に、必ず残りの支払額を確認し、払えない場合はしばらくクレジットカードの利用を継続したほうが賢い選択です。

 

 

公共料金支払いの設定をしていた場合、変更手続きが必要

 

公共料金の支払いまで出来る便利なクレジットカードですが、解約するとなれば所定の変更手続きが必要になります。

 

ただクレジットカードを解約しても、自動的に公共料金の支払い方法が変更されることはありません。
そのため、クレジットカード解約後には公共機関で支払い方法の変更手続きをすることを忘れないようにしましょう。

 

うっかり変更をしないままでいると、公共料金の支払い方法がカード払いのままとなり、解約したはずのクレジットカード会社から請求が来るかもしれません。

 

 

契約してからすぐの解約に注意

 

クレジットカードの解約ですが、契約してからすぐに解約するのはなるべく避けるようにしましょう。

 

なぜかというと、半年未満でクレジットカードを解約している人はカード会社にとってキャンペーン獲得を目的にしている人となり、要注意人物とみなします。

 

そのためクレジットカードの個人利用履歴であるクレヒスに傷がつき、他のカードの審査に通りにくくなることに繋がります。

 

また一部のクレジットカードは、キャンペーン目的のユーザーを想定して規定の期間内での解約に対して手数料設けているので注意しましょう。(例:JCBプレステージ)

 

 

手続きが済んだら、安全にクレカを処理しよう

 

画像:クレジットカードの解約方法C

 

解約後、忘れてはいけないのがクレジットカードの断裁処理です。

 

クレジットカードはそのままの状態で捨ててしまうと、どこかで誰かの手に渡ってしまい不正利用される可能性があるためとても危険です。

 

専用のシュレッダーで処理するか、細かく切り刻んで二度と利用できない状態にすることが重要です。

 

 

 

クレジットカードの解約は電話一本で簡単にできてしまいますが、解約に際しての注意点がたくさん存在します。

 

上記でご紹介した注意点をふまえ、スムーズに解約手続きできるようにしましょう。

 

 

また、解約のタイミングは有効期限を確認してから考えのがおすすめ。
有効期限が目前に迫っている場合は、自動更新を避けるためにも早めの解約を行ったほうがいいです。

 

 

クレジットカードの有効期限の確認方法