解説!クレジットカードの作り方

 

クレジットカードの作り方

 

社会人になると、一枚は持っておきたくなるクレジットカード

 

初めて作るとなれば、どこで作れるのか、どんなものが必要なのか…と作り方について疑問点は絶えないのではないでしょうか。
クレジットカードは、あなたが思っているよりも簡単に、すぐに作ることが可能です!

 

当ページでは、安心して申し込みができるよう、クレジットカードの作り方について解説します。

 

クレジットカード作成に必要なもの

 

クレジットカードの作り方

 

本人確認書類

 

スムーズな作り方を実健するには、あらかじめ本人だと確認できる書類が必要となります。

 

  • パスポート(写真面、最終頁の住所)
  • 健康保険証(名前・生年月日・住所
  • 運転免許証(経歴証明書)
  • 住民票の写し(発行日から6ヵ月以内)

 

現住所と異なる場合、以下の書類を求められることがあります。

 

  • 社会保険の領収書
  • 公共料金の領収書
  • 国税・地方税の領収書

 

個人事業主の場合

 

確定申告書と、青色申告決算書または収支内訳書

 

・銀行口座

 

クレジットカードは、銀行引き落としを使って料金の清算を行うため、引き落とし用の本人名義の口座が必要になります。
ネットバンキングと連携していればすぐに登録できますが、郵送で情報を送る場合は銀行届印が必要です。

 

・年収証明書類

 

キャッシング枠を申請する場合は作り方が異なり、年収を証明する書類が必要です。(賃金業法に基づきます)

 

  • 源泉徴収票
  • 給与明細(直近2か月)
  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 年金証書

 

なお、ショッピング枠のみのクレジットカード申し込みであれば提出の必要はありません。

 

 

・保護者の同意書

契約する人が未成年の場合は、親の同意書と印鑑が必要です。

 

作成方法

 

クレジットカードの作り方

 

@クレジットカードを選ぶ

 

作り方の第一ステップとして、まずはクレジットカードを選びます。
ポイント還元率マイル海外利用特典など、カードそれぞれに強みが存在しているため自分のニーズに合った一枚を見つけましょう。

 

カードを探すなら、当サイトの比較ページの活用がおすすめです。

 

クレジットカード比較情報


 

Aカードを申し込む

 

作り方の第2ステップとなるクレジットカードの申し込み方法には、窓口申込郵送申込インターネット申込の3つがあります。

 

近年では楽な作り方という理由で、インターネットからクレジットカードの申し込みをする人が多いです。
また、インターネット申込でもインターネット完結型ネット+郵送組み合わせ型と2通りの申し込み方法があります。

 

インターネットで申し込んだ場合、一番早いもので即日発行できるクレジットカードが存在することが作り方として人気である理由と言えます。

 

B発行会社による審査、発行

 

作り方の第3ステップ。

 

必要情報を送ると、カード発行会社によって申込者の審査が行われます。
カードは審査基準を満たしていると認められ次第発行され、すぐにあなたの住所に郵送されます。

 

これでクレジットカードの発行は完了!

 

 

カードの作り方は、上記たったの3ステップだけ!
必要書類にも難しいものはありませんし、簡単に作ることが出来てしまいます。

 

個人が持つクレジットカードの作り方は、思ったよりもシンプルで簡単です。

 

 

カードを作る時の注意点

 

クレジットカードの作り方

 

支払い設定をリボ払いにしない

 

カード会社によっては、利用額の支払いを月々一定で済ませることができるリボ払い形式に設定できるところがあります。
一見出費が少なく住むように見えるリボ払いですが、利用額と払う回数が大きくなればなるほど手数料が増え、いつのまにか返済額が多くなってしまい損をすることになりかねません。

 

知らないうちにリボ払いになっていた…なんてことがないように、目的のカードの作り方をしっかり確認しましょう。

 

 

複数枚同時に申し込まない

 

クレジットカードを複数枚同時に申し込むのはNG。
入会キャンペーン目的不正利用目的と疑われやすく、入会審査に落ちる確率が上がってしまいます。

 

はじめからゴールドカードに申し込まない

 

また作り方がわかったからといって、いきなりゴールドカードなど高ステータスなカードから申し込むのはやめましょう。
高ステータスなゴールドカードは、過去に優良なカード使用履歴を残していたり、信用情報がしっかりしている人にのみ発行されるカードなのです。

 

 

学生がカードを作る場合の注意点

 

クレジットカードの作り方:学生の場合

 

学生20代といった若い方のカードの作り方について、気を付けたいことがあります。
それは、身の丈に合っていない高ステータスのクレジットカードを申し込んではいけないということ!

 

社会人になったばかりの人や学生の方は、まだまだ社会的な実績がないため高ステータスなクレジットカードに申し込んでも審査に通る可能性が低いのです。
作り方がわかっているからといって、簡単にクレジットカードは手に入りません。

 

通ればラッキーだからといって、お試し気分で申し込むのも要注意!
クレジットカードの審査に落ちた経歴は、個人の信用情報を管理する信用情報機関に残ってしまい、次の審査でも照会され審査落ちの原因になってしまいます

 

社会に出たての方や、学生の方はデビューカードなど、若い方向けに作られているクレジットカードを選ぶといいでしょう。
年会費が無料のものが多く、作り方も簡単。審査にも通りやすい内容となっています。

 

 

カードを作る際は年齢にあったものを選ぼう!

 

このクレジットカードの作り方を見てくださっている多くの方が、クレジットカードを持てるようになったという人だと思います。
まだまだ社会実績がない間は、無理にステータス性の高いものを求めずに年齢にあったものを作るのが確実作り方!

 

デビュー系であれば、必要な書類も少なくカードによっては作り方も簡単です。

 

以下では、若い方におすすめしている学生向けのクレジットカードの比較情報や、それぞれのニーズに合わせたクレジットカードをご紹介しています。

 

クレジットカード比較情報